ファルコ・ラ・パッショーネ



「戦いの手本を見せてやる」

プロフィール

出身国:イタリア
性別:男
年齢:28歳
身長:175cm
体重:81kg
好きな食べ物:ハンバーガー
好きなもの:高い所
嫌いなもの:理系の女
特技:大食い(一頭なら軽々)
趣味:素顔で友人レスラーと会うこと
戦闘スタイル:ルチャ・リブレ、蹴撃技


キャラクター概要

ネージュ・ペブルゼイン・デイルメルドなどのAKOF参戦予定キャラの作者である全自動氏が、某プロレス大会に触発されて製作したキャラクターである。
賞金稼ぎのパイロットではない。あとそうめんとも言わない。元斗皇拳伝承者でもギャングでもござらん。
KOFラモンをベースに製作され、エフェクトや演出、システムなどはですからー氏製マッスルボマー仕様(略してですボマー仕様)となっている。
ボイス井上和彦氏のもの(特に『NARUTO』のはたけカカシ)を使用。
動画ではヒール(悪役)系の井上和彦氏のボイスを募集している。

+キャラ設定(付属txtより)
イタリア生まれの覆面レスラー。派手で危険な技を好み、ここ一番で大技を繰り広げてくる。
プライベートではマスクを外し、友人レスラーと共に遊び、ファンの反応を見ることが専らの趣味。
フィニッシュムーブを失敗し大怪我したという過去を持っている。


性能

蹴技と投げ技を主体としたキャラ。改変元と同じくトリッキーな動きが多い。
ゲージ技の多くは蹴りを当てることで発動する。リーチは短いが出が早いので少しでも間合いに入れば当てることができる。
ちなみに必殺技の多くは実際にプロレスで使用されている技を参考にしているらしい。

「ですボマー仕様」ということで、セービング(ダメージを最小限に抑える。どちらかと言うとブロッキングに近い)や我慢補正(攻撃を当てずにいると徐々に攻撃力UP)の他、
条件付きで攻撃力が上下するシステムがいくつか搭載されている。
7Pカラー以降はヒールモードとなる。一部の必殺技やゲージ技の性能が変化するほか、歓声が全てブーイングになる

+必殺技解説
236+X :ダブルキック
前方に二連回し蹴り。発生が早い。
ここから超必投げにつなぐこともできるが、背の低いキャラだと当たらない可能性がある。
236+Y :ドロップキック
飛び蹴り。ここから弱パンチに繋ぐことができ、そのままコンボ可能。
XorY連打、又はX+Y同時押し :レッグスピア
強めの判定の連続蹴り。コンボに組み込む場合、タイミングが遅れるとカス当たりになる可能性がある。
623+XorY :フライングDDT
空中の相手に掴みかかり、真下に叩きつける技。空中の相手のみにヒット。ガード不可。
214+X :カウンタートラースキック
当て身技。全店で相手の後ろへ回り、強力な蹴りで相手をダウンさせる。
214+Y :セカンドロープ・クロスボディ
遠い方のロープ(画面端)に向かって走り、反動で飛び込む中段判定技。
必殺技の中では最も威力が高いが、発生が遅く画面中央の相手にしか当たらない。


掴み中Z :DDT
掴み派生技。掴み中コマンドに困ったらとりあえずこれを出すといい。
掴み中2+Z :ハリケーン・ラナ
掴み派生技。
掴み中4or6+Z :ハンマースルー
掴み派生技。相手を入力した方向のロープに投げる。
相手は反動で戻ってくるのでそこを追撃する。ダメージはない。
掴み中874+Z :エルボー
掴み派生技。その場でエルボーを食らわせダウンさせる。
掴み中874+Z :イス攻撃(ヒール時)
掴み派生技。パイプイスで殴る。相手はダウンする。
掴み中8+Z :トラースキック
掴み派生技。
41214+Z :アームドラッグ
ですからー氏のショルダースルーに当たる当て身技。


方向キー1回転+X :バズソーキック(1ゲ-ジ)
相手に蹴りを当ててダウンさせたところを回し蹴りで追撃する。
方向キー1回転+X :グリーンミスト・バズソーキック(1ゲ-ジ・ヒール時)
口から毒霧を吹き相手を身動きさせなくし、回し蹴りで追撃する。
バズソーキックよりもリーチは伸びているが射程が高く、背の低いキャラやしゃがみ状態の相手だと当たらない場合がある。
方向キー1回転+Y :ドラゴンウィップ(2ゲ-ジ)
バズソーキックと同じく蹴りを当てて相手をダウンさせる。が、普通に当てるだけではダウンさせるだけで威力も低い。
初めの蹴りを立ちガードさせることで本来の威力を発揮できる。
方向キー1回転+Y :チョークスラム (2ゲ-ジ・ヒール時)
方向キー1回転+Z :ライオンサルトドロップ(3ゲ-ジ)
相手をDDTでダウンさせた後、ロープへ走りその反動を利用してムーンサルトで攻撃する。
方向キー1回転+Z :コンチェアト (3ゲ-ジ・ヒール時)
相手をDDTでダウンさせた後、 どこからともなく現れたパイプイス を手に取り、
どこからともなく現れた相方 と共に立ち上がった相手をパイプイスで殴り倒す。

632146+A :シューティングスタープレス
相手を蹴りでダウンさせた後、コーナーのトップロープからバック転し相手に攻撃する。
こちらは打撃判定であり、空中の相手にも当たる。
632146+B :プロトスパーク
空中に向けて蹴りを放ち、そのまま足をかけてマットへ叩きつける。地上の相手には当たらない。
前半部分の元ネタはキン肉マンの未完成マッスルスパーク。
632146+C :S2(サミット・スーサイド)プレス
蹴りでダウンさせた後、トップロープより更に上の金網の上から敢行する。
天井が低いステージだと金網部分が見切れてしまう。



AIは搭載されていないが、薙氏の外部AIが公開された。

出場大会




添付ファイル