黒傑克

「アパタピー!」

台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『黄飛鴻(Alien Challenge)』の登場人物。
外見が人間離れしたキャラよりも、一見単なる人間っぽい姿をしたキャラのほうが不気味なこのゲームの、ある意味代表的な存在。
タイトル通りエイリアンではないのかとすら言われていたが、設定上はまっとうな地球人である。
のサーカス団に在籍している道化の一人で、優れた体術と予想も付かない動きで相手を翻弄する。
顔はメイクのように見えるが、公式イラストやEDを見る限り仮面随分と表情豊かな仮面である
上記画像がその公式イラストなのだが、見ての通り 素顔はなかなかの である。とても首が異常に伸びる人物とは思えない

名前の「黒傑克」「ブラック・ジャック」の漢字表記であり(傑克=ジャックの当て字)、
無理矢理日本語表記すると「ヘイ・ジェケァ(Hēi jiékè)」もしくは「ヘイ・ジェコー」に近い発音になる。
どう見ても黒くない精神は黒そうだが……と思われがちだが、
台湾や香港ではトランプのジョーカーのことを「ブラック・ジャック」と呼ぶため、そこから来たネーミングだろう。
文句は最初にそう呼んだ人に言って下さい
つまり本来はジョーカー(バットマン)ジョーカー(風雲黙示録)と並び、
「ジョーカー(エイリアンチャレンジ)」とでも呼ぶべきキャラなのだが、英語表記ではDREW(ドリュー)という割と普通の名前である。

格闘ゲームでは大概道化師のキャラはイロモノキャラである事が多いが、こいつの場合それを考慮してもゲーム自体が根本的にアレと言うか、
海外製なので日本人の想像の及ばぬセンスと言えばいいのか、プレイヤーや視聴者のSAN値を容赦なく削る、奇怪極まる動きと音声を繰り出す。
同じイロモノ系ピエロでも日本の奇ゲーが生み出した癒やし系イロモノあたりでは足下にも及ばぬキモさ。
アメリカ生まれのニコ動で活躍している教祖様でも不気味さでは敵わないだろう。
勇気のある方は必見のインパクトである。

ちなみに、ページ上部にある「アパタピー!」というセリフは、台湾人曰く、台湾語では無くただの鳴き声だそうな。
やっぱりこいつどう見てもエイリアンだよ

+EDでは…
勝ったのはいいが、頬の傷を見てショックを受ける姿が。
見てる方としては仮面をつけたままなのに素顔が映ってる事がショックだが。
ちなみに画面のメッセージには「しかし頬の火傷跡は消えることはない…」といった内容が書かれており
過去に負った火傷のために道化の仮面を被っている、という意外にも普通な裏設定の存在が明らかとなる。
鏡に映る姿が仮面ではなく素顔なのも恐らくはイメージ映像的なものなのだろう。
同作に登場している奴の仕業なのだろうか?
アパタピーになった原因が火傷と仮定すると心の傷は相当なものであろう。誰がそこまでやれといった


専用ステージは彼が所属しているであろうサーカス団のテント内。
同僚と思しきピエロ達が見事な軽業を披露しているが、こいつらも変な鳴き声を上げて首を伸ばしたりするんじゃなかろうかという不安が拭えない


MUGENにおける黒傑克

マイナーゲーながら何と2体も公開されている。
  • ですからー氏製作
原作再現首を伸ばしながら登場するイントロが追加されている。アパタピーアパタピー
この首伸ばし、元々は「彈頭」という対空技のモーションであり、
画面端ではこの技を連発してのコンさえ狙ってくる。
他の技もボウリングのピンを投げつけたり屁をかましたりと正に色物キャラの鑑。
11段階にレベル調整が可能なAIも最初から入っており、積極的に攻めてくる。
なお、超必殺技Life残り3割以下にならないと使用できないが、ゲージを消費しない。
ただし、一度使うとその後一定時間使えなくなるので、連発してのゴリ押しは出来ない。
体が白く点滅している状態が超必殺技使用可能の合図である。
プレイヤー操作

  • NGI氏製作
原作再現だが、ジャンプ攻撃が中段になっていたり、
超必殺技がゲージ制になりカットインが追加されているなどアレンジが加えられている。
AIは斑鳩氏によるものが製作されていたが、現在は公開停止。
AIレベルを8段階、反応レベルを10段階に調節可能。
ですからー氏版があまり使用してこない移動投げを多用して攻めてくる。

比較動画
ボイスパッチ動画

この他、前述の専用ステージもReginukem氏によって公開されている。

出場大会

削除済み
更新停止中

その他