サンゴッド




「君… ロックマンといったね…

  私は最終兵器 サンゴッド…

  私の前に立つ者は、破壊あるのみ!!」
CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンワールド』シリーズの最後の作品である『ロックマンワールド5』に登場するキャラクター。
Dr.ワイリーによって発掘された古代文明の最終兵器。「戦うための道具」として古代人に作り出されたため、目覚めた途端ワイリーを攻撃し、ロックマンに襲いかかってくる。
太陽神」というだけあってモチーフが同じファラオマンとは幾つか共通点が見られるが、設定上は特に関係は無いと思われる。
海外では宗教上の問題を避けるため「Sun Star」という名前に変更されている。

ロックマンシリーズでは非常に珍しい等身大のラスボスだが、攻撃方法は非常に多彩でどれも強力。
また、ライフをある程度減らすごとに行動パターンが変化するのだが、次の段階に移行する際には一時的に無敵状態になってショットで床を破壊し、
下の階層でまた戦闘を続行するという、ロックマンシリーズでは珍しい演出がある。
外見のかっこよさ、独特な戦闘BGM、 シリーズ初のワイリー以外のラスボス 等の要素から
作品自体はややマイナーながら非常に高い人気を誇るキャラクターである。

+サンゴッド降臨

「さあ… ダークムーンよ!!

私の…ロックマンに破れた無念を… 絶望を喰らうがいい!!

そして―― 真の破壊神の誕生を――――…!!」

有賀ヒトシ氏の漫画『ロックマンギガミックス』では物語の最後の敵として登場。
原作の設定と異なり、アースの生み出したダークムーン(原作における中間ボス)が人々やロボットの恐怖・絶望を喰らい増幅し、
最終的にロックマンに敗れ破壊されたアース自身の絶望を喰らい孵化した。

本来のデザインと異なり、七本の翼のような炎を背負い全身から炎を噴き出しており、
額の太陽のエンブレムの炎による影の影響か、ヘルメットの中身は暗く表情を確認する事が出来ない。
(表紙カバー裏のラフ画ではその表情を確認することができる)
また、本編中に一度も台詞を喋る等の意思表示を行う事が無かった。

その力は凄まじく、地上に向けて放ったバスターをロックマンが相殺した際に散らばったエネルギーが
地上に落下した際に建物は崩れ木々が吹き飛ぶ等、様々な災害を引き起こした。
圧倒的な力でロックマンを追い詰めていくも、激闘の末に世界中の人々や
ロボットのエールを受けたロックマンとの死闘の末に破れる事となった。

劇中では語られなかったが、本作のサンゴットはロボットではなく『負の感情のカタマリ』ともいうべき存在である。
というのも、ルーラーズの動力源である超エネルギー元素(ロックマン「3」及び「8」の設定をミックスした代物)は
接続したロボットの強い感情に呼応して別の次元からエネルギーを無限に取り出すという性質を持ち、
その結論に至ったルーラーズの製作者の異星人は戦争で集めた強い負の感情を凝縮することで、
ロボットに接続しなくても無際限にエネルギーを生む「開きっぱなしの扉」を作ろうと試み、その結果生まれたのが感情の集結体であるサンゴットらしい。



MUGENにおけるサンゴッド


アフロン氏の製作したサンゴッドが存在する。
原作ゲームのドット絵が使用されており、ちびキャラとなっている。
原作で使用した技は全て使用可能で、床を破壊するショットは地面を走る炎になっている。
また、アフロン氏のキャラとしては珍しくAIが標準搭載されており、ライフ残量によって攻撃方法が変化するようになっている。

出場大会

  • 「[大会] [サンゴッド]」をタグに含むページは1つもありません。

添付ファイル