レオ・ブラッドレイ

「お前をチェーンでメッタ打ちにしてやるぜ!」

プロフィール

年齢 : 29歳
身長 : 198㎝
体重 : 134㎏
出身 : カナダ
好物 : アップルパイ
趣味 : ヘビメタ鑑賞

原作でのキャラクター

SNKのプロレスゲーム『ファイヤースープレックス』の登場人物。グリーディアの国王アメストリスの大総統ではない。
シルバーグレーの頭髪と、キレたらチェーンで敵をメッタ打ちにする凶暴な性格から「狂乱の白髪鬼」と呼ばれている。
チェーンによる凶器攻撃は、体格の割に非力な彼が、それを補うために身に付けたものだ。
「獅子の穴」出身の悪役レスラーで、人気の高いSWFに対して敵愾心を剥き出しにしている。
決め技はチェーンを相手の首に巻き付けて投げ飛ばす荒技「ハンギング・スルー」。

モデルは「銀髪鬼」フレッド・ブラッシー。彼の試合を見てショック死した人までいるというヒールレスラーで、
来日時には大きなインパクトを残した。


MUGENにおけるレオ・ブラッドレイ

マッスルボマー』のレスラーたちを全員製作した、ですからー氏によるものが存在。
セービング、我慢補正、11段階のAIなど、おなじみの仕様。

立ちポーズでチェーンを振り回し続けているため効果音がうるさい。
が、このチェーンによる立ち強パンチとしゃがみ強パンチはレスラー系のキャラとしてはかなりのリーチであり
チェーンには食らい判定がないのでメインウェポンとして活躍する。
しゃがみ強キックはスライディング、立ち強キックはわずかながらも前進する中段技で、
リーチが長い技の先を当てていける得意な間合いをキープして戦うキャラクターと言える。
チェーンを振り回す必殺技「百錬鞭打」と、強化版の超必殺技「千殺鞭打」は通常技よりも攻撃範囲が狭く、
上まで振り回している絵なのだが攻撃判定は地上だけ。
超必殺投げはハンギング・スルー。

……と、ここまでは一見まともなキャラクターなのだが、このキャラにはとてつもないインパクトの大技がある。
その名も「オヤジ投げ」
画面下にどこからともなく謎のオッサンが出現し、ブラッドレイがそのオッサンを持ち上げて敵に投げつける
その際に響く非常に情けない悲鳴は、実は主人公のKOボイスである。
投げつけられたオッサンはすごすごと四つんばいで退場。
この内容だけでも十分なインパクトなのだが、ゲーム中の性能も奇抜で、
まず投げつけられるオッサンはガード不能かつ相手の飛び道具を貫通飛び道具反射技で防ぐ事もできない。
さらに持ち上げている最中にブラッドレイを攻撃するとオッサンを取り落とし、敵味方無差別に攻撃判定が発生する。とどめに自殺も可能

悪役レスラーからストーリー動画の北斗ザコ役までこなせそうなキャラだが、
この技ひとつのために「オッサン投げる人」という役所に定着するのは必定である。
オッサンは投げ捨てるもの。
なにはともあれ一見の価値あり。


出場大会

プレイヤー操作