ケンシロウ


「俺の中には長兄ラオウへの思い、そしてユリアへの思いが生きている」


「天地を砕く剛拳も、この一握りの心を砕くことはできぬ!」

プロフィール

北斗の拳』の主人公にして、六十四代目の北斗神拳伝承者。通称「胸に七つの傷のある男」。
第一話では「ケン」と名乗っており、本名が判明したのは第6話からであった(北斗無双では最初からケンシロウと名乗る)。
単行本あらすじでは「ケンシロー」という表記もある。
ラオウトキジャギの義弟にあたり、修羅の国編では離別した実兄・ヒョウがいることが明かされた。
原作者によると、ケン「シロウ」という名前なので義兄が三人出たとのこと。

声優は作品によってさまざま。アニメやPS版・旧劇場版では流竜馬キン肉マンでお馴染の神谷明氏、
AC版や『お台場冒険王』で公開されたCGムービー・パチスロ各作品では河本邦弘氏(AC版は存命者の中で唯一のキャスト変更)、
映画作品『真救世主伝説』シリーズでは俳優の阿部寛氏、OVA版では『北斗無双』でレイも演じている子安武人氏、
『北斗無双』『Jスターズ ビクトリーバーサス』『イチゴ味』では小西克幸氏、『DD北斗の拳』では立花慎之介氏が担当した。
mugenではAC版準拠のため河本氏の音声が多いが、他の声優のパッチなどもみられる。

その怪鳥音・初期のヌンチャクでの戦闘など、デザインの大元は語るまでもなく ブルース・リー
さらに性格などは松田優作の要素が組み込まれている。
服装などの外見の元ネタは、世界観そのものの大元である映画「マッドマックス」より。
作中で服装や髪形は変化しており、序盤と終盤では全く見た目の印象が異なる。
眉毛が濃いというイメージが強いが、原作では徐々に眉毛は細くなっている。
髭は基本的に生えていないが、TVアニメ『北斗の拳2』第2話と旧劇場版序盤では髭を生やしている。

年齢については、作中の修羅の国 福岡 編で「20数年前に赤ん坊だった」という発言があるものの、明言されていない。
天帝編連載時に刊行された『週刊少年ジャンプ特別編集 北斗の拳SPECIAL』には、「誕生日 1970年代」、
「ケンシロウの年齢は、26~30歳くらいの設定で描かれています」との記述が見え、
また『蒼天の拳』でも197X年生まれとなっており、
すると最終回のころには30代前半とするのが妥当なところだろうか。
若くして貫禄出しすぎである。

本連載開始前の読切漫画『北斗の拳』では霞 拳四郎として登場。
現代を舞台に、恋人の命を奪った悪党を劉家秘伝・北斗神拳で屠っている。
この霞という苗字は、後に前日談である『蒼天の拳』の主人公であり、
後付けでケンの作中世界における名の由来となった人物の名字に流用されている。

ケンシロウがリンとバットの町にやってくる所から物語は始まる。
脱水症状で倒れ「盗賊と疑われて牢に入れられる」という、落としてから上げる展開の落ちた段階での登場ではあったが
数々の強敵(とも)と拳を交え強くなっていく。哀しみを背負い続けながら、世紀末救世主として…

+ ケンシロウ自身の生い立ち

+ 北斗神拳とは

女子供には優しく悪党には容赦しない、正しくヒーローの鑑。 口は悪く、その制裁も過剰気味だが
+ 放送コードにすらひっかかるその口撃、制裁の数々

やられる悪党は勿論、ケンも十分非人道的なのは間違いないだろう。
尤も、もはや更正の可能性が全く感じられない程のとんでもない悪党にこんな不条理を突き付けて倒すのは見ていて清々しい。
問題なのは一般人と悪人とに関わらず、その生殺与奪が彼の気分で決定されている事だけである。

作者も過剰な残虐さを良しとせず、ある程度ギャグ要素を含んだ上で上記の制裁を描写している。
ひでぶ!」「あべし!」などの愉快な断末魔が代表例。
また上記の悪党とのやりとりも漫才チックな描写が多い…が、 大抵悪党は死ぬので、ある意味命懸けで漫才をしているようにも見える
PSゲーム『北斗の拳 世紀末救世主伝説』のスタッフは雑魚の馬鹿馬鹿しさをいかに目立たせるか研究した末、
コマンド入力のタイミングで断末魔が変化する「 リアルタイムあべしシステム 」を作り上げた。 なぜ作った。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9994798 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9994819
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9994848 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12564716

ただ、このように性根の腐った悪党共は情け容赦無くぶちのめす彼だが、
ラオウのように純然たる武道家には礼を以って倒し、悪党とは言えサウザーのように理由あって哀しみを背負い、愛を捨てた者には
有情の拳によって愛を説いてから葬るなど、あくまで彼の根底にあるものは「」である。
悪党へ容赦が一切無い事にも、ケンシロウ自身がかつては悪党達に情けをかけ、結果犠牲者を生んでいると言う理由がある。

また、女子供が関わらなかったり、悪党による一方的な虐殺以外にはあまり関心が無いようで、
とある食料品店で男が暴れた時などは、店や客の混乱は完全シカトで自分の用事だけ済ませようとしており、店主といつになく会話が弾んでいたケンシロウは助けを求めてきた男も押し戻す始末。
(結局止めには入ったが、暴れていた男がトキを知っていたためで、被害にあった人は完全に無視。まぁ、その男は暴れていた男と互角に闘える体格をしていたからだろうか)
木人形狩り隊のギュウキから腕相撲( 負けた際に電気ノコギリで手首を切り落とされる )を持ちかけられた時も、
横から割り込んできた男にあっさりと先を譲り、結局敗北して腕を切断され悶絶する男には目もくれず
何事もなかったかのように ギュウキに挑んでいる。(一応、アニメ版ではこのシーンはカットされている)
事情は不明ながら殺人の経験を誇ったのが悪かったのだろうか。

因みに作中で彼自身が「死神だ」と言ったように 彼に関わった人物は敵味方モブ関係なくことごとく死亡している
歩く死亡フラグとはまさに彼のこと。
+ 世紀末的死亡フラグ解説(ネタバレ注意)

好きな食べ物はビーフカレーとリンゴと綿菓子で、好みじゃない食べ物はカニ料理らしい
(カニに関しては修羅の国編でカニ似の修羅・シエに向かって「カニ料理は好みじゃない」と言った為。真偽は不明)。
80年代に集英社から出たオフィシャルブックに記載されたプロフィールでは「世紀末では、好き嫌いは言えないので、ない」とある為、
核の炎に包まれる前の嗜好だろう。
まぁサウザーや終章のコウケツがそんな状況でフルコース等を食っていたので、意外に入手しようと思えばできるかもしれないが。
なお、好きな食べ物に関してはTV番組「トリビアの泉」で上記の好きな食べ物絡みの点が紹介されたことを受けて、
スタッフが原氏と武論尊氏にインタビューした際の両氏の熾烈な議論の末に「もし、世紀末でなかったらビーフカレー好き」で落ち着いた、
という経緯がある。
ちなみに、リンゴは原氏が、綿菓子は武論尊氏が提案した。
プロフィールにはほかに3か月間食べなくとも体力が衰えないとあるので、食料が手に入らずとも彼だけはあまり困るということもないのだろう。
その割には初登場時、脱水で死にかけていたが。どれほどさまよっていたのやら。
体質について加えて言うと、北斗宗家の血によりあらゆる毒素に対して抵抗力があり、
常人の致死量の5倍の青酸カリにも耐えるほどの毒に対する免疫を備えている(しかも秘孔を突いて強化できる)。

