ロボレン






「ワタシニハ72通リノ声ガアルカラ……
    ドンナ声ヲ出シタライイノカ……マアイイ」



名前:ロボレン
身長:不明
体重:不明
スリーサイズ:タブー
趣味:悪夢を見させる
好きなもの:お花、寛げる椅子、激辛類の食べ物
嫌いなもの:レン達、甘いもの(とくにケーキ)、お酢
種族:猫型ロボット
クラス:ツイッター廃人(並)
所属:終戦管理局
主武装:アンチマジカルウェポン各種

+キャラ設定

キャラ設定

自分の望む夢を見る技術を開発するために、夢を操ることが出来る夢魔をモデルに作られたのがこのロボレンである。
人間の脳内で構成される夢の構造をプログラム化し、望む夢が見られるようにプログラム改変処理を行った後に
脳内シミュレーションが可能なものに変換して送ることで操作することが可能。*1
ただしあくまで「望む夢を見させる」だけであって、本来の夢魔のように人間の血や精を奪ったり受精させたりといった現実世界に影響を及ぼすことはできない。
また、様々な人間の性格、思考、願望に適応できるために72通りの多重人格プログラムを搭載している。
*1 超仮説

この多重人格プログラムがスペックオーバー*2となり、
ロボレンの性格や言動がオリジナルである「レン」とは似ても似つかない破綻したものに仕上がってしまった。
実際、この夢を操る能力は主に使ったことがなく、見知らぬ人の夢を操っては悪夢を見させて楽しむイタズラに使っている。
*2 オーバーしているのはスペックだけじゃないと思う。

女性型にしては品がある方ではなくどちらかというと男勝りでワガママ。
何をするにしてもガサツで荒っぽい。
ロボカイら同様、自分勝手で私利私欲のために動く。
言葉遣いもデタラメで、真面目な言葉を言うときもあればどこで覚えたのかわからないような意味不明な言葉を言うこともある。

自分に似た姿をしたレン達*3を悉く嫌っている。
まがい物のくせにかわいいなどと周りからちやほやされるからである(自分が本物)。
その中でも特にオリジナルの『レン』は自分よりも優れた夢を操る能力を持っているため余計に嫌っている。
アンチマジカルウェポン*4を搭載していることもあり、マジカルウェポンを搭載したメカヒスイとその製作者の琥珀を有害な殲滅対象としている。
密かにお花が好きという一面もある。花言葉にも詳しい。
甘いものが大嫌い。その中でもオリジナルの「レン」が好物としているケーキは投げ捨てたくなるほど嫌いである。
酢が嫌いな理由は詳細不明(笑)。
*3 レン改変シリーズ
*4 メカヒスイの技をパクったものがあるから(メタ発言)


各種ロボカイシリーズやロボジャム、ロボソルといったキャラでおなじみのウケゲ氏の製作したロボ仕様のレン。
顔がロボ風味に書き換えられている他通常技や必殺技で体が変形するなどロボカイと似た動きをする。
2016年4月のフリーティケットシアター終了によるリンク切れからの9月25日のサイト削除により入手不可能だったが、2017年1月にOneDriveで再公開された。

システム面では氏の他のロボシリーズと同様にギルティギアのものを採用しているが、
メルブラのブローバックエッジやリバースビートを参考にしたと思われるシステムも盛り込まれている。
この他ケーキマーキングという独自のシステムが存在し、特定の3つの必殺技で相手にケーキをヒットさせると
どこからか自動で攻撃が飛んでくるというシステムが存在する。ケーキは投げ捨てるもの

…しかし、ウケゲ氏が「 あぁ~、ロックマンやりてぇなあ~ 」と考えながら作っていた為か、
必殺技の大半が ロックマンシリーズの特殊武器。 そのせいで動画タグには「岩レン」の文字が。
これらの必殺技はご丁寧にもボタン長押しで出せる強化版だと武器ゲージを消費する所まで再現されているだけでなく、
どこからともなく 盆栽 を取り出して破壊することで武器エネルギーを出現させてゲージを回復させる事も可能。
(ちなみに一定確率で武器エネルギーだけでなくライフ回復や1UPも出現する)
ただし武器ゲージが切れると 自分目がけて自動で攻撃が飛んでくる ミスマーキングというシステムが作動するので
無計画に武器ゲージを消費すると自分がピンチに陥る。

4つの覚醒必殺技はいずれも個性的な物ばかりで、
となっている。

この内「1200万パワー」は発動に時間がかかる事もあり「決めるのは困難、外せば自爆」のロマン技であるが、
タッグ戦など一対一でない戦いであれば決めるチャンスもあるようだ。

「汚物消毒」と「1200万パワー」が搭載された時の動画

このほかCNS内のスイッチ次第では イントロが丸々ロックマン4のタイトル画面&ステージセレクト画面になる。
しかもタイトル画面やステージ選択画面でカーソル移動と選択も可能。どうしてこうなった。
特にレンとその改変キャラに対する特殊イントロでは8大ボスがすべてレンと改変キャラ達になるという凝りよう。
そのせいでこの特殊イントロの存在に気づいた海外勢が他のレン改変キャラの存在に気づいたのはまた別の話。

……と、ここまででも十分色物の香りがするが、最大の特徴はそのボイス
某所で募集した有志の方々の声を加工した物を利用しているのだが、その声色はなんと驚きの 72通り。
すなわち 72人の、計518個のボイスが実装されている。
そのためセリフの度に中の人も代わり、真面目なボイスからネタまみれのボイスまで様々なセリフが飛び出す。
しかもその有志の中には著名なキャラ製作者やAI作者、動画うp主、さらにはウケゲ氏本人も含まれているから手に負えない。
このためロボレンのボイスパッチの作成や公布・使用を禁止している。
個人使用で作った配布されてない物を動画で使うのも禁止。
なお、先述の「1200万パワー」と「汚物消毒」は ボイスが先にあったために実装された という。
さらに没ボイスとして某有名キャラ製作者のR-18指定なエロボイスも収録されている。ふぅ……。

ちなみにロボレン主体の手描きMADも存在し「 コーラを振るだけ 」は ウケゲ氏本人が制作している。
レンバージョンは無いのに 何故ロボレンでやった。

お家氏によってAIが公開されており、キャラ製作動画で使用された専用ステージも同梱されている。
アチル氏によりロボレンのイメージ曲も作られており、専用ステージのBGMにも最適。

+ロックマンっぽさが高じたらこんなことに!(ネタバレ注意)
ウケゲ氏が制作したコンプゲー「ロックマン∞ ~氏ね、Dr.ビネガー!~」では、
ロックマン風ドットで描かれた「ロボレンアーカイブ」としてロックマンの前に立ちはだかる。


  • お勧めコンボ
レシピ 備考
適当>jc>JA>JY>jc>JA>JZ>各種ケーキor236Y溜め214Yor641236Y 基礎エリアル一例。〆は状況に応じて。
適当>2Z>溜め2Y>2Bor6X>エリアル どこでも入るノーゲージコンボ。
キャラによっては溜め2Yが2ヒットしないので注意。
適当>2Z>溜め6Y(>632146Y>溜め6Y)(>溜め6B)>ディレイjc>溜めJY>5Y>2Y>2B>エリアル 画面端限定だが最初のカッコ内を追加すればある程度中央からでも入る高ダメージコンボ。溜めJYで浮きすぎている時は6Xで拾って妥協。

出場大会

+一覧
凍結

出演ストーリー


プレイヤー操作


添付ファイル