トードマン







 長所:理科が得意
 短所:音痴
 好き:三段跳び
 嫌い:スネークマン

「オラが怒れば、雨を呼ぶケロ!」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』に登場する8大ボスの一体。
元々はコサック博士が水不足の農地に人工の雨を降らせるために開発した農作業ロボットだったが
Dr.ワイリーに改造され、人工の雨の代わりに酸性の雨を降らせる「レインフラッシュ」を使うようになった。
また「蛇に睨まれた蛙」ということわざにちなんでか、スネークマンが大の苦手。

ロックマンシリーズ全体を見ても数少ない「回避不能の全体攻撃」を持つボスキャラクターである…が、
腰を降り始めてから発動するまでの動作が遅く、その隙にロックバスターでも撃ち込めば簡単にレインフラッシュ発動を中断する上、
それ以外攻撃らしい事をしない(一応接触ダメージはある)その行動パターンのため、満場一致で ロックマンシリーズ最弱ボス とされている。
どれくらい弱いかと言うと、ロックバスターを適当なタイミングで撃つだけ(移動もジャンプも不要)でノーダメージで勝ててしまう程。
これはトードマンの
「こちらが何もしない場合、棒立ち→レインフラッシュの行動を繰り返す」
「レインフラッシュの腰振り中はロックマンが攻撃をしてもジャンプ攻撃をしてこない」
「攻撃発動前に攻撃が当たるとレインフラッシュを中断する」
という行動パターンを利用したものである。

では普通に攻略すればどうかと言うと、トードマンはロックマンの攻撃に反応してロックマンの位置に向かってジャンプしてくるので
適当にバスターを連射しながら左右に行ったり来たりを繰り返しているだけで倒せてしまうのである。 やはり最弱の座は揺るぎなかった。
弱点はドリルボム(4)・リングブーメラン(ワールド4)だが、上記の理由でバスターのみで十分倒せる。

入手武器はレインフラッシュ。上記の通り画面全体に満遍なく攻撃でき、雑魚なら一撃で破壊可能。
また、メットールなどのガードをする敵も破壊することができる。その分燃費が非常に悪いが、性能から考えれば致し方ないだろう。
『ロックマンワールド4』では性能が更に上がり、中ボス以上の敵には1度に2ヒットする他、
ファラオマンステージの流砂を止めたり、ナパームマンステージの炎のトラップを消火できるようになった。
+ レインフラッシュ最

そのあまりの弱さや攻撃の際に腰を振る独特の動きが相まって、
コアなファンに人気が高くかつては「トードマンファンクラブ」なるサイトも存在した。
ニコニコでもコアなファン達によって『ロックマン4』の8大ボスの中では動画が特に多く作られている。
苦手であるはずのスネークマンと共演したり、蛙つながりで東方の蛙とコンビを組むこともあるようだ。

公式でも『ロックマンロックマン』のロールの追加コスチュームで、どことなくトードマンを思わせる蛙のレインコートが手に入るなどネタはそこそこ。
他にも『ロックマンワールド5』にトードマンにそっくりなカニ型ロボット「ビーナス」が登場する。

また『ロックマンエグゼ』シリーズにも登場、こちらではずんぐり雨蛙ではなくレインコートを思わせるデザインとなっている。
代表的な攻撃は相手を追尾する音符を放つショッキングメロディー、自身は水属性なのだがこの攻撃は相手をマヒさせる電気攻撃となっている。
『5 チームオブカーネル』では支援用ナビとしてリベレートミッションで使用可能。
「味方一人に5マス先までリベレートさせる力を与える」という一風変わった能力を持つが、前方向への突破力に乏しいカーネル軍では超貴重な戦力になる。
さらにこれはバリアや穴を超えても適用されるので、強引な荒業で最高難易度のリベレートミッションをわずか 4フェイズ で終わらせることもできる。
余談だが、トードマンより オペレーターの緑川ケロの方が人気がある

アメリカで放送されたアニメ『MEGAMAN』では外見こそ日本のものと大差ないが、何故かデデデ大王に似た口があり、背中には小型のミサイルが収納されている。
余談だが、目が四つで肌が緑色で体系も似ていたことから『ドラゴンボール』のグルドと呼ばれたこともあった。

MUGENにおけるトードマン

やはり愛されキャラである故か多数制作されており、Laspacho氏によるMVC風の手描きタイプ、
ファイアマン.EXEを制作しているNeontiger氏(原作準拠でmetaタイプとcopyタイプの2キャラ分作られている)、
そして、最近リリースされたアフロン氏によるトードマンが存在する。

+ 参考動画(Laspacho氏作)

アフロン氏が制作したトードマンは氏曰く
「触れた人間を一瞬で跡形もなく蒸発させる恐るべき兵器レインフラッシュを装備したトードマンがロックマン史上最弱ボスなわけがない。」
と原作での屈辱を晴らすかの如くDr.アフロン氏らしい魔改造が施されている。

AIが常時起動しており、トードマン自体のプレイヤー操作は一切出来ない代わりに歴代ロックマンに登場した8大ボスの特殊武器と戦闘パターンをラーニングしている。
それはトードマンというより『3』のドクロボットの気がしないでもないが、別に細かい事は気にしなくてよい。
なんとその数61体 (本人含む)。各ボスのモーションに対して足りないスプライトは全て手描きで追加されている。
元のトードマンの本体のスプライトの枚数が8枚なのに対して、ダメージモーションを除いた本体のスプライトの総数が 433枚 と言えば、その凄さがわかってもらえるだろう。

ナンバリングタイトルのボスの他にも『ロックマンワールド5』に登場したスペースルーラーズに『ロックマンワールド2』のクイント、
『ロックマンワールド1・3・4』『10』に登場したロックマンキラー、更に『7』のブルースや『9』のフェイクマンまでラーニングしている凝りっぷり。
頭から弱点武器のドリルを生やしたりタップマンのようにクルクル回転する様子は見ているだけで和むこと請け合い。
ただし、攻撃力の方も完全再現のため油断していると 和んでる間に瞬殺される ので要注意。

その後の更新によって、相手の勝利が確定するラウンドでKOされるとティウンティウンする事無くその場を飛び去り
「ワイリーマシーン10号」ならぬ「トードマシーン」に乗って再び襲い掛かるようになった。
マシーンの体力を減らし、第二形態を破壊すると「トードカプセル」に乗り込み最終決戦となる。
このカプセルを破壊しトードマンがジャンピング土下座を行う事によって、ようやくKO扱いとなるのである。

参考動画

出場大会

  • 「[大会] [トードマン]」をタグに含むページは1つもありません。

添付ファイル