フォウル



「うつろうもの… 弱く… おろかで… むじゅんにみちて…
                 そして… うつくしい。」

CAPCOMのRPG『ブレスオブファイアIV うつろわざるもの』に登場するキャラクター。表の主人公であるリュウに対する、もう一人の主人公。
人間時の身長は176cm、体重は66kg。声優は千葉一伸氏。
数百年前に一代で世界の西側を統一してフォウ帝国を築き、「神皇」と称された。
竜に変身する能力を持つなど、一国を滅ぼすほどの強大な力を持ち、オンクーとアーターという2匹の獣を従えていた。
その後自らの復活を預言して眠りにつき、半身であるリュウの召喚を待つ。
人間が存在するにふさわしいかどうかを疑問視しており、それを見極めようとしている。

+ネタバレ注意
帝国は、フォウルが復活するまで帝国を守り、復活した際には皇帝の座を譲る盟約を交わしている。
しかし、その地位を明け渡したくない第13代皇帝ソーニルは、復活したフォウルを抹殺しようと画策する。
そのためフォウルは眠りから覚めた後、自らが作り上げた帝国に追われる羽目になる。

一度はヒトに絶望するが、フォウルを看護してくれた田舎の村の少女マミなどに希望を見い出す。
しかし、マミは帝国軍からフォウルを匿って捕まり、
「呪砲」と呼ばれる「痛みを弾に込めて発射する装置の弾」として様々な拷問の末殺されてしまう。
マミが呪砲役に選ばれたのは、その呪いの強さは狙った対象への想いの強さに比例するからであった。
呪砲の弾はフォウルに命中、いつもマミが付けていた鈴が目の前に転がってきたのを見て、
フォウルはマミがどういう運命をたどったのか全てを理解し、人間全てを滅ぼそうと決める。

ラストでは人間に希望を持つリュウと絶望を持つフォウルが対峙し、
そこでの会話でどういう選択肢をとっていたかでエンディングが分岐することとなる。

フォウルの絶望に共感してしまうと、リュウがフォウルに取り込まれる形で融合して人間を罰するルートに突入し、
巨大な竜神となりかつての仲間達を圧倒的な力でなぎ倒す(所謂バッドエンド)。
結末はフォウルが一人佇み「私は…間違っていない」という言葉で締められ、
世界中の罪のない人々も全て滅ぼしてしまうことを予感させる形で幕を閉じる。

フォウルの絶望を否定し立ち向かう場合は人間全てを救うルートとなり、
リュウは仲間たちと共に巨大な竜神の姿のフォウルと戦うことになる。
そして戦いが終わった後、上記とは逆にフォウルがリュウに吸収される形で二人が融合し、
リュウはこの世界の神を消滅させ、自身も神を捨てて人として生きていく事を決意。
だがそれは悪人も救われるという意味であり、マミの仇であるユンナは罰されないまま生き残る。
さらに神が消えたこの世界がどうなっていくのかは分からないというあっさりした終わり方の上、
ユンナがエンディングにものうのうと出てきて「や、だいじょうぶ‥ 神なんて… 私が、いくらでも作ってあげます
などと全く反省味の無いセリフを放ったために恨みを抱いたプレイヤーも多いとか。

フォウルの心情を真に理解できるのはリュウではなくずっと第三者視点で見届けたプレイヤーだけであり、プレイヤーへの問いかけとも言える。
完全無欠なハッピーエンドが存在しない点が、ブレスオブファイアシリーズらしいところである。

ちなみにゲーム発売の8年後に連載された漫画版(作・壱村仁)では、
基本的にはゲームに忠実な内容なのだが、ラストの導入はなんとバッドエンドルートをなぞっており、
人間に絶望したフォウルにリュウが共感して取り込まれてしまう展開となっている。
しかしフォウルに迷いがあったため再び分離するというオリジナル展開に突入し、ラストバトルは二人の一騎打ちに。
そして原作とは違い、リュウは神を消滅させた後この世界から姿を消してしまう。
その後はゲーム版より大幅に補完されており、帝国が復興していく様子がしっかりと描かれ
元凶のユンナについても復興した帝国の新体制に追われているという描写が入った。
復興する世界の中でヒロインのニーナは希望を抱きながらリュウの帰りを待ち続け、
そしてついにリュウ、そしてフォウルも人となって蘇り、二人共に仲間達の元に帰り人間達を見守っていくという、
大胆なアレンジながらも非常に希望に溢れた終わり方になっている。


余談だが、このブレスオブファイアシリーズは全ての作品で、
主人公とヒロインの名前がリュウニーナで統一されている(ただし全員別人)。
同じ会社の作品ではあるが、もちろんあのストリートファイターのリュウとは無関係。 だが2の主人公の名前の初期案は「ケン」だったりもする。
ブレスシリーズ自体は未だに人気の根強いシリーズなのだが、主人公の名前が被っているせいか(どうかは分からないが)、カプコンの格ゲー作品でブレスキャラが参戦した事は未だに一度もない。不遇。

