日番谷冬獅郎




    「全ての水は俺の武器

          ――全ての天(そら)は俺の支配下だ」

 職業:護廷十三隊十番隊隊長
 身長:133cm
 体重:28kg
 誕生日:12月20日
 好物:祖母の差し入れの甘納豆、大根おろしがたっぷりかかった玉子焼き
 嫌いなもの:甘納豆以外の甘いもの、干し柿
 特技:コマを回すこと(ケンカ独楽も強い)
 出身:西・流魂街一地区「潤林安」
 家族構成:祖母、幼馴染の雛森桃と姉弟のように育った

『週刊少年ジャンプ』連載の、久保帯人によるオサレバトル漫画『BLEACH』の登場人物。アニメやゲームにおける声優は朴璐美氏。
「ひつがや とうしろう」と読む。作中では日番谷隊長、幼馴染の雛森桃からはシロちゃんと呼ばれている。一護は日番谷と呼び捨て。
ジャンプ漫画ではうじゃうじゃと存在している、いわゆる「天才児キャラ」である。
しかしBLEACHの中では、天才扱いされているキャラは意外と少ないので、作中屈指の異彩を放つ存在と言っていいだろう。

史上最年少で死神の隊長に就任。普段はクールに振舞っているが、ここ一番で激しく感情を激昂させる振り幅が大きい。
背が低いのを気にしており、「寝る子は育つ」を実践して昼寝をする時間を増やすために仕事を熱心に取り組む。
「子供は風の子」と言わんばかりに寒さに強く熱さに弱い。また、おばあちゃん子で、仕事休みの日には会いにいっている。
そもそも祖母を一人にするのを嫌って死神になろうとはしなかったが、霊圧の制御ができないために
寝ている間に冷気が漏れ出して祖母を凍えさせていることを後に副隊長となる死神に指摘されて死神になることを決めたという過去がある。
ところどころに等身大の子供っぽさを持っているので、死神部隊内でも男女問わず人気者のようだ。

所持している斬魄刀の銘は、「氷輪丸(ひょうりんまる)」。
氷を操る能力の刀の中でも最強格と作品内で明言されている。冬獅郎が天才と言われる所以のひとつがこれ。
「霜天(そうてん)に坐(ざ)せ」という掛け声と共に、触れたものをおかまい無しに凍らせる。
その上これだけに収まらず、 半径約12kmの天候に影響を与える という後付け能力も持っている。

パワーアップすると卍解「大紅蓮氷輪丸(だいぐれん・ひょうりんまる)」になる。
大紅蓮とは、とても寒い地獄といわれる大紅蓮地獄からきている。
空気中の水分があれば何度でも再生可能な翼の生えた氷の龍を装備する。ただしこの能力は未完成で、日番谷は十分に扱いきれていない。
更に未完成であるがゆえ他の卍解より消耗が激しく、背後に浮かぶ12枚の氷の花弁が全て消えると卍解自体が解除される
と対戦相手や同僚は推測してるが、本人は花弁が減ると焦りこそするものの具体的にどうなるかは明かしていない。
また水分を操るという関係上、圧倒的熱量で空気を異常乾燥させる山本元柳斎の卍解は天敵。

死神の訓練を受ける前から夢の中に本体が姿を現しており、その時は巨大な竜の姿をしていた。
(この時まだ日番谷は名前を聞き取ることが出来なかった。)
アニメオリジナル長編で氷輪丸が人型になった時は青緑の髪をした青年の姿になった。
額から頬にかけて大きな×字(傷なのか模様なのか不明)がある。

劇場版BLEACH二作目の『The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸』では、そのサブタイトルが示すように主役級の扱いとなっている。

このように、作中で天才扱いされており、比較的作者からも優遇され読者人気も高い日番谷だが
上記の能力のムラの激しさや、若さゆえの未熟さ、燃費の悪さからのスタミナ切れ、戦闘中も常にクールぶろうとして慎重に様子見しすぎる等
色々な要素のせいで、いわゆる無双や圧倒的勝利が意外と少なく戦闘が長い。まあこれはBLEACHの戦闘全体にも言えるのだが。
彼が作中で完全に敗北した相手は藍染惣右介だけだが、なぜか負けるときはものすごく早く決着がつく。まあこれもBLEACHの戦闘全体に(ry

   近況報告
卍解を敵に奪われて使われる
→元柳斎が卍解を使用
→敵の氷輪丸が溶ける
→   冬獅郎(自信満々に)「残念だったな、氷輪丸はもう使えねえよ」
いや...逆説的にキャラや能力の弱さを偉そうに誇ってることになりませんか...
当然のことながら自分の氷輪丸(始解)も使えないので大ピンチのはずなのだが。


原作ゲーム(DS)における日番谷冬獅郎

『蒼天』では死に技に恵まれ、ダントツで攻撃判定の小ささを持つ。
逃げ斬空ならぬ、空中で↓\→+X or Y or B連発する逃げ氷輪丸、通称「氷輪猿」が唯一の持ち味。弱い

『黒衣』では攻撃判定を始めとして全体的にアッパー修正されたので
相対的に空中氷輪丸も強化され、別の意味で着地硬直すらない「氷輪猿」が大活躍した。マジで強い
「氷輪猿」はどちらかといえば、こちらの方を指している。ヒョウリンマル!ヒョウリンマル!ヒョウリンマル!ヒョウリン(ry
ちなみに「大紅蓮氷輪丸」だけは死に技のレッテルから逃れられなかった。


MUGENにおける日番谷冬獅郎

+ 斑鳩氏制作 格ゲー風
+ StormEX氏制作 卍解版
+ StormEX氏制作 通常版

出場大会



添付ファイル