飛鳥井絢



プロフィール:
名前:飛鳥井 絢(あすかい じゅん)
年齢:19歳
職業:魔法少女隊 αチーム隊長
戦闘スタイル:撲針愚(ぼくしんぐ)
得意スポーツ:ボクシング
身長:162cm(全高170cm)
体重:ヒミツ(総重量150kg)
最高出力:950kw
最大推力:35,000lb
武装:マグナムスチール製ガントレット
性格:ガサツで大雑把

「あなたの街にもやってくる!魔法少女、キューナイツ!!!」
一二三に続く、くんしょうも氏の手描きオリジナルキャラクター。
キャラクターのモチーフは「魔法少女」で、当初は"プリキュア"シリーズなどをモチーフに製作が開始されたものの…
戦闘スタイルには撲針愚、必殺技には「魁!男塾」に登場するボクサー、Jの必殺技や「ARMORED CORE」シリーズに登場する兵器をモチーフにしたものが搭載され、更には「装甲騎兵ボトムズ」シリーズをモチーフとしたアクションなど、全体的に泥臭いミリタリーテイストが取り込まれており、外見はボディアーマーに巨大な脚部パーツを備えているなど、「魔法」を技術よりのものとして捉えた魔法少女モノ、もしくは外道系魔法少女・邪道系魔法少女と分類される仕上がりになっている。
(尚、後述するプロフィールにも書かれているが、彼女自身はあくまで「魔法少女」として運用されている私兵兼アイドルの一人であり、俗に言う『魔法少女』ではない。)

一二三と同じく、エフェクトも総自作素材で作られており、通常攻撃の角度にあわせて切り替わるヒットスパークや専用のエフェクトなど非常に多くの素材が用いられているほか、エフェクト素材単体としての配布も行っている。

CVは絢自身の声をネット声優のAKIRA氏が、マスコットキャラクター「キュー太」の声をハクレンなどの製作者でありロボソルなどにも声を当てている松梅魂氏が担当している。
くんしょうも氏曰く、「複数ボイスパターンがあるモーションがあるので、使うたびに違うボイスが聞こえるというキャラ」とのことで、一部の通常技や必殺技には複数パターンのボイスが収録されており、使うごとにランダムでどれかが再生されるようになっている。

+ 元ネタ解説

キャラクター設定

軍需企業、「日元重工」に所属する私兵兼アイドルユニットである、魔法少女部隊「キューナイツ」αチームのリーダー。
ショービズと実戦を兼任する「キューナイツの」中で、最も戦闘部隊寄りのαチームの隊長である。


+ 来歴

コード名は「キューナイツ メテオ」で、パーソナルカラーはピンク色。
(本来のコスチュームである赤いカラーは2Pカラーで見ることができる)

短気で暴力的な性格に見られがちだが、その実正義感が強く、道理の通らない事が許せない性格。
また、部下や後輩に対する面倒見はよく、姉御肌…というよりはガキ大将タイプ。
その為か、部下や後輩からの信頼はそれなりにあり、一癖も二癖もあるαチームをまとめ上げている。

(作者サイトより引用、一部編集)


キャラクター性能

当初の設計では性能は「ダッドリーを自分でも使いやすくアレンジした感じ」とのことで、
通常技はダッドリーやヘビィ・D!のようなオーソドックスなボクサーキャラらしいモーション・性能のものが多く、若干打点は高めに設定されている。
ボクサーなので、PボタンだけでなくKボタンでもパンチによる攻撃が出るようになっていて、
ダッドリーなどと同じくしゃがみ中Kがダウン属性の脚払い、しゃがみ強Kが打ち上げ属性に設定されている。
連打の効く小技と、判定・発生共に優秀な屈中Pを中心に接近戦ではかなりの強みを持つ。

必殺技は、オーソドックスな波動技の「マッハパンチ」に、無敵こそ無いものの追加ダメージが機体できる「ライジングスター」、
連打技で何処からでもスパキャンができる「スターマイン」等を主軸にオーソドックスな波動昇竜キャラとして立ち回ることができる。

特徴的なのが、飛び道具無効属性を備えた移動技「ジェットスライド」。
この技自体、体勢が低くなっている間あらゆる飛び道具に対して無敵という強力な特徴を持つのに加え、
終り際の動作を任意の動作でキャンセルすることができるというこのキャラの追加技にも似た性能。
(ただし、この技を通常技からキャンセルして出すことは出来ない。)
遠距離から敵の飛び道具をかいくぐって接近し、得意な至近距離でのラッシュに持ち込むことができる。
また、非常に移動距離の大きい突進技「メテオレイ」を持っているため、画面端-端の状態でも相手の状態によっては一気に攻勢に持ち込むことができる。

超必殺技は巨大な飛び道具を5つ連射する使い勝手の良い飛び道具タイプに加え、
拾い性能の高い連続ヒットタイプ、使用回数制限はあるものの発生保証付きのストライカーも搭載しているのでゲージがある状況では安定した立ち回りが可能になっている。

挑発モーションはダッドリーのPAである薔薇投げのように、マスコットキャラクターであるキュー太を鷲掴みにして放り投げる。マスコットは投げ捨てるもの
ダッドリーのPAと異なり攻撃力アップ効果は無いものの、相手の起き上がりに「薔薇重ね」と同じように重ねて起き攻めに使うことができる。*1

基本システムは攻撃面に一二三と同じく地上通常攻撃のみヴァンパイアシリーズのようなチェーンコンボ可能(空中不可)、防御面は餓狼MOWのようなジャストガードを搭載した独自の6ボタンシステム。
一部の行動でENゲージを消費するシステムを搭載しており、
ENゲージが足りないときには一部の必殺技を出すことが出来ないもしくは追加行動を出すことが出来ない。
ENゲージは時間経過と共に回復するようになっており、一定値以下になると警告音が鳴るようになっている。

+ 必殺技

また、ver1.5で「次回予告」が実装され、規定ラウンドを取得するとアニメをオマージュした次回予告が流れるようになった。最初は「スペースコブラ」風と「装甲騎兵ボトムズ」風の2つだったが、ver1.6で「機動戦士Ζガンダム」風のものが、ver1.7で「魁!男塾」風のものが追加された。
非常に長い演出だが、ON/OFFの切り替えスイッチがCNSの中に書いてあるので切り替えが可能となっている。


最新版(Ver1.0)

デフォルトAIは無いが、NS氏によるAIが公開されている。

出場大会


*1
MUGEN標準の仕様では、起き上がりに通常の格闘ゲームと比べると長い無敵Fと長めの投げ無敵が付加されているため、こういった起き攻めのネタは非常に通用し辛い。(実際に起き攻めの択を仕掛けても、無敵時間を利用した切り替えしで一方的に返される場合が多い)そのため、通常では「薔薇重ね」のような手法で起き攻めを仕掛けるメリットは薄い。
ただし、これは一般的な場合であり、本キャラクターには通常投げの処理として例外的に起き上がりステートまでを再現し、無敵F数を一般的な格闘ゲームと同程度にまで短縮しているため、投げが入った場合に限り起き攻めを安定して仕掛けることができるように設計されている。



添付ファイル