ヒョウケン・トウジョウ

「私の勝ち戦に花を添えただけだったな…。」

格闘スタイル マーシャルアーツ+ハイデルン流暗殺術
誕生日 7月3日
年齢 29歳
出身地 不明
身長 201cm
体重 118kg
血液型 AB型
趣味 ドラ○もん、麻雀
得意スポーツ 柔道
好きな食べ物 甘い物、コーヒー、饂飩
大切なもの 軍の上官と部下達、同胞達
嫌いなもの ネスツ、敵前逃亡カッパ


キャラ設定

Lifeend氏製作の、珍しいグラント改変のAKOF参戦予定キャラ。
戦闘中の台詞から聞くと、ボイス大塚明夫氏のガトーの声を使用している。
ハイデルンが率いる傭兵部隊に所属しており階級は准将、 大佐では無い。
その事からラルフクラークレオナとも戦友関係にあると考えられる。

小隊を率いりネスツと戦っていたが、少女を連れたあるKシリーズと接触しそのKシリーズとの戦いに敗れる。
まだ息のあったヒョウケンは研究所へと連れ去られ実験台として使われ、その後暗殺術だけでは無く炎や氷、白羅なども扱えるようになった。
あるきっかけから捕えられていた研究所から脱出する事に成功し、その後一緒にいた隊員達の消息を調べ再び行動を始める。
脱出と共に行なった仲間から抹消する者の存在を知らされ、過去に自分と戦い破れてしまったKシリーズと似ている事が分かった。
隊員達の安否を調べると同時に、抹消する者とそのKシリーズが同一人物か調べている。

キャラ性能

改変元のグラントと比べ技数が非常に多く、闇払い技、コマンド投げ、地震技、対空投げなど様々な性能の技が搭載されており離別化されている。
製作者によるとAKOFの巨漢パワーキャラをイメージして作ったらしく、火力もかなり高い。
特にMAX3技の「ファラリスの雄牛」は画面全体技で根元からヒットすると、なんと 8割半 もダメージを与えるとんでもない技。
攻撃力はAKOFトップクラスなのだが、移動速度がかなり遅く、当たり判定もでかいのが玉にキズ。
デフォルトでFlowrαlliα氏製作+改変のAIが付属されておりレベルも11まで設定が出来る。

+ Youtube
KamranBernstein氏によるKOFMI風アレンジに作成されたヒョウケンもあり、
こっちは1ゲージ技→MAX2→MAX3と本来では出来ないキャンセルコンボも可能になっている。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル