魔傀元聖



「何のつもりかしらんが
     貴様の遊びにつきあってやるヒマは無いぞ。」


 開発:ウィンキーソフト・発売:バンプレストのベルトアクションゲーム『電神魔傀』(以下『魔傀』)、
 そのSFC移植リメイク『ゴーストチェイサー電精』(以下『電精』)の主人公。
 読みは「まかい げんせい」。
 極東連合が持てる技術の粋を注いで改造した戦闘用サイボーグで、「電神」の異名を持つ。
 その傍らには常にサポート用バイオロイドの衣世(5歳・ケモミミ)を連れている。

キャラクター設定

『魔傀』

主人公なので、ゲーム本編も併せて紹介していく。

 A.D.2079。
 第三次世界大戦から数十年後を経て、極東に成立した”制御体都市国家連合”は、 
 ”制御体”と呼ばれるスーパーコンピューターによって統治されていた。 
 人間は制御体の管理下に置かれることで平穏を得ていたが、しかしそれを破る者たちがあらわれる。
 制御体の監視をすり抜けるその犯罪者たちは”ゴースト”と呼ばれ、
 政府はこれを排除するため、秘密警察内にゴースト犯罪対策室”幽霊課”を設立した。
 幽霊課の先陣には、かつて極東連合情報軍・対コンピューター戦略部隊に所属し、
 最強の「電神」と謳われた赤毛の男の姿があった。
 その名は魔傀元聖。
 かつて部隊を壊滅させた男と決着をつけるべく、過去も恋人も捨てた復讐者。
 魔傀はゴースト達の背後に”奴”がいることを確信していた……

 『電神魔傀』は、1994年に発売されたベルトアクションゲーム。
 バンプレストとしては初めての版権ものではないオリジナル作品、と宣伝されていたが、
 オリジナルを名乗るにしては端々にアップルシードや攻殻機動隊といった士郎正宗作品の 影響が垣間見える。
 まあ開発がウィンキーソフトだから仕方ないね。
 全6ステージ+ボーナスゲーム2種の面構成で、操作は8方向レバーと攻撃・ジャンプの2ボタン。
 攻撃ボタン押しっぱなしでガードに移行できる。
 ダッシュ攻撃・ダッシュジャンプ攻撃・ダウン追い打ちといった基本操作に加え、
 各キャラごとに二段ジャンプ・壁蹴りなどの特殊操作がある。

格闘ゲームに押されベルトアクションが衰退していた時期に敢えて挑戦しただけのことはあり、
「魅せ」を意識した要素が多く盛り込まれている。

+ ゲームそのものの解説

参考動画
 
※ 難易度的には『魔傀』がベリハで『電精』はイージーモードくらいの差がある。
  うp主は誤解しているが、初見プレイなら正直こんなものである。


 もともと情報軍所属だったこともあって諜報戦もいけており、タルクスに偽データをつかませてスパイ活動を阻止するなど、
 わりと知的な一面も見せる。
 口数は少ないが、いざ喋るとどこか皮肉めいた言い回しが目立ち、「影を帯びた復讐者」という印象を残す。
 正直あまり主人公には向かない性格である。
 というか……

+ マカイさんのアレな話(EDネタバレ)

『電精』

 1994年に発売された、『魔傀』のリメイク作品。
 容量の関係から、プレイヤーキャラが6人から3人へ、ステージが6面構成から5面になるなど削減された要素も多いが
 そのぶんストーリー面と演出が強化されている。
 マカイさんにも黒騎士との意味深な過去話や、ギルリアンと戦う理由が追加され、
 さらには軽口を叩いたり笑い声をあげたりと、ぐっと主人公らしい熱血漢として生まれ変わっている。

 ゲームとしての『魔傀』との変更点は、技のエフェクトが派手になって同じ技でもまるで違うものに見えたり、
 ダッシュ攻撃キャンセル必殺技や溜め必殺技や壁コンが可能になり、様々な状況から即死コンボが狙えるようになった。
 ついでに壁際投げハメも『電精』でしか出来ない。
 敵攻撃のいやらしさは健在だがダメージが大幅に抑えられ、単純に死にづらくなっており、
 難易度の高かった『魔傀』に比べ、格段に遊びやすく仕上がっている。

 最終的にギルリアンを倒すところは『魔傀』と一緒だが、
 高層ビルから落下する魔傀を救出するのが幽霊課の近藤長官ではなく黒騎士だったり、
 黒騎士と良い雰囲気になってよりを戻しかけたりするし、
 魔傀&衣世の同時プレイだとそれを衣世が邪魔しにかかるほのぼのEDになるわで、
 『魔傀』のあんまりなEDとはえらい違いである。
 もし電神魔傀シリーズに外伝が存在するとしたら、それは『ガーディアンズ』ではなく、
 この『電精』のことであろう。

 それにしてもこの男、顔が安定しない
 コンセプトはおそらく「赤毛のケンシロウ」だと思われるが、場面場面でどうにも統一感に乏しく
 トップ画像の『魔傀』OPデモではわりと太い。アゴはがっしり。
 だがゲーム中ドットだとそれほど太くはなく丸顔。
 さらに髪の毛があまり赤くない会話デモ、やけに眉の太いポトレ、
 はたまたインスト・イラスト・広告イラストと、どれもどこかイメージが異なる。
 『電精』の方でもドットが書き換えられているので若干違う。もちろんイラストも違う。
 ← の広告イラストは永井豪先生によるものなので、違って当然ではあるのだが……。
 シリーズ長期化で公式イラストレーターが代わり、イメージが変わっていくのはよくある話だが
 マカイさんは同年の同一作品内だというのにこれである。
 『ガーディアンズ』版の黒騎士がまるで黒くないことをネタにされる本シリーズだが、
 マカイさんの扱いを見れば、その程度は別段驚くに当たらないことが知れよう。*1

