愚地克巳



空手家 愚地克巳21才の夏………

  灼熱の時間──────


板垣恵介の格闘ギャグ漫画『グラップラー刃牙』シリーズの登場人物。名前はボディビルダーであるマッスル北村(本名:北村克己)氏から。
アニメ版での声優は2001年の『グラップラー刃牙』では藤原啓治氏、2018年の『バキ』では川原慶久氏。

幼少時は実父と共に「ミズノサーカス」で働いていたが、実父が団のライオンに殺されてしまい、
その後愚地独歩に引き取られ空手を教え込まれる。
サーカスでは僅か5歳でありながら象との綱引きや空中ブランコなどで驚異的な身体能力を発揮していた。
空手家になった後もベンチプレス300キロ、100m10秒台という規格外の体力と独歩でさえ成し得なかった技術を習得する才能を持ち、
また正拳突きに使用される関節の回転を完璧に連結し加速させる事によって音速を超える拳「マッハ突き(「音速拳」とも)」を開発する等、
「空手を終わらせた男」「空手界の最終兵器(リーサルウェポン)」「格兵器」とすら言われる天才児。
独歩自らが「俺より強い」と太鼓判を押すほどの人物。
尤も当初は、その実力と言うか才覚に自惚れている点や、養父と違い己の空手を武術として振るった経験が無い点などから、
技術や才能はともかく、精神的には未熟な点も多く見られていた。
だが、そうした弱点を花山薫ピクルといった強敵達との戦いを通じて克服、肉体面も精神面も成長していった。
尤も「大勢の前で慢心し、近しい人の前で反省する」という行動を繰り返したため成長したことを知らない作中人物からの評価は
長いこと低く、ピクル編では「独歩は自分を上回ることを恐れて飼い殺しにしている」という噂が立っていたり
刃牙に至っては回想シーンが珍プレー集の様相を呈していた。
+作中での活躍
最大トーナメント編
範馬勇次郎との対決に敗れた独歩が、神心会の面子を保つために参戦させた。
トーナメント前に起こった、セクハラ犯とのストリートファイトでは主犯に 骨が露出する程の重傷を負わせる など、
まさに「この親にしてこの子あり(義理の親子だが)」と言わんばかりのインパクトを読者に見せつけた。

乱入試合や一回戦を経て、二回戦にて花山薫と対峙。
ヤクザめ 武の力を思い知らせてやる」と言い放ったその直後、先制攻撃を食らい
ヤクザの力を思い知ることに。試合開始からしばらくの間は花山相手に悪戦苦闘し、最終的に右足を粉砕されるが、
遂に自身の傲慢さを反省し、封印していた自身最大の必殺技「マッハ突き」を放ち、辛勝。
克巳を精神面で大きく成長させた試合であった。

三回戦では烈海王と対戦したが、 また慢心したのか 自身を“格”兵器
烈海王を竹ヤリなんて喩えた直後にまたしても先制攻撃を喰らってしまい、結局敗北。さっきの反省はどこに行ってしまった。
そもそも自分を格兵器なんて得体の知れないものに喩えるから………*1

最凶死刑囚編
トーナメント後、独歩は看板を下ろしたが、克巳は自身が神心会の長に成り代わる。
前向きな姿勢で早速、かつての対戦相手・烈海王から中国拳法のレクチャーを受けるが、
ある時独歩を訪ねてきたドリアン海王という人物から不意打ちを受けてしまう。
一杯食わされた克巳は「試合と本番」の違いを改めて思い直し、今度は加藤清澄に師事。
実戦的な戦い方を模索するが、その結果、ドリアンとの再戦時に…
ガソリンをぶちまけてライターで火達磨にするという暴挙を実行、本当に空手を終わらせてしまった。

「俺は… 空手家じゃなくていい」

この後、独歩にこっぴどく叱られたが、火を放った件ではなく武器を持参した加藤を師と仰いだ件で怒られていた。
(独歩にすればすでに五体凶器である空手家が武器を用意する自体未熟の証拠と言う事らしい
 ガソリンとライターは元々ドリアンが持ち出したもので、武器の使用に関しては相手の得物や偶々その場にある物に限れば否定していない)。
流石に反省し、後日、凶器を使わず素手で相手の神経を切断できる鎬昂昇から教えを乞うている。
その後はドイルに火傷を負わせられたり仕返しに半殺しの目に遭わせたり友情を育んだりもした。

