ミュウ(ヴァラノワール)

「天魔剣・・・ボクに力を貸して!」


アイディアファクトリー社のシミュレーションRPG『学園都市ヴァラノワール』の主人公。
MUGENのオリジナルキャラについてはこちら。
CVは、佐倉杏子などを務めた野中藍氏。

シナリオ上、実質的な続編となる「スペクトラルソウルズ」シリーズにも登場し、スペクトラルソウルズIIではアキラヒロと共に主人公の一人を務めた。
ソウルズIIが七年戦争と呼ばれるそれなりに長い戦争となったため、ソウルズIでは16歳だったミュウもソウルズIIでは17~24歳とそれなりに年を取った。


それぞれの時代での活躍

  • ヴァラノワール時代
学園都市ヴァラノワールに住んでいるボクッ娘少女。
祖父シフォンの師であり、かつての戦争では五勇者の一人として活躍したラーデゥイに育てられる。
(ミュウからは「爺ちゃん」として慕われている。)
ラーデゥイからは剣術の手ほどきを受けており、また家事ができないラーデゥイに男手一つで育てられたため料理や裁縫など家事全般が得意になった。
煙突掃除で生計を立てるラーデゥイの手伝いをしていたが、ヴァラノワールの学園生活に興味を持った彼女の気持ちを汲み取り、
ラーデゥイはヴァラノワール特別進学科(勇者育成学部中等科)へと編入させる。
その際、親の形見として天魔剣を授かる。
そうして特別進学科に編入したミュウは、クラスメイトと共に学園生活を楽しみ卒業を目指すことになる。

幼い頃から人間や魔族などと分け隔てなく付き合ってきたため、
エリートが多くそれ故に排他的な特別進学科においてもクラスの中心となり多くのクラスメイトに多大な影響を与えた。
なお勉強は苦手であるが、特別進学科は実技が大きなウェイトを占めるため主席での卒業となった。

  • ソウルズ時代
サブキャラとしての参戦。
主人公のアキラでは説得できなかった一部の人物を説得した他は目立った活躍はなかった。

  • ソウルズII時代
魔族の大国ネバーランド皇国軍による虐殺と破壊がきっかけとなり、新生シンバ帝国との大規模な戦争へと発展していく。
学園都市ヴァラノワールの勇者育成学部を卒業してからも、ミュウは家業である煙突掃除の仕事に精を出し、学園に通いながら勇者になるべく学んでいた。
恩師リューンエルバの頼みもあり、ネバーランド皇国軍、新生シンバ帝国軍の対立に介入する第三勢力『ローゼス解放軍』を設立。
実質的なまとめ役はリューンエルバだが、最終的な判断を任されたリーダーとして解放軍を率いていく事となる。
(その役目としては新撰組の近藤局長等が近いか)

ナイヅ(アキラ)の所属する新生シンバ帝国、ヒロの所属するネバーランド皇国軍、そしてミュウ率いるローゼス解放軍、
この3つの勢力を切り替え進めていくゲームであり、どの勢力のシナリオをどのタイミングで進めたかによりシナリオが変化していく。
最終的に各主人公の所属軍をメインにしたEDに分岐するのだが、それ以外に「真エンド」も存在し、それが後の正史となった。
ちなみに、やった事がある人間には条件が厳しすぎて攻略情報なしで見るのは無理な事でも有名。*1

上記の通り進め方により歴史も変わるが、後作での正史となる真エンドシナリオでは、最終的にはミュウ率いるローゼス解放軍が歴史の中心となっていく。
復活した大魔王ジャネスもアキラやヒロ達とと協力し封印。
後に「七年戦争」と呼ばれた戦争を終結へと導き、ミュウは勇者としてその名を世界へ轟かせた。

七年戦争の終結後はナイヅの親友であり闘神ウェイブの息子でもあるスカーフェイスと結婚。
後の時代に活躍するアルの他数人の子供を授かり、ヴァラノワールで暮らしている。
また、ナイヅとは家族ぐるみの付き合いをしており、アルの家出がブレイジングソウルズでナイヅが旅立つきっかけにもなった。

+ 彼女の祖父シフォンについて

+ 天魔剣[天魔剣・流星]について

+ ニコニコでヴァラノワールと言ったら…

ヴァラノワールの作品の評価はともかく、 キャラクターとしての人気は非常に高く、カオスウォーズやクロスエッジといったクロス企画には大抵参戦しており、
アガレスト戦記2ではDLCキャラとして追加されてたりと、着実にヒロの後継者として歩んでいる模様。
ちなみにクロスエッジに参戦した際、いつものようにソウルズII時代からの参戦かと思ったら、 見た目だけ若いが実際はブレソ時代 というオチが待っていた。


MUGENにおけるミュウ

アキラを作成したZ.A.I.氏が作成したものが存在する。
ドットはクロスエッジのものが使われている。
一通り格ゲーの性能でアレンジされており、ゲージ技はスペクトラルソウルズⅡのオリジナルスキルである、
剣魔連斬、天魔連撃、流星剣、天魔流星斬が採用されている。
当身である受け流しや、ソニックエッジ、ライジングソードといった飛び道具や昇竜技も搭載されている。
AIはまだ搭載されてなく、作成などは自由とのこと。
そして、悠季氏によるAIが公開された。


出場大会



*1
どのくらい難しいかと言うと、 インターネットで攻略情報がやり取りされる時代に、攻略本が発売されるまで判明しなかった レベル。
しかも、その攻略本も条件を間違えていたというおまけ付。

基本システムが、各章ごとに3勢力を切り替えつつそれぞれで次にどの戦場に向かうかを決め、その選択が他の勢力にも影響が出るゲームなのだが・・・
  • 各勢力で選ぶシナリオ選択を間違えられない。
  • 各章終了時にどの勢力で話を進めるか選べるが、(多少の自由はあれど)これも間違えられない。
  • 勢力Aを途中まで→勢力B→勢力C→勢力Aの残り、のようにあえて途中で切り替える必要がある所がある。
  • 大半のマップで特定ターン内にクリアする必要があるが、一部では あえて特定のターン数以上長引かせる 事も必要。
  • 一部イベント戦闘で「特定のボスキャラのみ残して」クリアする必要がある。 しかも条件に表示されない。

わかるか、こんなもん!!

おまけとして最終分岐近くまで条件を満たしたかどうかを確認できなかったりもするので、攻略情報を見ながらやっても成功したかどうか確認できず、失敗した際の精神的ダメージがでかかったりする。
余談だが、こんな前例があった所為である真ルートなんか存在しないゲームが出た際、一部不完全燃焼に終わった箇所があったため、「また面倒な条件で真EDあるんじゃ?」等と噂されたりした。
こちらは攻略本で否定されたが。

添付ファイル