ゴロザウルス


東宝映画に幾度か登場する怪獣。初登場は1967年公開の『キングコングの逆襲』。
体長35m、体重8千t、尾の長さ15m。別名「原始恐竜」。
名前の由来は「アロサウルス」+「ゴルゴサウルス」といわれる。
設定上でも、アロサウルスの生き残りが怪獣化したというものになっており、学名もアロサウルスである。

初登場作の『キングコングの逆襲』では、モンド島に生息している怪獣として登場。
モンド島に上陸した女性スーザン(この映画のヒロイン)の前に現れ、スーザンの悲鳴を聞いてやってきたキングコングと闘う。
カンガルーキックや噛み付きでコングを手こずらせるが、最期は口を裂かれて絶命した。 要は噛ませ犬である。
この闘い自体が1933年公開の『キング・コング』における「コング対暴君竜」のシーンへのオマージュとなっている。


後年の『怪獣総進撃』にも登場。怪獣ランドに住む怪獣として登場し、キラアク星人に操られパリを襲い凱旋門を破壊。
……しかし、劇中でパリを襲ったのはバラゴンになっている。これは当初バラゴンが出演する予定だったが
着ぐるみの方の修復が間に合わなかった為、代わりにゴロザウルスを登場させたという事情が存在する。
キングギドラと戦うシーンでは、首に噛み付きそのまま単身で引きずり倒したり、得意のカンガルーキックを背中に当てて倒すなど、
2度に渡りキングギドラを地に叩き付け、その結果怪獣達が勝利する決定打を作るという前作とは大違いの活躍を発揮した。
ちなみに上記画像の様に凱旋門の前を突き破っているのだが、怪獣ランド(所在地:硫黄島)からパリまでは
直線距離でも15000kmを優に超える……そしてどう考えても土中を進むには向いていない四肢などを鑑みるに
実はゴジラをも上回る実力の持ち主なのでは…? と書籍『ゴジラVS柳田理科雄』ではツッコまれ説明されていた。

また、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』では、
前述の映画2作のフィルムを流用する形で登場している。

このほか『おはよう!こどもショー』内の5分間番組『行け!ゴッドマン』にも登場。
スーツの劣化のせいか下アゴがだらしなく垂れており、そこを執拗にゴッドマンに攻撃されていた。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるゴロザウルス

ミニラジェットジャガークモンガなど昭和の東宝怪獣を製作したカーベィ氏による物が存在。
怪獣スレ2、MUGEN関係ファイルうpろだでの公開を経て、最新版は製作者のサイトで公開されている。
さらにそれを改造した「改造ゴロザウルス」も同作者の手によって作成された。

+ゴロザウルス
火力が少し高く、2段ジャンプができる。技には劇中で使用したカンガルーキックや噛み付き、尻尾攻撃など肉弾戦が多い。
完成版ではストライカーが大幅に増えた。
キングギドラ」はキングギドラを蹴って相手にぶつけるという強力な技である。
キングコング」はどこからともなくキングコングが来て、周囲を衝撃波で攻撃する。クリーンヒットすると痛い。
そして特徴的なのがバラゴンがランダムに相手の真下に出てくるということ。少々癖があり偶に連続で出てきたりする。
バラゴン自体は無敵で、前触れもなく真下から出てきてダウンさせていくのでなかなか厄介である。
ただ、飛び道具にはゲージが必要なため、飛び道具を多用してくるキャラには弱い。
長らくAIは未搭載だったが、2013年5月25日にAIが搭載された。
怪獣キャラの中では珍しく素早い動きで相手に攻撃を仕掛ける。
2014年1月8日の更新でしゃがみ動作や下段攻撃が追加された。
+改造ゴロザウルス
ブラックホール第3惑星人が改造したという設定のオリジナルキャラ。
見た目としては右足・尻尾・両腕・頭部が機械のパーツになっているのが特徴。改造パンドンのようにも見える。
2段ジャンプができない、足が遅いなど元のゴロザウルスに比べて移動性能は落ちているがその分強力な飛び道具が搭載されている。
腕はメカゴジラと同型のためフィンガーミサイルを発射することができる。地上・空中で打つ方向や威力が変わるので注意しよう。
頭部からは「スペースビーム」が出せ、これも元と同じように多段ヒットする。
必殺技の「全兵装攻撃」は元のメカゴジラよりも強力な技になっているが、発動中は自分の体力がどんどん減っていくので注意。
AIは搭載されている。
2014年1月8日の更新でしゃがみ動作や下段攻撃が追加された。


出場大会

ゴロザウルス
改造ゴロザウルス