ストレイト・クーガー


「お前に足りないものは、それは!
情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!」

「速さが足りない!!」

アニメ、および漫画「スクライド」の登場人物。21歳。CVはニャンちゅうの中の人でもおなじみ津久井教生氏。

ロストグラウンドの武装警察の任務遂行部隊「HOLY」に所属するアルター使いの一人。
「速さ」と「文化」に異様なまでの執着を見せる。彼にとって速さは美であり、見事な早口で喋る。ただしトイレと食事では速さは必要ないらしい。
また「文化」への拘りからか作中よく本を読んでいる。カズマに足で関節技をかけながら読んでいたこともある。
元々はインナー(ロストグラウンドの未開発地区)で生活しており、最強のネイティブアルターだと言われていたが、
マーティン・ジグマールとの「インナーの人達への介入を控える(漫画版ではインナーへの援助物資を五倍にする)」という契約の下、HOLYに入隊した。
インナーにいた頃はカズマの兄貴分のような存在であり、また、戦い方や生き様を教授する師匠のような存在であった。
また、様々な事情から本土やジグマールの内情、アルター能力や「向こう側」に関して詳しい。
本編でもトップクラスの強さのアルター使いだが、HOLY在籍し始めの頃に本人曰く「力の出し惜しみ」をしていたため、精製によるアルター強化を受けたが、
技術が未熟な初期段階の副作用で身体がボロボロになっている。
「向こう側」に対する知識を持っているのはこの時に「向こう側」を垣間見たため。
漫画版では「弱い考えに『反逆』を続けていれば強くなれる」というカズマの信念の根幹を教えた人物でもある。

よく(わざと)人の名前を間違え、いつもカズマのことを「カズ」桐生水守のことを「みのり」と間違えるが、いざという時は正しい名前を言う。
ちなみにカズマも水守も彼が名前を間違えた際にはどんな状況でも「カズマだ!」「みもりです!」と返している。
最終回でのカズマと劉鳳が喧嘩の最中に垣間見たそれぞれの「幸せな夢」では両方の夢に登場している。
なお、漫画版では退場が早い・出番少なめなのに加えて「カズマの兄貴分」としての描写の比重が大きく、アニメ版では印象深い水守と絡む場面は全くなかったりする。


所持アルター能力は「ラディカル・グッドスピード」。車や自分自身に再構成することで超高速仕様にアルター化させる能力。
車をアルター化させた場合にはその速度に耐え切れずに能力を解除した途端に廃車になってしまう。
自身に使用した場合は脚部限定と全身をアルター化させる最終形態が登場した。
必殺技は「衝撃のファースト・ブリット」「壊滅のセカンド・ブリット」(但しセカンドはアニメ本編では使われていない。セカンドは失敗フラグだと知っているからか?そんなにセカンドは駄目なのか!?)そして最終形態時の「瞬殺のファイナル・ブリット」。*1
漫画版ではアニメ版のように足にのみ装着した「ストレイト・グッドスピード」と、全身をロケットのような形状に変形させる「ハイパー・グッドスピード」を使用する。
その速さ(強さ)はアルター能力が進化したカズマを脚部限定のみで説教しながらあしらったり、カズマと劉鳳をクーガーのみアルター装着状態(おそらく高速移動能力は使用していない)とはいえ叩きのめした所から本編登場キャラでもトップクラス。と言うか監督が「クーガーが最強」と言っちゃってる。蛇野郎に思考読まれて負けた事は変わりないんだけどな!と言うより由詫かなみの心を読むアルターが極悪過ぎるんだけど
絶影最終形態(「影すら追いつかない速さ」と言われた第二形態より更に速い)とそれ相手に攻防できるシェルブリット最終形態より速いのかとかはよく言われる話。
少なくともHOLYに囚われた水守を助けた後にジグマールが「イーリャンに知覚されず動ける者が君以外いるのかね?」と詰問しているため、絶影第二形態も含めてその時点で彼より速い存在はいないとおもわれる。
ちなみにこの水守を救出する際にソニックブームで街にすごい被害が出ている。

以上、ニコニコ大百科より転載、改変。

「この世の理はすなわち速さだと思いませんか物事を速くなしとげればそのぶん時間が有効に使えます
遅いことなら誰でも出来る、20年かければバカでも傑作小説が書ける!
有能なのは月刊漫画家より週刊漫画家、週刊よりも日刊です、
つまり速さこそ有能なのが文化の基本法則!そして俺の持論でさ―――――――ァ!」