ピクル編
現代に蘇った1億9000万年前の人類・ピクルを相手に、他の格闘家達と同様に夜這いを仕掛けるが、
勇次郎から「駄目男」と烙印を押されたことで逆に吹っ切れ、勝ち負け関係なしにピクルとの対戦を熱望するようになる。

その際最大トーナメント編ではマッハ突きを「中国拳法が既に通過した地点」と言い放った烈海王より、
「自分も型としては打てるが、実戦で使えるのは克己を除けば郭海皇ぐらい」だと明かされ、
本格的なピクル戦を前に烈海王や郭海皇の支援により、マッハ突きが滅茶苦茶強化されたが、
その方法がイメージで自分の関節を増やすという郭海皇のよく分からない理論による物である。
首の骨が猛獣並に太いと散々強調されてきたピクルを、刃牙が顎をかすめるパンチはクリーンヒットより脳を揺らすという理論で
脳震盪を起こさせたのに比べれば、まだマシかもしれない。

そして家族や門下生、戦友達が見守る中、遂にピクルとの決戦の火蓋が切って落とされた。
マッハ突きの改良版「真マッハ突き」でピクルから幾度もダウンを奪う克巳。
だが強化の代償として自分の技の威力に自分の体が耐え切れなくなってしまい、深刻なダメージを体に負ってしまう。
両手と左脚を壊しながらも最後に繰り出した、真のマッハ突きを更に超える『当てない打撃』*2
による自身の肉体へのダメージとピクルに負けた事の代償として右腕を失い隻腕の身となるが、
むしろ本人はそれを肯定的に捉えており、剣術の一刀流の思想にも通ずる新たな武の追求を続けている。
片腕は失ったものの精神的には大きく成長しており、失うものも得るものも大きかったようだ。
この克己vsピクル戦は話数としては短いが、本編のベストバウト人気投票で上位になっており、
かの勇次郎も父独歩との会話の中で賞賛していた。



「そうとも 敗北るくらいなら逃げる たとえどんなにみじめに見えようとも
 俺の行動のベクトルは 全て勝利に向けられている」


MUGENにおける愚地克巳

義父である愚地独歩と同じくtokage氏によって作成された物が存在する。
ドットも独歩と同じくですからー氏の松尾象山の物を基にしている。
なのでよく見ると独歩と似てるモーションも多いが技や性能はきちんと差別化されている。
ボイスはアニメ版の物を使用しているが、アニメに無い技も再現済。
前述の真マッハ突きや『当てない打撃』も再現されている。
ただしどちらも使用すると自爆ダメージを食らうため使いどころに気をつけよう。
なお、真は約1割、当てない打撃は約2.5割ほど食らう(ダメージを受けるのは攻撃した後なので基本的にはDKOにならない)。
また、当てない打撃で敵をKOするか当てない打撃のダメージによって自殺した場合、
原作再現で 腕の肉が吹き飛び骨が露出した状態になる のでグロ表現が苦手な方は注意。
+グロ注意


デフォルトでAIも搭載されている。


(俺だけが摑んだ─────

   俺だけのマッハッ)


出場大会



*1
この時、烈海王からは「マッハ突き程度の技術はすでに中国拳法は通り過ぎている」と言われてしまったが、
後のピクル編において烈本人に「背筋が凍りついた」「経験の差が無ければ負けていた」
「自分を持ってしてもマッハ突きができるのは演武でのみ、実戦では不可能」とまで言われている。
実際、マッハ突きは作中でも最強クラスの耐久力・タフネスを誇る花山を真っ向から打ち破っている程の技であり、
ある意味では納得と言えるだろう
(刃牙と勇次郎を除けば、万全な状態である花山を相手に、奇襲等を用いず真正面から打ち倒したのは、実は克巳だけだったりする)。
郭海皇(作中で勇次郎とバキ、オリバやピクルを除けば世界最強の人物)にもその才能を認められており、
ピクルに片足を食われた烈にも(片足のハンデが無くとも)もう勝てないかもしれないと暗に認められ、
刃牙にはマッハ突きは「見えなかった」とまで言われている。

*2
具体的に言えば、音速を遥かに超える速度のパンチを出し、
それを同速で引き戻すことでソニックブームの様な衝撃を発生させ相手にぶつける飛び道具
なおこの『当てない打撃』だが、ティラノサウルスを一撃で仕留めるほどの威力である
ピクルのスーパー頭突き全力突進を真正面から撃ち落としている為、
どう控えめに見積もっても ティラノサウルスを一撃で仕留めてもまだお釣りが来る威力 ということになる。