主人公なので当然北斗絡みの作品にはメディアを問わずよく出る。
外部作品でも色々とネタに事欠かない(AC格ゲーにおいては後述)が、はっちゃけたキャラの多い北斗無双においては結構地味。
尤も、醒鋭孔が突進技になっていてブー醒鋭(後述のAC版から)と言われたり、天破活殺が空中から広範囲を攻撃する技になってたり、
ウイグルに使った六本の指で相手の肩を引き裂くだけの原作屈指の地味技「北斗鋼裂把」がなんか広い範囲を攻撃できるようになってた
最強技は前方に向けて大量の闘気弾を連射する技「北斗天魁千裂掌」だったりとやはりどこかはっちゃけているが。
ちなみにこの技の締めのセリフは「お前たちはもう、死んでいる」。
北斗無双ではスローすぎてあくびがでるほどもっさりしていたため非常に使い勝手が悪く、さらに飛び道具が少ないため仕様上トゲ鎧に弱く、
四兄弟どころか全体でも最弱クラスの扱いだった。しかし伝説編は彼でクリアしなくてはならないので不満を漏らすプレイヤーも多かった。
『真・北斗無双』では全体的なスピードの上昇と北斗4兄弟の上方修正、
そして重要度が大幅にあがった無想転生のおかげで主人公らしくかなり強くなった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12027994 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19845722

なお、サミーのCR北斗の拳シリーズでは、当然主人公としてリーチやバトルで勝利したら大当たりとなるキャラ…なのだが。
はっきり言って原作のような強いケンシロウには稀にしかお目にかかれず、大半はサウザーやシンやラオウ、 挙句の果てにはウイグル獄長に 一蹴され、
ひどい時だとジャギ様にさえ敗北する。だが、アミバだけは当確なので確実に勝てる。だが、アミバとは闘う機会自体があまりない。
一点、ラオウバトルモードにおいては原作よろしくの強さを披露してくれる。してくれても困るというものであるが。
敵に回ると強くなるのはパチンコ・パチスロの常道ではあるが、悲しいものがある。
しかし、本当に上り調子のときはサウザーだろうと蹴散らすケンシロウの勇姿が見える。そして、サウザーを倒した直後にジャギに敗北というようなシュールなことも稀によくある。
【覇者】では、新たに追加されたトキバトルモードのお助けキャラとして登場。敵の攻撃に割り込み、「トキが手を下すまでもない」と、敵を撃破してくれる。言うまでもなく、ケンシロウバトルモードにおける彼よりもずっと原作に近い。
それでもトキVSラオウの北斗同士の戦いに割り込むのは北斗神拳伝承者としてあるまじき行為・・・と思ったら原作でもラオウとの初戦時トキの秘孔縛を破りラオウとの戦いに割って入っている。
【拳王】では、ほぼ前半でハズレてしまうサウザー・シンリーチにおいて「後半にならないと戦わない」という方法を用いる事で負けることは少なくなっている。それでいいのか伝承者。
ただし新たに追加されたジャギバトルモードの対戦相手では最弱となっている。兄より優れた弟なぞ存在しねぇということだろうか。

『北斗の掟は俺が守る!!』

AC版北斗の拳での性能

飛び道具無敵対空技突進技当身技を備えた波動昇龍系のキャラ。
同じく初心者向けとされるシンと比べて立ち回りに難はあるものの、挙動はシンプルで使いやすい。

発生が早い上に判定も強い遠Dと、ジャンプキャンセル可能な突進技「北斗蛇雷咬」を絡めたコンボ(通称「蛇ループ」)は慣れこそ要るが高威力。
最速7Fの高速中段低ダJBと、発生7F・硬直差+8Fの2B、中段の「北斗七死騎兵斬」や投げを絡めた択攻めなど、崩しも基本的なところは揃っており、
コンボの気絶値も高いので、気絶値通常のキャラでも2回もフルコンを入れればまず気絶させられる。
更に蓄積起き攻めも成立すれば、気絶値ダントツ最大のラオウさえあっけなく気絶させることも。
気絶させれば大体そのままラウンド取得までいけるので、つまりは合計3コンボでほぼ1ラウンド取れる。

