岸田メル

イラストレーターです。女じゃないです。

実在する日本のイラストレーター。透明感のある女の子のイラストを得意としている。
かわいらしい名前とその画風から女性であると勘違いされがちだが、男性である。ちなみに元役者。

2005年に発売された『パラケルススの娘』シリーズの表紙・挿絵でプロデビュー。
以降もイラストレーターとして活躍しつつ、ゲーム『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』や
アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』『花咲くいろは』にてキャラクター原案に起用されるなど、
今後の活動が注目されるイラストレーターの1人である。
手描き動画も上げてます

さて、前置きが終わったところで本題に入ろう。
なぜ氏の名前がこのニコニコMUGENWikiに載っているのか?
それはツイッター上で公開されたメル氏本人の写真から始まった……

+人によっては衝撃映像かも
『ロロナかと思ったか? 俺 だ よ!』


氏は仕事はきっちりこなすプロフェッショナルであるのだが、その一方でニコ厨(レスリングシリーズが大好き)であったり、
自分のHPをウ◯コネタまみれにしたり、上記の画像( 『ドヤ顔ダブルソード』 と吹聴される)珍妙な剣士のコスプレを
ツイッター上で公開してみたりと、積極的に自分のイメージを破壊しまくるおちゃめな一面も持ち合わせる、ネタには事欠かない人でもある。
最近では金カラー(ほぼマグマ大使)へとワープ進化を遂げた。本当にどうしてこうなった……いいぞもっとやれ
今後の活動が注目されるイラストレーターの1人である(大事なことなのでry)。
近年には彼女のコスプレ姿が 『コンプティーク』誌上に掲載された ことが話題になったりした。

ちなみにニコニコ生放送においてテレビ東京の番組『ドリームクリエイター』の収録風景が放送され、
メル先生に向けられた質問とその返答は、恐ろしい説得力により伝説となっている。

Q:可愛い女の子を書くコツはなんですか?
A: 変態になってください 。それが一番です。(以下略)
そういえば某スタジオの監督も自らをロリコンと認めているし、そういうことなのだろうか……

(以上、ニコニコ大百科より一部引用)


MUGENにおける岸田メル

ネット上で最も有名であろう『ドヤ顔ダブルソード』状態のメル氏をみr氏が手描きでMUGEN入りさせた。
元画像の通りがに股かつ常時こっち見んな状態。
知らない人が見れば奇妙なヒイロ・ユイに見えなくもない。

+何故作っt……いや、気持ちは分かる。


剣による範囲の広い斬撃の他、攻撃を受けながらも相手の頭上にタルを落としたり
阿修羅閃空で一気に詰め寄ったりと割と気用に立ち回れる。
何故か空裂眼刺驚まで体得している。先生は吸血鬼になってしまったのだろうか…
3ゲージ使用の超必では マグマ大使 ゴールド化して神々しい画面全体攻撃をお披露目する。

鳶影氏、スダラ13氏によるAIが公開されている。
鳶影氏のAI

ちなみに上記の製作動画は当の本人も閲覧済みであり、目くじらを立てず黙認しているようだ。器でけぇ。
ただし、だからと言って所構わず騒いでご本人やその関係各所に迷惑をかけるのはマナー違反である。
ネタをネタとして楽しみつつ、節度を持った振舞いを心がけよう。
なお、ツイッターでこのネタを振られるのは嫌らしい。ブログには、 あの格好はもうやらない とまで書かれている。
当然の話だが岸田メル氏は実在する人物である。使用する場合は失礼のないように気をつけよう。

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル