魔法剣士(ディスガイア)


戦士でありながら魔法も操る異能力者で、魔族の中でも一握りと言われる稀有な存在。
その瞳には「ゾーン」と呼ばれる未来を見通す神秘の力が宿っている。
悪魔でありながら義侠心に厚く忠を重んじ、「剣の誓い」と呼ばれる戒律に背く事は死を意味する。
宇宙真理の探求者として剣と魔法の修行を生涯続けるという。(シリーズの解説文より)


日本一ソフトウェアから発売の魔界戦記ディスガイアシリーズに登場する汎用キャラクター。
その名通り魔法と剣両方を得意とするユニットである。
悪魔の中では忠節を重んじるようであるため、他の汎用キャラクターと比べて穏やかで丁寧な性格をしている。
特に、拠点で会話が出来る魔界戦記ディスガイア3や4ではそれが際立っている。
(反対に1では「邪魔だよ!」と言ったりドスの効いた掛け声を出したりと攻撃的な口調だった)
シリーズ各作品では、剣と杖の習熟度を上げるか、戦士と魔法使いのレベルを上げることで作成が可能になる。

スタイルの良さ(特に胸)は汎用キャラの中でもトッププラスであり、
貧乳・ロリの多いシリーズの中では特に目立つ存在となっている。
初代ディスガイアではまだおとなしめだったが、2以降のデザインでは思い切り強調されるようになった。


初出である魔界戦記ディスガイアにおいては通常攻撃時に追加で魔法による追撃が発生する特殊能力を持っていたが、
上級職ユニットであるにも関わらず、あらゆる能力・適正が非常に低い。
その適正の低さたるや、戦士系のキャラとしては初期から作成可能な戦士に劣り、防御力は後衛系ユニットである僧侶以下。更に移動力も低く、反撃回数も少ない。
魔法使い系のキャラとしてみると得意武器のはずの杖は前衛系キャラ並みの適正で、魔法の習得スピードは魔法使いの半分、オマケに習得する魔法の属性は選択不可のランダム。
そのため、武器で攻撃してもろくにダメージを与えられず、追撃で発動する魔法攻撃も魔法使いと比べると圧倒的に威力不足という、器用貧乏を通り越してかなり理不尽な設定を受けておりかなり使いづらいキャラクターだった。
しかも声がおっさんのようなボイス

魔界戦記ディスガイア2においては全体的にステータスの見直しが入り、低ランクのうちは器用貧乏感があるものの、高ランクになると万能と言っても差し支えない能力値を持つようになった。
また、『2』より追加されたユニットごとの特性で属性攻撃の威力が上昇するという特技(後の魔ビリティ「精霊の祝福」)とチャージ系魔法により魔法攻撃で大ダメージをたたきだせるようになり、最強ユニットの一角に食い込んでいる。

その後、魔界戦記ディスガイア3、魔界戦記ディスガイア4においても登場。
ディスガイア3以降では魔ビリティに「自身の属性耐性値ぶん属性攻撃を強化する」という効果のものが追加され、これにより前述の固有魔ビリティとあわせて最大で+120%の威力で魔法攻撃が使えるようになるなど、魔法攻撃を使用する面でかなり優遇されている。
ディスガイア3以降で選べるようになったボイスタイプは「穏やかな魔法剣士」「血の気が多い魔法剣士」「冷静な魔法剣士」という3タイプ。

またプリニー◆~オレが主人公でイイんスか?~◆においてはボスとして双子の「ナツ」「メグ」が登場している。
ナツは緑系のコスチュームで、活発な性格をしており、サンダー系の魔法を扱う。
メグは赤系のコスチュームで、口数が少なく感情表現に乏しいタイプで、ファイア系の魔法を得意とする。
ちなみに、一見するとナツが姉に見えるが、メグの方が姉。
メグは妹のナツの方が微妙に発育がいいことを気にしている。



MUGENではきなこを作ったkagetsu yuki氏によって作られたものが存在している。

プリニー◆~オレが主人公でイイんスか?~◆ でBOSSとして登場した際のドットを使用しているが、
忍者と違い通常の格闘ゲームの仕様となっている。また音声は原作のものではない。
ムック氏のAIが存在していたが∞ろだが閉鎖したままなので入手不可。
2013年6月3日の更新で作者によるAIが搭載された。レベル設定などは無いが、以前とは見違えるほど
強くなっている。

出場大会






添付ファイル