飛び道具の「闘気」は画面の半分ほどで消えるが隙が少なく、連係の締めや飛び道具打ち消しや固めの隙消しなどに使用でき、
「北斗有情猛翔破」は弱が上半身に無敵判定があり連続技に組み込める上に空中オーラガード不可能で星1つ奪えるアッパー、強が出掛かりに打撃無敵があり対空や割り込みに使える昇龍拳。
下段以外なら取れ、飛び道具を反射できる当身技「北斗龍撃虎」は、当てると壁吹っ飛び効果がありブーストで追撃可能、とシンプルだが中々強力な技が備わっている。

・・・と、ここまでだと比較的まともなキャラに聞こえるだろう。
しかしそこは世紀末、やはり彼もバグだらけである。

+ バグ一覧

汎用性が高いが、特に対空に優れ、グレイヴや近・遠D、北斗有情猛翔破は空中の相手に強く、無想転生をつければめくりもさほど怖くない。
またヒット後は(特にブーストがあれば)どれもコンボの初動となりうるので、無闇に攻め込んだ相手をそのままたわば!させることも可能。

原作で数多の悪党を葬った「秘孔」を突く攻撃もきっちり再現。
「秘孔・醒鋭孔」は星を取りつつ相手を状態異常にする必殺技で、一定時間通常攻撃で削れる。コンボの〆にどうぞ。
因みに醒鋭孔とはあくまで秘孔・龍頷を突く技の名前なので「秘孔・醒鋭孔」という名前は間違っている。
・・・が、技名や技の中身を間違えるのは北斗ゲーにはよくあること

+ 究極奥義

弱点は 空中の喰らい判定が異常に大きい(通称メタボ) こと。
お陰で相手のコンボがかなり安定しやすく、特に上位陣の高威力~即死のコンボが入りやすいのが非常に辛い。
+ 検証動画

また、基本的な立ち回りに難があるのも辛い。
無想転生で補助できるとはいえ、無想転生は究極奥義故に1ゲージ必須な上に回数制限がある為、いつでも頼れるわけではない。
お陰で(最)上位キャラ相手どころか下位キャラ相手にも立ち回りにブーストを使うことも多く、ややブーストへの依存が大きい。

そして「世紀末スポーツアクションゲーム」の本作で重要な攻撃手段となる、バスケが面倒というデメリットも抱える。
コンボ難度も高いながらも実用範囲内、対応キャラも一応全キャラだが、始動位置と要求ゲージ量が厄介…と思われていたが、
2011年7月、ブーJBやブー2Bでの裏回りが発見される事件が起こり、研究は加速度的に進行。遂に画面端始動ブースト1.2~2.1でのバスケが可能になった。
レイ限定ながらノーゲージ即死ルートまで見つかる始末。ダイヤが若干変動する可能性が出てきた。

「開幕から3コンボで1ラウンド取得」「スタンダードで隙の少ない技構成」「ブースト1本で無敵対空からフルコン可能」「一応10割完備」と、
格ゲーレベルで見れば明らかにぶっ壊れた性能なのだが、結局は格ゲー視点での強みだったのが辛いところ。
「世紀末スポーツアクションゲーム」で上位に食い込むには少し物足りない様子。

とはいえ、やはり扱いやすいスタンダードキャラであることは間違いない。
無想転生さえ付ければ最上位陣の立ち回りにも何とかついていける為、ワンチャンスが訪れる可能性もかなり高い。
極端な不利が付く相手もおらず、不利とされる相手も殆どが無想転生ありならほぼ5分に渡り合えるか、気絶させて一発逆転できるかのどちらか。
総合的に見て、「中堅」という響きには似つかわしくないポテンシャルを持つキャラである。
(その為従来の4強の次点につけて5強とする意見もある)

+ 参考動画

MUGENにおけるケンシロウ

以下のものが存在する。
DOS時代にはSFC版のケンシロウも存在していた。

+ 動画での活躍

余談だが、mugenの北斗四兄弟の中でケンシロウのみ 神キャラが存在しない
原作主人公なのに…やっと作られたと思ったら 別のキャラバイトだったりする し…

+ ドロウィン氏製 原作再現+アレンジ
+ SAIKEI氏製 原作再現
+ Cameron氏製 アニメ版アレンジ
+ TOKI氏製 更なるアニメ版アレンジ
+ 郡民氏製 世紀末救世車ケンシロウ
+ googoo64氏製 セガMARKⅢ版ドット
+ way-oh氏製 エヌアイン完全世界仕様
+ duracelleur氏製 kenshiro-kofa
+ 工場長2621氏製 百裂ケンシロウ


アタッ! ケンシロウだらけの北斗大会
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14737178
  • おすすめコンボ(ドロウィン氏+モヒカン氏AIのケンシロウの場合)
コマンド 備考
2A×n→2B→北斗飛衛拳 お手軽。ちびキャラにも問題なく入り、一気に端近くまで持っていける。
天破活殺→(2B→醒鋭孔)or弱北斗有情猛翔破orバニシングストライクor北斗百裂拳 画面端限定。天破活殺後の追い打ちパーツ。
2A×n→2B→グレ→近D→北斗蛇雷咬→ハイジャンプ→JXJAJXJAJXJB→天破活殺→追い打ち 画面端限定。グレイブシュートの前にブーストを挟めば中央でも繋がる。
2A×n→2C→バニ→自動ブースト→(近D→北斗蛇雷咬→低空ダッシュA)×3~4→(北斗蛇雷咬→低空ダッシュA)×1~2→天破活殺 下段からのバニコン。ダメージ8割前後、星2。
2B→近B→遠B→北斗蛇雷咬→JB→降り際JY→近B→北斗蛇雷咬→JA→降り際JB→ブーストで着地後、一瞬待って相手側にジャンプ→(JXJA)×3~4→JXJB→2X→移動ブースト近X×n→32ヒット前後で天破活殺→(2X→近A)×n いわゆるドリブル。ブースト2オーラ1、自分が画面端に近い場合のみ。

  • SAIKEI氏のケンシロウの場合(コマンド名はMUGEN準拠)
原作再現を重視している故、原作でのコンボがほぼそのまま使用可能。
コマンド 備考
遠B→北斗蛇雷咬→低空ダッシュJY→着地B→北斗蛇雷咬→ハイジャンプ→JXJAJXJAJB→天破活殺→バニor弱有情or醒鋭孔 原作おなじみのHJコンボ。遠Bの判定が原作よりも広くなっているため、身長の低いキャラにも比較的よく当たる。ゲージがなければ天破活殺を抜いても良い。ダメージ4~6割。☆1~2。
2A×n→ブースト醒鋭孔→ブーストバニ→自動ブースト→立ちB→北斗蛇雷咬→低空ダッシュJA→着地B→北斗蛇雷咬→低空ダッシュB→天破活殺 小足からのバニコン。ブースト1本以上。2Aヒット時に相手との距離が近ければ、ブースト無しで醒鋭孔を繋ぐことも可能。天破活殺後にゲージがあり、なおかつ相手が高い位置にいれば、もう1発天破活殺をヒットさせられる(この場合追加の天破活殺分の星は取れない)。ダメージ5~7割。☆2~3。
2A×n→2B→グレイブ→立ちB→北斗蛇雷咬→ハイジャンプJXJAJXJAJB→天破活殺→バニor弱有情or醒鋭孔 画面端限定、小足からのHJコンボ。ダメージ4~5割。☆1~2。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...

