サンジ


「ハイこちらクソレストラン …ご予約で?」

漫画『ONE PIECE』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊団“麦わらの一味”の料理人。
CVは平田広明氏。少年時代は後にチョッパー役を演じる大谷育江女史。
グルグル眉毛と常にくわえているタバコ、そして黒いスーツがトレードマークのコック。
そこから繰り出される様々な足技から「黒足のサンジ」の異名を持つ。
初期案ではその特徴的な眉毛からナルトと名付けられそうになったが、奇しくもNARUTOの連載が始まったためボツになった。

コックという職業柄、包丁の扱いも一級品である。その気になれば包丁で一流の剣士顔負けの剣戟が出来る。
しかし「手や包丁は料理をする為のもの」と言う信念を持っているため、戦闘に用いるのはもっぱら足技。
これらの足技は肉の部位やその料理法などから名前が取られている。 それだけのこだわりがあるのに粋がって厨房で煙草を吸うのは料理人としてどうかと思うが。
現在は一度だけだが、小麦粉で出来た生地を鎧のように纏った相手に対して、その生地を剥ぎ取る為に包丁での戦闘術も披露。
整形(バラージ)ショットによる相手の顔面の整形も(偶然ではあるが)会得しており、後述のデュバルとの一方的な因縁もコレにより解決。以降はよき協力者となった。
丁寧な接客(※ただし女性に限る)やテーブルマナーなど、一応海のコックとしての礼儀は心得ているようだが、
一方で言葉遣いに関しては口癖が「クソ○○」であるなど、お世辞にも礼儀正しいとは言えない。
クレームがついたのか初期ほど何にでもつけることはなくなったが。
喧嘩の腹いせに 弁当にカミソリを入れる など料理人以前に人としてどうなのかということもやっている。 相手はバリバリ音を立てて平然と食ってたけど。

きれいな女性を見るとナンパせずにはいられない性格。フェミニストで同じ海賊団のナミロビンにはいいように扱われている。
そんな性分なのでルフィが女ヶ島に飛ばされていた事を2年後の合流時に知ると、声にならない怒りをルフィにぶつけてゾロに突っ込まれている。
夢は東西南北全ての海の食材が揃っているという幻の海オールブルーにたどり着くこと。 スケスケの実を食べて女湯を覗く夢は破れた。

悪魔の実の力もなく武器も一切使わないが、戦闘力はルフィ・ゾロに次いで高い“麦わらの一味”No.3の実力者。
特にゾロとは犬猿の仲でやたらといがみ合うが、緊迫した場面では意見も取り入れ、戦闘でも息が合う。

男性メンバーの中では頭も回る方で、戦闘力も申し分ない為、普通の戦いだけでなく裏でサポートすることも多い。
女性に優しく男には厳しい典型的な気障キャラ……と思わせておいて実際には口が悪いだけで性別に分け隔てなく優しい。
第三者を助ける際にも率先して動くことが多く、その行動が後々一味全体の助けになることもある。
また仲間意識も強く、身内を傷つけられると激昂するシーンも多かったりする。
逆に言えば裏方役が多くなっているため、まともな相手と戦っていないのも災い(幸い?)して、
本人の希望とは逆になかなか賞金がかけられず、海賊団全員が賞金首にされた際も、
念願叶ったと思ったら(写真を撮った海兵のミスで写真が入手できず)、本人と似ても似つかない似顔絵だったり
単行本数巻分出番がなくなったりと苦労に耐えない。
おまけに、その手配書のせいで奇跡的に似た顔であったデュバルから因縁をつけられてしまったことも。

過去に遭難した際の経験から、「腹を空かせている奴は敵でも食わせる」という信念と、
小さいころから教えられた「女は蹴ってはいけない」と言う騎士道精神を併せ持っている。
この二点(特に後者)はサンジの明確な弱点となっており、度々危機に陥っている。
ちなみに「女を蹴ってはいけない」と言う騎士道精神は、スリラーバーク編において、
彼から切り離された影を植えつけられたゾンビペンギン(ただし顔が犬)も忠実に守っていた。

かつては海上レストラン「バラティエ」の副料理長を務めていたが、バラティエを襲ったクリークとの一戦を経てルフィの仲間となる。
料理の腕はもとより、船員の栄養管理や食材の配分を行う「海のコック」としての技量も一流であり、麦わら海賊団を支えている。
なお、幼少の頃から客船のコック見習いとして各地を旅してきた為、「東の海」で結成された“麦わらの一味”初期メンバー5人の中では唯一出身地方が違う(北の海生まれ東の海育ち)。

