阿部高和





   「やらないか」

恐らく日本で最も有名な成人向けホモ漫画『くそみそテクニック』に登場するいい男。
名前の読みは「あべ たかかず」。通称阿部さん

主人公・道下正樹をして「ウホッ! いい男…」と呻らせた自動車修理工。
全身を包むツナギとインパクト溢れる台詞回しが強烈な存在感を醸し出している。

+『くそみそテクニック』アッー!らすじ(ネタバレ&ホモ&18禁ギリギリ注意)
導入部
予備校に通う「男に興味がある以外はごく一般的な男の子」である道下正樹。
ある日、帰宅途中に尿意を催した道下が、公園のトイレ目指して急いでいたところ、
公衆トイレの近くのベンチに座っていた道下のタイプの1人の男性、阿部高和を見かけ、
思わず「ウホッ!いい男」と思ってしまう。
すると彼は突然ツナギのホックを外し始め、自らの逞しいミシャグジ様を道下に見せ付け「やらないか」と誘うのだった。
このトイレがハッテン場として有名であったことが道下の脳裏によぎった……。

トイレにて
正樹は、阿部さんに誘われるままホイホイとトイレの個室に連れ込まれ裸に剥かれ、
阿部さんの口技により出る寸前まで導かれた所で尿意を思い出す。
すると阿部さんは「いいこと思いついた お前俺のケツの中でションベンしろ」と正樹に命じると
あっという間に裸になり正樹を促す。
戸惑う正樹だが、阿部さんのケツの格好の良さに感じ、意を決して背後から阿部さんの中に侵入し、
ションベンし終ると共に別の液体も発射する。
正樹のションベンを排出した阿部さんは、自らの「キ○タマ」(文字通りの意味ではなく、恐らく竿の方の婉曲表現)が
すごく…大きいことを正樹に確認させると、有無を言わさず正樹に挿入する。しかし正樹は便意を訴え……

エンディング
便意を訴える道下に阿部がツッコミを入れるシーンで物語は終っているので、その後どうなったのかは不明である。

(以上、Wikipediaより一部抜粋、改稿)

+阿部さんブレイクに至るまで
以前からあやしいわーるどなどで局地的な人気はあったが、2003年頃からふたば☆ちゃんねる内で話題となり、
さらに2ちゃんねるなどへ飛び火。
作中の台詞「ウホッ! いい男……」「やらないか」などの「ヤマジュン語」が大ブームとなった。
さらに『個人授業II』というTBS系列の番組でも紹介された。
後に復刊ドットコムより刊行された山川純一氏の作品集『ヤマジュンパーフェクト ウホッ!! いい男たち』でも
カラー着色された全裸の阿部さんが表紙を飾っている。……勿論、大事な所は映ってませんよ?

爆発的なブームは既に去っているがその人気は衰えることはなく、
日本においてはインターネット上のミームの一種となり拡散を続けており、TVアニメにも登場している。
2012年には公式コラボとしてアダルトビデオも製作された。 何故か女×女モノになってるけど

海外でも「yaranaika」が特に有名であるが、意味や作品を理解しないで使っている場合も多いとのこと。

が、こうしたネット上での人気に反し、山川氏の作品はゲイ漫画としての評価はそれほど高くない。
最大の理由が「絵が淡白すぎる」「キャラ造詣が掲載紙と合わない」という点である。
氏が活動していた80年代はもっと写実的で男臭い、がっしりとした絵柄が好まれた時代であり、
山川氏の作品は読者のみならず編集部でも不評だったという。
その為、1988年以降、山川氏は消息を絶っており現在でも行方が判っていない。
ただし、この証言をしたのは当時の薔薇族編集長であるが、幾つか事実と食い違う部分がある為、どこまで本当なのかは判らない。
(例えば読者人気が低いと上述したが、単行本に関しては刊行後に在庫が全部売り切れたという証言もある)
少なくとも、山川氏がゲイ漫画を描かなくなったのは事実ではあるが。

+余談だがやる夫スレでは
やる夫を主人公にした物語、通称「やる夫スレ」では殆どの作品で阿部さんが登場する。
気の良い先立キャラとして使い易いのだろう。
その扱いは大概の作品で共通してやる夫の上司、あるいは先輩的な立ち位置でやる夫を温かく、
時に厳しく見守る本物のいい男である。時に敵対することもあるがその場合でもやはりいい男。
やる夫のケツを狙うのもテンプレだが、本気のケースと冗談交じりのケースがあり、
とりわけ相手役の女性キャラがいると気を使ってそのキャラの前では手を出さなかったり、仲を取り持ったりすることも多い。

ニコニコでもその人気は衰えず様々なくそみそMADが作られている。
だいたいあってる(タグより)

また同作をフィーチャーしたガチホモネタで有名な歌い手の一人、いさじ氏が有名であり、
「歌ってみた」動画のコラボ作品においてのアバター(イメージ映像)で阿部高和が使用されることが多い。
ニコでは本家より有名 2:53辺りからいさじのターン!


MUGENにおける阿部高和

写楽保介の作者であるmaruhen氏が3Dモデルから製作した、阿部さん強襲型“アサルト阿部”が存在する。(DL不可の状態が続いていたが、レーシングミク公開とともに公開再開)
演出面・性能面共に完成度が高く、今後の活躍に期待できる出来。
ストライカーとして『 男狩り 』の日高良二、『 僧衣を脱ぐ日 』の英恵、『 地獄の使者たち 』の嶋本も呼び出せる。

※阿部さんのすごく大きいモノがポロリします。苦手な人&18禁注意。

勿論このまま動画に使うと大変な事になる。
7~12Pカラーでポロリにモザイクがかかるので、動画うpの際には確実に忘れないようにしておくこと。
この動画も運営に知られたら間違いなく消されるらしい。
……しかし投稿からもう数年経過したにも拘らず、未だに削除されていない。
流石阿部さん、ニコニコ動画を支える1人として運営のお気に入りなのかもしれない……。

尚、阿部さんが女を喰っている動画のコメントにて
「俺、阿部さん目指していたのに・・・失望したよ」
「↑俺はお前が阿部さんを目指している事に失望したよ」

「ああ…つぎはションベンだ」


出場大会

+阿部高和
【阿部高和】
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示
+アサルト阿部さん
【アサルト阿部さん】

出演ストーリー

+表示


+おまけ