雷禅




「あー…腹、減ったなぁ…」


冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』の魔界編に登場するキーパーソン。アニメの声優は菅生隆之。
魔界三大妖怪のひとりと言われているが、かつては「闘神」と呼ばれ最強クラスの存在だった。
黄泉の軍の諜報員の調べによると、現在は黄泉たちと大きな隔たりはないものの、これには理由がある。
それは「700年以上食事を取っていない」ことで栄養失調になったから。彼の腹の音は巨大な魔界に響いている。

幽助との関係は、先祖にあたる。ただし魔族大隔世で雷禅の遺伝子を受け継いでいる。
魔族大隔世は隔世遺伝(おじいちゃんと息子はそこまで似てなくても、孫がおじいちゃんとすごく似たりすること)に近い。

もとは人間を食べる食人鬼であったが、とある人間の女(微妙に温子に似ているので温子の方の先祖かもしれない)に惚れて拝み倒し関係を結んだ。
このとき雷禅は今度彼女と再会するまでは人間を食べるのはやめようと、自分ルールを作る決心をつけた。
しかし、彼女と再会はかなわず、また彼女以上の女や、転生した彼女とめぐり会う事も出来なかった。
魔界の住人の寿命は長いので、死んだ彼女の生まれ変わりを待ち望んだまま700年の月日が流れ現在に至る。
しかし雷禅自身は、色々と魔界の行く末や、人間界、霊界をまとめて将来を見据えて考えており、
自分のような食人する存在はいずれ必要ではなくなること、あくまで自分は突然変異のようなものと割り切っていた。
「もう人間を食べるのはやめよう」と訴え黄泉たちと衝突したこともある。
雷禅はかつてのケンカ仲間たちにこういう魔界全体の将来に対する心情を吐露していなかったようだが……

「いつか普通の人間も海外旅行気分で異界を往来する日が来る……その時にオレ達はジャマなんだ」

現在は餓死寸前にまで衰弱しているが、本来の実力は作中最強と見られている。
食事をしていない状態でも幽助を簡単にあしらう力、そして雷禅のケンカ仲間のなかでも強い煙鬼が
「雷禅の全盛期を見たら黄泉や軀はションベンちびっちまう」と言うほどなので、推して知るべきである。
幽遊白書が19巻という連載ながら少年漫画ジャンプのインフレに加担している要員のひとりである。
+良くわかるインフレ具合
B級妖怪の戸愚呂(弟)<S級妖怪クラスの仙水忍<幽助≦S級妖怪を牛耳る黄泉たち≦雷禅の旧友<全盛期の雷禅

MUGENにおける雷禅

ssw777氏によって、SFCソフト『幽遊白書FINAL 魔界最強列伝』を再現したものが存在している。
また、HPが250を切ると「あ~、腹減ったな」という台詞と体が点滅。
超必殺技「超霊撃」が使用可能になる。
簡易版のAIも同封されており、そのまま使用することができる。

また、snowwolf氏によるアレンジ版も公開されており、win版と1.0版両方に対応している。
簡易ながらこちらにもAIが同梱されている。

出場大会

「オレが思うに… 霊・魔・人間界 全てひっくるめて一つの世界なんだろう」



添付ファイル