この長台詞を息継ぎなしで16秒である。
なお、アニメ後半やドラマCDではこれすらスローリィに感じるほどの超早口で喋っている。 酸素をください。

+早口以外の名言
「ああ…2分20秒…! また2秒、世界を縮めた…ァ!」

「そう!貴女は体裁を取り繕ってない方が、魅力的ですよ…!」

「随分、勝手な真似をしてくれたなァ、しかも俺より速く逃げようとしている!
 どっちかと言うと、後者の方が、気に入らないッ!」

「…俺が遅い…? 俺がスロウリィ!?」

「いかんいかん、世界を縮めすぎてしまったァ~
 こ~んにちは、みのりさん」

「ハッハッ、誰も俺に追いつけない。貴方が言った言葉です、ジグマール隊長」

「愚問ですなぁ、隊長。俺は俺の味方です」

「ああ、お前は強い。そりゃあもう、なかなかのもんだ。
 けどな、腹が減ったらどうする? 飯は? 服は? 寝床は? 全て力で奪うのか?
 そうやって、お前が手に入れたモンのおこぼれに群がる馬鹿を従えて、お山の大将気取るのか。
 それとも全部ひとりじめしようとして、テメエを見せつけるか?
 ハッハッハッ……消えてなくなるぞ、何もかも」

「俺が選んだ俺の道だ。それを最速で突っ走って、何が悪い!!」

「あってるでしょう?」

「そうもいかねえ!あの無鉄砲で劉鳳にぞっこんな彼女が、俺はお気に入りなのさ!
 強い人だ!ほれがいがある!残りの命を賭けるに値する!
 そうだ!俺は遂に見つけた!文化の真髄を!

「強くなるためには『弱い考え方』をすることだな」
カズマ「弱い考え方?」
「そうだ、たとえばお前のダチが不良に襲われてるところを見たとする。一番弱い考えは何だ?」
カズマ「ダチを見捨てて逃げることだ」
「そうだ――その弱い考え方に反逆するんだよ。弱い自分自身に反逆し続けてりゃ自然に強くなる強くなるのさ」

「カズマ!!!今のお前の一番『弱い考え』は、なんだ?答えろ、答えろカズマ!!」



MUGENにおけるストレイト・クーガー

いの氏による手描きのものが存在する。DEFは90と気味。
原作通り高速移動技や豊富な蹴り技を持ち、始動技からの派生技等で相手を圧倒するタイプ。
超必殺技「ラディカルグッドスピード」の3ゲージ版「砕け散る!」は発動までが長いがその間画面外に出ており、タイミングよく回避するしか無いためAI殺しになる。
AIは入っていないが、ペパーミント氏(現在は公開停止)、GURI氏、DRM氏による外部AIが公開されている。
なお、クーガーのいくつかのボイスは 声真似の人によるもの である。
(事実、アニメにはないはずの「壊滅のセカンド・ブリット」が超必殺技としてあり、その技にボイスがある。また、最近の更新では「衝撃のファースト・ブリット」も声真似の人のものが採用されている。)
しばらくDLできない状態が続いていたが、氏のmugenキャラ制作復活の際再公開された。
DLは下の動画の説明欄から。


+大会ネタバレ

ENGUNトーナメントにチーム「超獣機神」として参加。パートナーはダン
前衛であるダンの元まで42.195kmの距離を、わずか7秒で駆け抜け、俊足をアピールしつつ快勝。
決勝では、相手チームのチップとほぼ互角の速さで競い合っただけでなく、
勝利・敗北演出でも舌戦を繰り広げ、視聴者を大いに沸かせた。
そして一勝一敗で迎えた最終ラウンド。
追い詰められたダンに追撃せんとしたアカツキの神風を、クーガーが当て身で返してフィニッシュ。
「速さが足りない!!」 の台詞に相応しい、劇的な幕切れとなった。
+優勝を飾ったクーガーが最後に遺した一言
「自分で決めた道を欺くような馬鹿は、前にすら進めない!」
ワープ移動画面外からの攻撃などを行うチームがある中で、
クーガーの揺るぎない台詞に多くの視聴者が心を打たれたようだ。



出場大会

削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー



*1
カズマと技名がそっくりだが、それもそのはず。クーガー本人がカズマの技に同じ名をつけたのである。(ドラマCD参照)
カズマもそのまま使っているあたり、リスペクトしているようである。
自分の生き方のルールとそれを通すだけの強さを求めるカズマが兄貴分と認めている事の好例といえよう。


添付ファイル