ドモン・カッシュ

「出ろぉぉぉぉぉ ガァァンダァァァァム!!」


『機動武闘伝Gガンダム』の主人公。CVは『堕落天使』の壬生灰児などを担当する
TVシリーズ初の10代ではない主人公(20歳)である。*1
コロニー格闘技の覇者にして、最強の証「キング・オブ・ハート」の称号を持つ、愛と怒りと悲しみのガンダムファイター。
10歳の時に家出をし、シャトルに密航しようとしてつかまった所を後の師匠である東方不敗に助けられ、その後10年間、彼の下で流派・東方不敗を学ぶ。
ちなみに家出の理由は優秀な父と兄に反発したためらしい。
その後、東方不敗から「キング・オブ・ハート」の称号と紋章を受け継ぐも、当の師匠はいきなり失踪、
仕方なく十年ぶりに実家に帰ってみれば、母は死亡し父は冷凍刑でその原因が実の兄という、ガンダムシリーズ全体を見てもかなり運命に弄ばれている。
ガンダムファイトには父の減刑と母の敵である兄、そしてデビルガンダムを探し出し倒すために出場した。


性格は不器用で一見無愛想に見えるが仁義を重んじ、正義感も強い。
また子供にも優しく、時には女の子と二人でいるサイ・サイシーをからかおうとしたり、大会地元の子供達と仲良くしている光景も見られる。
作品の序盤では、勝手な行動をしてはレインに絶交されそうになっていたが、本人は度重なる不幸な現実の前に精神がささくれているだけで、
レインが捕まった時は自分のガンダムの首をやるから助けてくれ、とまで言った事もある(当然、ガンダムファイトは頭部を失うと失格)。
なんだかんだでレインを大切に思っている証拠である。
その後、後に同じシャッフル同盟の称号を受け継ぐライバル達やガンダムファイト3連覇の伝説を持つジェントル・チャップマンなどとのファイトを重ね、成長していく。
期せずして新宿で師匠と再会する(この時、心中を打ち明けられる相手と再会出来て思わず号泣している)も、師匠は既にデビルガンダムと結託して敵に廻っており、師匠と袂を分かつ。
その後、ネオ・ドイツのファイター、シュバルツに猛特訓を受けたおかげで「明鏡止水」を会得し、
第13回ガンダムファイト決勝大会に臨む。

作品内ではシャイニングガンダムゴッドガンダムを操った。

彼もまた師匠と同じく生身でも非常に強く、作中での描写では
多人数にマシンガンを乱射された際には弾を片手で掴んでノーダメージですませたり
錆びた刀でモビルスーツを3体同時撃破したり、モビルスーツの刃を防いだりと、とんでもない強さを見せ付けている。

他の媒体での性格だが、漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』では
1話からツンデレ台詞満載で、原作の素直じゃない部分を倍増させているなど
作者の島本和彦氏の作風(大真面目に弱音を吐く、開き直る描写を大ゴマでする)にそった性格になっている。
また外部作品では、ボンボン版の漫画版Gガンダムと同時連載されていた
おまけのギャグ漫画『がんばれ!ドモンくん』ではボケ役になっていた。

MUGENにおけるドモン・カッシュ

odw氏によって遂に師匠と同様に生身でMUGEN入りした。
だがサイズは対ロボット系の想定したのか小さく、ちびキャラとなっている。
基本はパンチキックがそれぞれ弱強ある4ボタン制。
突進多段攻撃の「オラオラ」や突進&高速移動の「ゴッドスラッシュ」などの技がある。
生身ではあるもののシャイニングフィンガーやゴッドフィンガー、石破天驚拳も超必殺技として実装されているが、
一度発動宣言をしてしばらくした後に技が出るという仕様なので注意。
AIは搭載されていない。


「この男に見覚えはないか?」

出場大会

  • 「[大会] [ドモン・カッシュ]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー
Gガンダム cross in mugen ~ぼくらの非想天則~ (ただしパイロットとして)


*1
劇場版やOVAまで含めば、ドモン以外には『逆襲のシャア』のアムロ、『第08MS小隊』のシローが該当する。
『Gガン』以降のTVシリーズでは『00』2ndシーズン以降の刹那の他、『AGE』のフリットとアセムも後の部で20歳以上になっているのでこれに当てはまる…かなぁ。