アストレア

「自分で…決めたことだわ!」

水無月すう作の漫画、及びそれを原作としたアニメ『そらのおとしもの』の登場人物。
空に存在する天上世界「シナプス」製の局地戦闘用エンジェロイドタイプΔ。
身長159cm、体重48kg。スリーサイズは上から91-56-86。
作中でも屈指の戦闘力(胸囲的な意味で)を誇るため、主人公である智樹のセクハラの被害にしょっちゅうあっている。
アニメでの担当声優は福原香織氏。アニメ版では二期の『そらのおとしものf』からの登場となる。

アストレアはギリシャ神話における「正義の女神*1」の事を指す。アストライアとも。
某戦争根絶ガンダムの外伝や、スクウェアの横STG「アインハンダー」で聞き覚えのある人も多いはず。
後者の呼称だと、18禁ゲームである戦女神シリーズの主人公関連で知られている。
名前繋がり

シナプスと智樹の夢が繋がっていることを危惧したシナプス最高評議会の命により、
主人公桜井智樹の暗殺のために地上に降りた未確認生物。
ダイダロスが建造したエンジェロイド3体のうち最後の1体であり、
先に作られたイカロスとニンフを「イカロス先輩」「ニンフ先輩」と呼んでいる。

智樹抹殺のために送り込まれるが、戦闘能力と感情制御にその機能の大半を割いてしまっており電算能力が皆無な、
所謂バカなため初っ端から失敗。どのくらい馬鹿かというと小学校低学年レベルの算数が出来ないぐらい
話題中に出てきた言葉の意味がわからず、会話の流れを無視してまわりの人物に質問することもしばしば。
また戦闘中につまずいて転ぶなど、ドジな面も目立つ。
その後も任務を遂行しようとするが、(主に暇つぶしのためデタラメを教える生徒会長のせいもあり)ことごとく失敗している。
更に尊敬しているイカロスのマスターである智樹を直接攻撃できなくなり、任務が遂行できないためシナプスにも帰ることができなくなる。
その後は河原で極貧生活を送っていたが、それを見かねた智樹に「飯に困ったら家に来い」と言われてからはほぼ居候となっている。
第二世代エンジェロイドの「Chaos(カオス)」が攻めてきた際には自ら鎖を引きちぎりシナプスの(元)マスターと決別している。

一応本人も自分がであることは自覚しているが、その分エンジェロイド中では最も明るい性格であるとも言える。
またエンジェロイド自体が奉仕のために作られているせいか、意外と上下関係にはしっかりしており敬語もきちんと使える。
他のエンジェロイド達と違い、居候後もコスプレを除いてはなぜか常に戦闘服のままで過ごしている。
戦闘時にはさらに肩アーマーと剣、盾が装備される。

その戦闘力は近接戦闘に限ればエンジェロイドの中でも最強。
イカロスの持つ最強の盾(エネルギーシールド)「aegis」すら切り裂く超振動光子剣「chrysaor(クリュサオル)」や
ピンポイントに集約することで防御力を上げた「aegis=L」、更にエンジェロイド中でも最高の加速性能を誇る羽根など、
装備はすべて近接戦闘に特化している。
その反面遠距離用の装備はセンサー含め一切ないため、距離を取られると一切の攻撃ができなくなる。
(一応センサーはその能力に特化したエンジェロイド、ニンフとの連携によりフォローすることが可能なようだ)
特に最高速度で上回り、地球の裏側まで射程範囲のイカロスには絶対勝てない。
電算能力は一切積まれておらず、作戦や知略といった搦め手は苦手。
故にそれらを捨てたその時、彼女の能力は存分に発揮される。シナプス最強の近接戦闘用エンジェロイドの名は伊達ではないのだ。
現在はイカロス=メラン戦にて「chrysaor」も「aegis=L」も破損し使えなくなっている。
後者が使えなくなった理由はイカロス=メラン戦で破損したのを忘れてニンフとの姉妹喧嘩で音響兵器「パラダイスソング」を防御したせいだが。
また、アストレアを含めた「第一世代エンジェロイド」は自己進化プログラムの「Pandora」を感情制御以外機能しないように厳重なプロテクトをかけた上で搭載されている。
桜井家に居候している3人の第一世代エンジェロイドの中で唯一Pandoraが発動していないことがコンプレックスにもなっている。

青いコスチューム、頭の羽飾り、最強の盾、正義などキャプテンアメリカとの共通点が多い。


MUGENにおけるアストレア

三吉氏による手描きのものが公開されている。CNSのベースになっているのは超神氏の孫悟空
まず目に付く特徴としてキャラセレ時の、大ポトレの枠に収まりきらない満面のドヤ顔
だったが、更新され現在はキリッとした表情へ差し替えられている。
性能的には速度とリーチに優れ、コンボ性能に長けたガン攻めキャラ。改変元譲りの優秀なワープ技も健在。
設定上は近距離タイプながら、素手キャラや投げキャラが多い格ゲー世界に剣を持ち込んでいる都合上、むしろ中距離が得意距離。
反面、体がやや大き目で切り返し手段も薄いため、守りに回ると脆い。
また通常技が総じて大振りなため、当身や特殊防御、無敵移動に弱い。
原作設定的に飛び道具はストライカー任せとなっている。
ただしストライカーの使用にはゲージを消費するため、あくまでアシストでしかない。
またストライカーのイカロスが様々な作品のキャラを呼び出したりするが、
これはうp主が好きだが作るには時間が…というキャラを入れてみたとのこと。
どのキャラが出るかはランダムなのでバクチ要素が強い。

超神氏のものを改変したよく動いてくれる優秀なAIがデフォルトで搭載されている(11段階にレベル調整が可能)。
上記の長所が噛み合えば中距離以遠からあまり動かず制圧するタイプの凶ランク相手に圧勝する事もあるが、
上記の短所から自分より速いガン攻めの強ランク相手に何もできずに完封される事も。
……と言うか、アストレアにとって相性のいい性質が凶キャラに多く、相性の悪い性質が強キャラに多いので、
凶キャラに強くて強キャラに弱いという、ある意味アホの子らしい事態に。
もちろん自ら突っ込んでくる凶キャラにはフルボッコにされるのだが。
とは言えこの傾向は更新を重ねる毎にマイルドになり、以前は苦手だった相手とも互角以上に戦えるようになった様だ。

ちなみにその高い戦闘力ゆえ、様々な行動で派手に揺れる。いいぞもっとやれ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18088154
更新によってずっこけたりカットインが増えたり特殊イントロが増えたりした。
2013年6月10日の更新では超必「勇気の翼」が実装され、12Pカラーでの性能変化も仮実装された。

Silvan氏による乳の養分を脳に回した外部AIも作成されていた。ドヤ顔萌え
デフォルトAIと比べて切り返しを重視した立ち回りとなっており、攻め込まれた際の脆さを補っている。
また、特殊防御持ちや当身持ち相手にはまる事も無くなった。
反面正面からの攻めが増えているため、弾幕型の相手はデフォルトAIと比べて若干苦手。
強さ的には『デフォAIと同等か、若干弱めかもしれません』とのこと。
キャラ本体の性能を多少改変するパッチも兼ねていた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17568049
代理公開先のJ・J氏のサイトから自身のサイトへ移行した際に公開を終了。
現在は三吉氏自身がSilvan氏から許可を取り本体にフィードバックされている。

DHQ氏による改変パッチが(現在はパッチでなく完全なアレンジキャラとして)公開されている。
大ポトレもドヤ顔からキリッとした表情に差し替えられ、新たにイントロや勝利パターンも追加されている。
改変内容は技や食らいに対する判定や浮き具合の微調整がメインとなっており、余りにも多いので割愛。
デフォルトのAIは存在しないので、プレイヤー操作で楽しもう。

影縫氏による改変パッチも公開されている。
こちらはAIが使えるようになっている。
変化は少ないものの大幅に強化され、1Pで狂下位~中位、12Pでは狂中位くらいとのこと。

DNZRX氏による改変版もギルドで公開されている。
なぜかボイスがKO時以外出ないようになっている。
また、ファイル名が「Astraea」とラテン語表記になっている(改変前は「Astorea」とローマ字である)
英語では本来「Astraia」と書くが、ラテン語形で記述する場合も少なからず存在し、どちらも正しい。


+ 大会ネタバレ

出場大会



*1
天空神ゼウスの娘で、先述通りに正義を司る女神。
ギリシャ神話には他に『 ホーライ三姉妹 (決して「シャンハーイ」とか言わry)』という正義の女神がいるが、
彼女たちとも同一視されている。
翼の生えた乙女の姿をしており、そこから乙女座のモデルの一つともいわれる。
現在ではローマ神話のアストレアを経て、法律業界で「裁判の守護神」としても信仰されている『正義の女神』の原形である。
人間がまだ青銅器の時代に、無益な闘争をやめるよう説得して回っていたが、
人が鉄器を手に入れて侵略戦争を始めて以降は、人間に失望し、
世界の彼方へと去っていったという。



添付ファイル