ジュラルの魔王


「やった…やったぞ!これで地球の危機は去ったのだ!」

諸君、今から概要を説明すりゅ!

ナック(現:ICHI)制作のアニメ『チャージマン研!』に登場するキャラ。悪役であるジュラル星人を束ねる首領
あくまで宇宙人であり、別に悪魔でも魔物でもないので魔王というのはおかしいのではないかと思われるかもしれないが、
実際手下のジュラル星人も研もみんな「魔王」と呼んでいる。
他のジュラル星人とは明らかに異なる外見をしており、彼らが赤っぽい体色をしているのに対し、魔王の体は青っぽい色。
目も2つあり、それこそファンタジーものに出てくる魔王の様な外見。
CVは「劇団近代座」と書かれているばかりなので長らく不明であったが、最近になって佐藤昇氏である事が判明している。
この魔王様の声の人は、それ以外にも星君やボルガ博士などで各所に登場している。
ちなみに、氏と同期である。

ジュラル星人達の間に他の幹部隊長といった中間管理職的な役職を持つ者は見当たらず、
魔王自らが部下たちに向けて作戦や命令を下達している。
しかし、その実は部下同様の回りくどい作戦で地球侵略を行おうとするなどしており、
更に、幾度となく邪魔をしてきた泉研に対しての質問を部下から投げかけられても
気にするな!」「たかがチャージマン研ごときにかまうな!」と一蹴し、
しかもそんな研の最大の チート 武器であるアルファガンへの対策も全く行わないなど、あまりにも無能。
挙句には、作戦が何度も失敗続きであるにもかかわらず「もう我々は地球をこの手に握ったも同然である」と
高らかに勝利宣言するという始末である。

「魔王様!一つ気がかりな事があります。
  例のチャージマン研と名乗る恐るべき少年の事でありますが!」

気にするな! 人類とて必死だ、それぐらいはやるだろう!」
少しは気にして下さい。

だが、宇宙船が爆発しそうになると自身より部下の命を優先し、自ら率先して避難誘導を行ったり、
地球に巨大隕石が迫った際には自分が侵略しようとしている地球が滅んだら困る王道的な理由で
研へ共闘を申し出たりと、部下思いで正々堂々とした、かなりの人格者でもある。「理想の無能上司」と言われる事すらあるほど。
本来の主人公・泉研の鬼畜さもあってか「魔王様こそチャー研の真の主人公だ!」という かわいそうなお友達 ファンも多い。
また、部下同様変身能力を備えており、自ら「ひとみちゃん」という美少女に変身して研を捕える事にも成功している。

冒険王での漫画版ではアポロ星人の家族を人質に取り、アポロ星人の少女リリィに研の暗殺を強要し
用がすんだら家族もろとも焼き殺したり、自分から巨大マシンを操り街を破壊して高笑いする正に外道な悪役として描かれた。
アポロ星人のエピソードではあまりの悪虐非道ぶりに研もマジギレするのだが、
炎の中から憤怒の形相で歩いてくるという姿から「まるでヒーローのようだ!」と大好評である。

ニコニコ内では最終話における彼の断末魔が「魔王様の安定感」と高く評価されており、MAD素材として多くのMADに使用されている。
+関連動画よ、暴れてやれ!
何が何でも気にするな!
時には感動ももたらす
ネタバレ:魔王様かわいくない
魔王カップ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11606618

(以上、チャージマン研!@Wiki、及びニコニコ大百科より転載、一部改変)


MUGENにおける魔王様だ、(DLに)行ってみよー!

バリカンを製作した一條氏が製作。
命令を受けたジュラル星人を真正面に突撃させ飛び道具に使うのが主体で、
超必版では何体も突撃してくるので、ガードしていないと結構なダメージを奪われる。
他、対空にミサイルを発射したり、ワチョワチョと音を立てて引き寄せながらダメージを与える「パスカル光線」を持つ。
攻撃の数は少ないが、効果が嫌らしい技ばかり持つので、タッグ戦だとより厄介になるだろう。
AIは現時点では未搭載。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17278126

もう我々は、大会をこの手に握ったも同然である!

  • 「[大会] [ジュラルの魔王]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル