武龍









「この武龍、女子供とて容赦はせん。」






プロフィール
 生年月日:1970年10月28日(カイザーナックル稼働時点(1994年)で24歳)
 身長:163cm
 体重:56kg
 血液型:AB型
 CV:堀端靖

タイトー製の格ゲー『カイザーナックル』のキャラクター。名前は「ウーロン」と読む。

幼い頃に闇組織「シャオロン(堕瓏の妹ではない)」に拾われ、暗殺者として生きてきたが
あるとき子供の優しさに触れたことから次第に罪悪感を抱き足を洗うことを決意。
組織から脱会の条件として3ヶ月以内に一千万ドルを払うことを突き付けられた際に
同額の賞金を手に入れられるという格闘大会の噂を聞き参加を決める。

EDでは約束を破って自分を始末しようとしたボスを返り討ちにしている。
ボス自ら手を下すとはある意味面倒見がいいとも言えるのだが、部下に命じて任せたほうが良いのでは。
「シャオロン」は意外と人手不足なのだろうか…

余談になるが、ページトップにもある女性キャラに対する勝利台詞からストレイツォと言われることも。 だいたい族長(オサ)のせいである。
またあるいは顔の傷から、男塾の伊達という声も。

原作における武龍

癖はあるが飛び道具、対空技、突進と揃っており、それぞれの性能も結構高い。
またジェネラル戦におけるほぼ唯一安定したパターンを持つキャラであり
比較的ジェネラル攻略は楽だと言われている。(それでも訓練と運は必要だが)
コマンド入力が難しいものの最終奥義「撃殺飛龍拳」の性能も優秀。
似たような最終奥義である和也マッコイのそれと違い、攻撃を出しながら滑っていくので
断然判定が強く、通常技で止められにくい。


「話にならんな。
  おまえ程度の男なら片腕一本で十分だ。」


MUGENにおける武龍

seki-rou氏が製作したものが存在する。
クラッシュゲージや最終奥義といったシステムも再現されているが
一部通常技がなかったりバックステップがあったりと続編の『断仇牙』に近い仕様になっている。
また一部の技の出し方が変更されていたりといったアレンジも加えられている。
AIは無いが改変は自由とのこと。QAZ氏によりAIが作られた。
他のカイザーナックル勢と同じく、最終奥義はライフが減らないと使えないが、
その頃にはクラッシュゲージが大抵MAXまで溜まっているため、
クラッシュゲージが加わると6割強をすっ飛ばす逆転技と化す。

また、カッ昏倒氏によってエフェクトなどが原作に近くなる改変パッチが公開されている。
性能自体は変わっていないため、QAZ氏のAIと併用することも可能。方法は付属テキスト参照。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17983520

出場大会




添付ファイル