花木蘭




 「プチプチ!プチプチ!」

台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『黄飛鴻(Alien Challenge)』の登場人物。
「ファ・ムーラン」と読む。ムーランと聞いてディズニーの映画を思い出した人もいるであろう。
実は信じ難い事だがこいつもディズニー映画も、全く同じ人物がモデルとなっているのだ。

もともとは中国で有名な物語の主人公で「東洋のジャンヌ・ダルク」と呼ばれる。
中国では誰もが知っている物語。こちらでいえば桃太郎かぐや姫と同じ系統だろうか。
ストーリーの内容は、老いて病気になった将軍のために、
娘のムーランが男装して将軍として戦い大勝利して故郷に帰るというお話。

彼女がどういう経緯でエイリアンチャレンジに参戦したのかは不明だが、
いわゆるリーダー的存在の中国枠といったところか。
まあ歴史の偉人や創作上の有名人っぽい人が格ゲーに登場するのはよくある事
考える事はみんな世界共通なのだ。
なぜか英語版では「MELANIE(メラニー)」という一般的な女性名だが、理由はわからない。

イラストでは黒髪ロングの端正な顔つきだが、闘うときは兜を着用している。そのせいか美人に見えない
男装のイメージか全身に鎧を着こんでいるのだが、この鎧、すごく胸を強調しているように見える。
ピッチリタイツではないだろうけど揺れるし。男装してたんじゃなかったのか。

そしてなんと胸からミサイルが出るおっぱいミサイルである。お っ ぱ い ミ サ イ ル で あ る。
……わざとやってんじゃねえか?と思うかもしれないが、実はこれは誤解で、とあるパロディである。
マジンガーZ』が台湾で放送された際、女性型サポートロボのアフロダイAが「木蘭号」と翻訳され、
おっぱいミサイルは「木蘭飛弾」という名前になった。……まぁ、そういう事である。
日本で言うと、ゴジラの身長が野球選手にあやかって55mに設定されたようなものだろうか。逆輸入と言うか何と言うか。

ちなみに、彼女の専用ステージ背景に見える「山海関」は実在する要塞で、万里の長城の一部を構成している。
華北地域と東北地域の境界でもあり、歴史的にも地理的にも重要な要衝であった。


MUGENにおける花木蘭

   
千面人も製作したmass氏によるものが存在。
キャラネームは本国版準拠の「Mulan」。
基本技は弱・中・強3段階でパンチとキックに分かれたカプコン方式。
原作では不可能だった中段攻撃や空中ガードが可能になっている。
超必殺技はゲージを消費して発動するシステムに変更されており、コンフィグで原作仕様との切り替えも可能。
10段階に調整可能なAIも入っている。おススメはレベル10との事。
体力が50%以下になると1ラウンドにつき一度アイテムが出る。効果は体力回復やゲージアップ、超必使用可能等々。

必殺技
正旋鶴ティー ←↓→+K スピニングバードキックをひっくり返したような技。多段ヒットに変更されている。
三角跳ティー →↓←+K 三角飛びからの謎の軌道で攻撃する蹴り技。
木蘭飛弾 ↓→+P おっぱいミサイルである。おっぱいミサイルである。
針線情 →←→+P 針の線で相手を引き寄せ、そのあとおっぱいで追撃する技。空中の相手は引き寄せられない。
木蘭旋風 ↓←+P 昇龍技。発生無敵。旋風という名前をつけるのは別の技のような気がしなくもない。
超必殺技
超級剪刀脚 →←↓→+K ロックする無敵の乱舞飛燕鳳凰脚っぽさがシュール。
超級木蘭飛ヒョウ →↓←→+P 超大量の「ひょう」を一度に投げつける技。

この他、前述した専用ステージがReginukem氏によって公開されている。




出場大会

更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [花木蘭]」をタグに含むページは1つもありません。

その他