現実


 ____________
|                |
| 現          実  |
|                |
 ――――     ――――
      |    |     
      |    |     
      |    |     
      |    |     
       ―――

「俺から逃げるな。向き合って直視しろ。」

現実と言う名の高い壁。微妙に左寄りな文字がチャームポイント。
このキャラは萃香の夫氏(元翡翠の夫氏)が作成した。
当たり判定が無く、攻撃が全て飛び道具のため長らく勝てるMUGENキャラがいなかった論外キャラ
UNKNOWNLV5のえいえんのめいやくを受けても負けない。

と、これだけだとオメガトムハンクスと変わらない強さに思えるが、実際は桁違いの凶悪さを持っている。
攻撃方法がhelperではなくprojectileなので、オメガトムハンクスキラーは効かない。
また、攻撃がF1のような一撃必殺ではなく、小ダメージを一瞬で何万回と与えるようになっている。
そのため、オニワルドなどの「大ダメージ無効」の敵も問題なく瞬殺?できる。当たり判定があれば。

看板のような姿で現実の厳しさを教えてくれるが、ネタキャラな為本気にしないほうが身のため。
とはいうものの、入手が容易なF1型の論外キャラとして、MUGENの限界に挑戦する人には重宝されている模様。

以前オメガトムハンクスキラーを実装した時にhelperを使用してしまってその隙を突かれて倒されたが
その弱点も解決した模様。
今では安定してOTHキラーを行使できる。

現実の攻撃

以下のような厳しい現実を浴びせ、キャラもろとも(一部の)視聴者を粉砕する。
その余りにも無情な拳ゆえ、動画に登場することは極稀である。
現実は日に日に厳しくなっている。今は悪魔が微笑む時代なんだ!
※何度も言うが、これらはあくまでネタのため、本気にしてはいけない。
ましてや作者の思考を心配してはいけない。とっくに手遅れだ。

+ 現実に打ちひしがれる覚悟のある方はどうぞご覧ください

内容を鑑みると一部の偏った層が対象であるため、
所謂「リア充」と呼ばれる人々に対しては意味がないと思われるが、その点は今後の更新に期待したい。
(まぁそもそもリア充は現実逃避したりしないのだろうが)
というか、このキャラに挑戦するような奴は大抵現実と決別してしまったような狂ったキャラばかりなので
突然目の前に叩き付けられた生々しい現実と自分の存在の落差に、ショックを受けてしまうのだろう。
神夫なんてもっての他である。
いくら虚構の世界で神を名乗ろうが、目の前に立ちはだかる現実に勝つことは出来ないのである。



ちなみに現実は倒されるとMUGENを強制終了させる。
現実に立ち向かった時、目の前に映るのは確かな現実(=ゲーム外の世界)である。
なかなかセンスのある皮肉である。八百長って言うな。

……しかしもはや現実ですらもMUGEN界という虚構に狂った輩には通じないらしく、
MUGENを強制終了させずに倒せるキャラも存在している。
例えば鬼巫女システマー(ただし倒したのはMUGENを落とさない新Var)等が該当。
また、ユリ(エス氏作)のイントロでも撃破が確認されている
まあ原作再現の雪といいエス氏のセンスもなかなかに狂っtウワナニヲスルヤメロ

だがこの「現実」に勝った位で好い気になってはいけない。
本物の「現実」に比べれば、このMUGENの「現実」など生温いにも程があるのだから…。

+ 現実に倒せないものがある

改変


現実+

制作は彼方氏。ディスプレイネームはgenjitsu+。現実の改変キャラであり性能がアップしている。

かつては自らの使うOTHキラーにおいてhelperを使ってしまい、そこを狙われる事もあったがそれも昔の話。
今では攻撃を全てprojectileのみに戻し、OTHキラーは効かない。

だが直死などはどうあっても避けられない…はずなのだが、鬼巫女零2Pに耐えたりデバッガーを相手にするとMUGENを落として逃げてしまったりといった風に防御力が高められていた。ここまでくれば純論外だ。

そしてこれの新バージョンが↓

真現実、真現実XXX

現実+の新バージョン。ディスプレイネームはsin-genjitsuとsin-genjitsuxxx。現在も更新が続いている。

無印の方はイントロの演出時から攻撃する。XXXは代わりに直死+プレイヤー消去を使う。

作者曰く「論外ではなくなった」らしい。双方とも1P側デバッガーや鬼巫女零などに瞬殺される。そしてXXXは自身が1Pなら彼らを瞬殺する。これで論外ではなくなった……と、果たしていえるのか。少なくとも直死+プレイヤー消去を使うXXXは「攻撃論外」だろう。

後ろでオメガトムハンクスが大勢で流れたり、鬼巫女虚がこっち見てたり、ソリティアしたり、とさまざまな演出も持つ。

余談だが、最近は動かないことに定評のある猿のガワを被ったとか。

出場大会


出演ストーリー