なお、シリーズでは伝統的に、神すらも恐れる竜の力を持つ主人公に対し、必ず同じく竜の力を持つ存在が道を違えた者として現れる展開があり、フォウルもその一人と言える。


原作での能力

表主人公であるリュウが氷に弱い炎属性であるのに対し、フォウルは炎に弱い氷属性となっている。
ストーリーの都合により常に一人旅となるが、その分非常に強力な性能を誇る
最初から Lv64 あり、装備の方もシリーズ伝統の最強武器である「皇帝の剣」を最初から所持しているため申し分ない。
また、リュウが会得したスキルや竜変身をフォウルも使うことが可能で、逆もまた然り。

登場する雑魚敵も本来ならゲーム後半~終盤に出るような強豪揃いだが、それ以上にフォウルが強いためほとんど気にならない。
ただ、敵側もフォウルが炎に弱いことを熟知しているため、ボス戦は炎属性のオンパレードとなりなかなか苦戦を強いられることになる。
スキルはともかくアイテムの方はリュウ側と別勘定で、買い物をする機会も無いためアイテムの無駄遣いは死を招く。


MUGENにおけるフォウル

ペルソナ3主人公を製作したUN氏が、手描きドットで製作したフォウルが存在。
長らくβ版だったが、12/6/11にめでたく完成版となった。
主に超必殺技を当てることでAPが増加し、APが最大値の2/3以上溜まると一定時間竜に変身できる。
竜変身中は常時スーパーアーマーで、簡単にお手玉できる攻撃を繰り出せる。
しかし、防御力が下がり崩し能力が低下、相手に大量にゲージを与えてしまうなど弱点もある。
また更新で、特殊カラーが搭載された。7P~9Pまでが強化モードで、10~12Pカラーでボスモードとなる。

AIR氏による外部AIが2017年2月25日より公開された。
以前は亞氏による外部AIも存在していたが、すでに引退しており現在入手不可。

+技表・コンセプト
[ 特殊動作 ] -----------------------------
ダッシュ 66
バックステップ 44
ジャンプ 7 or 8 or 9
空中ダッシュ (空中で)66 (※)各行動はは空中で一回しかできない。
空中バックダッシュ (空中で)44 (※)各行動はは空中で一回しかできない。
空中ジャンプ (空中で)7 or 8 or 9 (※)各行動はは空中で一回しかできない。

【 通常攻撃 】 -----------------------------
弱攻撃 X コンボ補正がきつめだが、ゲージ回収率が非常に高い。連打して固めたり、空中弱攻撃でコンボをつなぐだけでゲージ回収可。
中攻撃 Y リーチに優れており牽制に使える。先端当てからでも三連撃等必殺技に繋げられる。
強攻撃 Z コンボ補正が緩めになっているので、ダメージを取るコンボには強攻撃を経由するべき。

 弱→中→強    ‥‥ チェーン派生
 ↓  ↓
 弱→中
 ↓
 弱

【 必殺技 】 -----------------------------
裂波 236 + X or Y or Z パワーウェイブ。弱はガードさせて有利なので固めに。中は距離が離れた時のコンボの中継に。
三連撃
三連撃二撃目
三連撃三撃目
214 + X or Y or Z
X or Y or Z
X or Y or Z
本キャラのメイン、ほとんどの通常攻撃から繋がる。
中は一部に飛び道具無敵あり。強は発生硬直劣悪だが、コンボ補正ボーナスがある。
中と強で表裏揺さぶりになる。
烈氷撃 623 + X or Y or Z 切り返し技。発生まで弱は下半身無敵、中は上半身無敵、強は投げ以外全身無敵。
1~2hit目に超必でキャンセル可。
オーラスマッシュ (空中で) 214 + X or Y or Z 弱は連続ヒットするので硬度やキャラサイズによっては高威力に。
中は発生時自分のくらい判定が後ろのほうにあるので空対空に。カウンターヒット時ワイヤー吹っ飛び。
強はロック技。コンボ補正を無視してダメージを与える。

【 超必殺技 】 -----------------------------
1ゲージ消費
エバーホワイト 236 + XY or YZ or XZ 相手に多段ヒットしてる間に追撃等が出来るが、発生が遅く保証もない。
スーパーコンボ 214 + XY or YZ or XZ 突進技なのでコンボパーツとして優秀。
2ゲージ消費
パワーフラックス
パワーフラックス追撃
236 + XYZ or A
A 押しっぱなし (1ゲージ追加消費)
発生3Fと爆速。ほとんどの技から繋がる。キャラサイズによってダメージが変動する。
追撃技はほとんどAP稼ぎ用
スーパーコンボ(ロング) 214 + XYZ or A 暗転中、無敵で微前進しているので、弾速や幅によっては飛び道具をくぐれる。
空中ガード不可なので受け身狩りに。
「竜変身」APゲージ66.66%必要
トランス(or竜変身解除) 22 + XYZ or A
肘鉄砲 X(10.00%消費)
ひっかき Y(10.00%消費)
レーザー Z(10.00%消費)



出場大会

出演ストーリー