新世界編以降はビジュアルが変更され、ヒゲが濃くなった他右目が隠れるようになった。
この時初めて、左の眉毛は右と逆に目頭側が巻いていることが判明した(表情交換できるフィギュアーツでも片側しかなかった)。 両目とも出したらなかなか面白い外見になりそうである。
また住人全員がニューハーフというカマバッカ王国に2年間いた影響で精神的に追い詰められたことから、
一時的にではあるがオカマ道に染まり、またその環境ゆえに本物の女断ちが続いたせいか女性に対する免疫が弱くなってしまう。
当初は女性を一目見るだけで大量の鼻血を出してしまう程であり、人魚のいる魚人島では冗談抜きで命の危機に陥ったが、
輸血をしてくれたオカマのおかげで命を取り留め、その後はどうにか元の免疫を取り戻した。
もちろん上記の悪影響だけでなく、カマバッカ王国に伝わる「攻めの料理」(例えるならアイルーの作った料理のようなもの)による
体づくりの補助も可能になった。
習得の過程で「新人類(ニューカマー)拳法」の使い手たちと戦ったことにより足技のキレも向上しており、
ニューカマー達からの逃走中に追い詰められた際に六式(海軍の秘密機関CP9が使う武術)の「月歩」(簡単に言えば空を歩く技術)を自力習得している。
条件付きだが、ルフィも移動技の(ソル)を使える。
以前は空気と蹴りとの摩擦で出していた炎が、オカマに囲まれたことへの怒りの感情から水中でも出せるようになった。
+ …摩擦で足から炎を出す程の技?

彼名義のレシピ本「サンジの満腹ごはん」なんてものも実際に販売されていたりする。


ゲーム中の性能

『グランドバトル』シリーズでは原作を反映して全て足技であり、能力者ではないので飛び道具を持たない。
素早さは割と高めで全体的に攻撃の出が早く、敵の懐に入って連続技を決めるのが主な戦術となる。
攻撃力は標準だが、男性キャラとしては低め。
相手が女性だと全ての台詞が変わる(通称メロリンサンジ)のも大きな特徴。
コックだけに、何も操作せずにいると自分で食料アイテムを生成する(このとき出す包丁にも攻撃判定がある)という小ネタも。

必殺技は打撃タイプの「羊肉(ムートン)ショット」が屈指のモーションの早さを誇る。
『2』で追加された新しいタメタイプの「仔牛肉(ヴォー)ショット」は強力だが弧を描いて跳ぶため少々当て辛い。
ボタン溜めで距離が伸びるのである程度まで離れた足場からの奇襲は可能だが、対人戦だとバレバレ。
ちなみに同シリーズは原作の技をしっかり拾ってくれるのだが、『2』までは何故か〆に敵を銃で撃ち抜くという必殺技が存在した。

蜘蛛が苦手なため、『ランドランド』ではサンジとナミ用の罠として、触れると一定時間混乱する(方向キーの入力を受け付けない)クモが配置されている。
こちらではコマンド入力で料理をして回復アイテムを生成し、特定の条件下で仲間を回復することも可能、説明書にも「長丁場ならサンジがオススメ」と書かれており
全キャラで唯一、二段ジャンプができるなど、移動面においても重宝する。これが後の月歩に逆輸入されたのかは不明。


ちなみに、金髪で左目が隠れてる、レストランで働いてる、喫煙者などの共通点から『WORKING!!』の佐藤潤がよくサンジ呼ばわりされる。
というか『WORKING!!』の作者自身も自サイトの落書き置き場でサンジとモロ被りな点をネタにしている。
他にも、平田氏はアニメ『怪談レストラン』でオバケギャルソンというお化けのウェイターの役を演じており、よく視聴者から「サンジの幽霊」扱いされる。


MUGENにおけるサンジ

Wenchu氏がゲームのドットを使った新世界編以前のサンジが存在。ちびキャラだが等身は高め。
飛び道具を持たず、リーチも短く火力も低い。大会に出すならcnsでscaleとatkを上げるといいだろう。
AIはそこそこ動くものが標準で搭載されている。

MUGENで対応させるのが大変なのか、相手が女性キャラでも台詞は変わらない。

出場大会




添付ファイル