関連項目

無想転生 北斗飛衛拳 北斗百裂拳




*1
「修羅の国」の所在地に関しては諸説が多く、読者間からは現実の中国とする声もあるが
公式ムックなどでは四国辺りに所在するのではと推測されており、また『蒼天の拳』では日本で生まれたと明言されている。
まぁ実際の所、各種外伝漫画においても核戦争以前から現代とは比較にならないレベルで治安が乱されいたことを匂わすような描写も多く、
核戦争が起きなかったIF世界『DD北斗の拳』でも普通に日本でアルバイトに勤しんでる訳だし。

*2
とはいえ、穿った見方をするとケンシロウらが使う北斗神拳は一子相伝で分派がないとも言える。
それというのも、シュケンが創始した北斗神拳は三国時代に三家をそれぞれ守護するために分裂したため
その後の北斗神拳伝承者は三家の中で本流となった北斗劉家拳の者から輩出、
劉家拳に相応しい者がいない場合は他二家から選ばれるという形になっており、
北斗神拳は独立した拳法ではなく北斗三家で最強の者が次ぐ称号という意味合いの強いものになっていたのである。

その後、空海とともに北斗神拳が日本に伝来するにあたり北斗神拳は北斗劉家拳から独立し、
作中で用いられる北斗神拳に伝承されていくのである。

つまり、シュケンの創始した北斗神拳が分裂して出来た北斗劉家拳から独立したのが作中の北斗神拳であり、
(作中の)北斗神拳 から 分裂した流派はなく一子相伝であると言えるのである。

また北斗琉拳は北斗劉家拳が名を変えたものであり、これもまた(作中の)北斗神拳から分派したわけではない。

*3
アニメ版では御馴染みの台詞で次回予告にも締めで多用されており、累積回数順位では20回と第2位であるものの、実は全編を通して初期(アニメ版基調の第1部)でしか使われていない。
アニメ版の次回予告での締め台詞が最も多用されたのが「北斗の掟は俺が守る!!」であり、第2部のトキとの合流後以降から使われ始め、第4部ではほぼ終始この台詞で一本化されている。
そのため前述の「おまえはもう死んでいる」を大幅に上回る38回と累積回数順位では第1位である。

*4
より詳しく説明すると、このとき拷問された相手はそのあたり一帯を治める修羅であり、
ケンシロウが聞き出そうとしたのは羅将ハンの居城。
ケンシロウに捕まった修羅は「~アル」口調で喋る男で「ないアル、ないアル」と否定するので
それを聞いたケンシロウは彼を岩に叩き付け「あるのかないのかどっちなんだ」と拷問した。

結局、拷問された修羅はケンシロウに危害を何ら加えておらず、他に悪事を働いた描写も無い。
この為 偶々通りがかったから拷問した、吐かなかったからムシャクシャして殺した ようにしか見えない。
まあ、一応弱肉強食の世界で育ってきた修羅のはずなので本当に悪党だったのかもしれないが……。
北斗ではいつものこととはいえ、こんなギャグのノリで殺されたのもひどさに拍車をかけていると思われる。
というか、新一のように口を割らせる秘孔はあるにもかかわらず、それらを使わず普通に殺した時点でおかしいのだが。
さすがにおかしいと思ったのか、アニメではケンシロウを車で轢こうとした上に青龍刀で戦う普通の悪党に変更され、
その最後もハンの居城がある方向を指さした後爆死というある程度説得力のある内容に変わっている。

ちなみにコーエーのゲーム『真・北斗無双』においてもこの修羅は登場する。姿はさすがに流用だが。
ほかにもいくつかの兵士を率いて攻撃してくるので原作ほどの理不尽さはないものの、いきなり殴りこんで言葉じりをとらえて拷問した挙句
実は目視できる位置に目的地があったというところまで含めて完璧すぎるほどの原作再現度を誇る。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19844495

「み…水…、それをよこせ… それも一台や二台ではない、全部だ… 全部だ!!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm168551