ネプテューン「ようしょくサバの”えさ”にしてくれるわ。」
              魔傀「最近の”どうぐ”はなまいきなくちをきくようになったな。
                         それにしても・・・(なぜサバなんだ?)」



+ 原作での性能



MUGENにおけるマカイさん

ですからー氏によるマカイさんが存在する。
先行して製作されたゼル・ディアに準ずる『ガーディアンズ』+『マッスルボマー』仕様。
『魔傀』の原作再現ではないが、ダッシュ攻撃から必殺技が繋がるなどするため、
結果的に『電精』に近い仕上がりとなっている。

仕様の変更点、

主だったところは
  • 起き上がり無敵攻撃は削除。
  • 必殺技の気力消費量が一律100。
  • 通常攻撃は、初段のあとレバー方向+攻撃で技が派生するガーディアンズ式。
  • まず → + y で掴み、そこから追加入力で派生させるマッスルボマー式の投げ。
  • 「ソニックブラスター」がボタン1つで出せる射撃攻撃に。
  • フルゲージ消費によるメガクラッシュ追加。喰らい抜けでも出す時はさらにライフ100消費。
  • ゲージ200消費で専用のガードキャンセル攻撃が出る。
  • 回り込みの追加。
などなど。

通常技

原作通りに通常攻撃の打点が高めなため、キャラによってはスカるのがやや辛い。
初段が当たっていても途中からスカることすらあり、特に → 入れ4段目の裏拳の判定は弱体化著しい。
そんなときは ↑ 入れや ↓ 入れだと3段技になるので、うまく距離を調節しよう。
安定を求めるなら常に ↓ 入れでかまわないかもしれない。

またしゃがみ攻撃が三種類あり、 ↙ で伸び上がりアッパー、↓で小足、 ↘ で大足払いが出る。
大足はリーチが長くキャンセル可能で、突進力&運搬能力が強化されたバーニングソバットで拾いにいける。
『電精』のように浮いた相手に追撃可能な仕様なので、ここから画面端に押し込んで攻めを継続でき、
下段が刺さってしまえば10HIT 5割は固いのが強みのキャラとなっている。

投げは、前投げが原作の掴みジャンプ投げに変更。
基本は掴み技を2発入れてから、好きな方向へ投げればいいだろう。

ゲージ技

ゲージを使用して撃つ飛び道具ソニックブラスターは、上下の打ち分けが可能。
弾速も早く使いやすいので、使いすぎない程度に撃っていてかまわない。

必殺技で目立つのはトルネードバスターの変更で、浮きが低く回転が速く、ヒット数が減った。
まあ原作同様の浮きだとスカるだけなので妥当なところ。

フルゲージ技は「メガクラッシュ」と「サンダーサイクロン」の2つ。
前者は喰らい抜け可能なトルネードバスター。
後者は原作の超必殺技で、要するにスライドスクリュー。人操作だとコマンド被りでやや出しづらい。
当たれば5割消し飛ばす強力な超必殺技だが、全ゲージ消費してしまうのはやはりネック。
地道に通常コンボで5割減らすか、博奕に出るか、状況によって天秤にかけよう。

ただしフルゲージ技と言っても、マカイさんのゲージが最大1000で、これらの技を使うと1000消費するというだけなので、
タッグ戦で2番手に入った場合はパートナー次第で連射が可能になる。
トルネードバスターも前後に判定が出るし、原作からして2Pプレイで強いキャラでもあるので、
大会動画に使う時はタッグ戦がおすすめである。


なおAIはおなじみのですからー氏仕様。
11段階調節、勝敗数による変動、タッグ時設定など色々いじれる親切設計である。


出場大会


プレイヤー操作



    魔傀「奴には”かり”がある。
               しんでいった情報軍の仲間のためにも、奴はオレのてでたおさなければならない。」

黒騎士「仲間のため? らしくないこと言うわね。」
             「ふっ、そうだな。だれのためでもない、オレ自身のために奴と決着をつける。」


*1
『ガーディアンズ』で続投キャラのデザインが一新された件について、
「『魔傀』の広告イラストを永井豪に頼んでしまったため、ダイナミックプロとの間に版権問題が生じて旧デザインが使えなくなったから」
という説がある。
『魔傀』のEDによれば、キャラクターデザインを手がけたのはウィンキーソフトの坂木和史氏であり、
『電精』ともどもクレジットにもスタッフロールにも永井豪・ダイナミックプロの名は見えない。
実際の広告イラストを確認しても、「(C)BANPRESTO 1994 ALLRIGHT RESERVED」とあり、
永井先生についてはその下に「イメージイラスト/永井 豪」と表記されるのみである。
著作権者であるバンプレストに依頼されて広告イラストを描いただけのダイナミックプロに、
『魔傀』というゲームキャラクターのデザイン版権が生じるというのは不自然な話であるし、
仮に『魔傀』のデザイン権を持って行かれていたなら、デザインそのまんまの『電精』など出せないはずである。
当事者に取材したわけではないので断言はできないが、この説は信ずるに足りないのではなかろうか。