リディア


「よわむし! おにいちゃんは おとこでしょ! おとなでしょ!」

+プロフィール
名前 リディア (Rydia of Mist)
職業 召喚士
出身 ミストのむら
年齢 7歳(初登場時)
身長 107cm(同上)
体重 18kg(同上)
ききうで みぎて

旧スクウェアのRPG『FINAL FANTASY IV』、並びに続編『THE AFTER』の登場人物。DS版での担当声優は下屋則子氏。
同作の中でも人気の高いキャラであり、『ロードオブヴァーミリオン2』『ワールド オブ ファイナルファンタジー』にも登場している。
ミストの村で生まれた召喚士(魔法も使用可能)だったが、主人公セシル達がバロン王の命令により持ち込んだ
ボムの指輪によりミストの村は焼き払われ、母親も失い天涯孤独の身になってしまう。
後に、カイポの村にてセシルとの誤解も解け、冒険に同行するようになる。

物語初期では上記のトラウマにより炎魔法「ファイア」が使えない*1。が、後に世界のために克服。
アンナを失い悲しみにくれるギルバートを上記の台詞で叱咤し元気づける場面もある。
更には途中、リヴァイアサンに幻界へと連れて行かれるも、セシルのピンチに大人に成長した姿で駆けつけるなど、
年齢の割にはかなり逞しく、しっかりしている。
なお、急速に大人化した理由は、幻界は普通の世界とは時間の流れが異なっているかららしい。
エッジ(熱血忍者王子)に想いを寄せられているシーンがちょくちょく見られるが、作中ではフラグが成就することなく終わった。

十数年後を舞台とした『THE AFTER』(以下TA)では謎の少女によって幻獣を召喚することができなくなるが、
ストーリーの中で取り戻して行くことになる。
エンディングでは幻獣王夫妻との仲も修復され、さらに養子を迎えて幸せになっている。
前述したエッジとの仲もある程度進展しているような描写も。前作から十数年経ってやっと、とも言えるが。
ちなみに画像を見れば分かる通りやたら エロい 露出の多い大人リディアだが、
TAでは更に 痴女 露出が増えた。海外で修正を食らうレベル。リヴァイアサンによる情操教育が気になるところである。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー』ではミストドラゴンと行動を共にする召喚士として登場。エーコやユウナなど、歴代召喚士キャラと面識のある場面も見られた。

MUGENにおけるリディア

MUGENでは2種類のリディアが存在する。どちらにも言えることだが、背が低く飛び道具がメインなので相性が出やすい。
+落花生氏製作 手描き
  • 落花生氏製作 手描き
落花生氏が製作した手描きのリディア。DS版もこういうドットだったらよかったのに・・・。
仮公開だが動かすことができる。
ストライカー(召喚)を駆使して、中距離をメインに戦う制圧力の高いキャラクター。
非常に高性能な召喚技だが、代わりに独自のゲージ『ブレイブゲージ』を消費する。
そのためブレイブゲージの無い状態では殆どの技が使えない。
ブレイブゲージは特定の行動を取る事により、上昇もしくは減少する。
  • 上昇
    1. 攻撃技を当てる
    2. チョコボックルで白チョコボが出る
    3. 投げ技を当てる
    4. EXゲージが満タンになる
  • 減少
    1. 攻撃を当てられる
    2. ブレイブ消費技を使う

またEXゲージというゲージが存在し、これが貯まり切ると一時的に強化される。この時のみバハムートが使用可能。

デフォルトAIは入っていないが、silvan氏、つづら氏によるAIが公開されている。
つづら氏のAIは防御レベルを10段階に調整できる。


+ある大会では…
クラス対抗!学級崩壊バトル2において、抽選王の気まぐれによりドラゴンクエスト4勇者とのタッグを結成
「国民的RPG」「故郷が滅ぼされた」「(作品ナンバリングが)4」「緑髪」等の共通点と
互いに遠近をカバーし合い、技を決めるなど、なかなかの名タッグとなった。一部の人曰く「もう兄妹でいいんじゃないかな」

+h cuz氏製作 原作ドット
  • h cuz氏製作 原作ドット
h cuz氏が製作した原作ドットのリディアも存在している。
こちらも黒魔法や召喚を使って戦うキャラクター。

出場大会

出演ストーリー



*1
ちなみに幼少期はファイアとファイラを覚えることはできないが、炎系最上位のファイガは覚えることが出来る。
まあ普通にプレイしていれば、幼少期にそこまでレベルが上がることは無いのだが。