「皆に伝えてくれ、今日から軀はただの妖怪だとな」


冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』の魔界編に登場する妖怪。「むくろ」と読む。アニメの声優は高山みなみ
モデルは一説によると、風の谷のナウシカのクシャナだとか。冨樫氏のなかでもお気に入りのキャラだったらしい。
魔界三大妖怪のひとり。500年以上雷禅黄泉とこう着状態になっていた。年齢でいえば黄泉よりも長く魔界で生きている。
3大勢力のなかでもっとも軍事力があると言われており、特に77人の厳選された直属戦士がいる。
77という数字は特に深い意味はなく、単純に 7 という数字がいいという軀の好みの問題らしい。
普段は顔を包帯でぐるぐる巻きにし、更に謎の封印のお札を張り付けている。また、両手を縛り、不自由な格好をしている。
その理由は「顔が売れると動きづらい」から。決して拘束プレイが大好きなドMではない。
黄泉の諜報員によると、体力と攻撃力以外の数値が最強。しかしメンタルのバイオリズムに戦闘能力を左右されやすいらしい。
駆け出しのころは手当たり次第、目の前に映るものすべてを倒してきたようだ。
がんじがらめの見た目のわりにはノリがよく、飛影には「よくしゃべる野郎だ」と言われるほど愛想がいい
魔界三大勢力の中でも、現状維持をモットーとしている。霊界にも人間界にも特にどうこうするつもりはない。
ルールの無い世紀末でカオスな魔界がこのまま続けばいいな、と望んでいる。
そのため雷禅には対立しながらも一定の理解をしめしていた(雷禅は、幽助は軀と気が合うかもと予言していた)
一方で、魔界の勢力を霊界や人間界に伸ばそうと考えている黄泉とはまったく馬が合わない。

原作の漫画では、雷禅がもうすぐ死ぬことで黄泉と一騎打ちになるかもしれないと考え、戦力強化のために飛影をスカウトした。
ところが幽助の魔界統一トーナメントという妙案に毒気を抜かれ、自分の権力と立場を放棄した。
その後、雷禅の墓前に花を手向けにきている。「バカめ」と幽助に言伝を頼んでいたので、軀なりに思う所があったようだ
ここ最近はすっかり落ち着いてしまった(250年前に部下になった、軍のナンバー2の発言より)らしく
和やかで穏やかな雰囲気だった魔界統一トーナメントでは、本来の実力の半分程度しか実力を発揮できなかったという声もある。
しかし、誕生日の前後になるとひどく鬱になり不安定になる。この時にたまたま口答えした当時のナンバー2(上記とは別人)がうっかり瞬殺されたことも。
それを知っていてあえて挑発するような言動を取った飛影も、殺されこそしなかったものの移動要塞の中から外まで吹っ飛ばされる破目に。
飛影曰く、この時の力を常時出せていれば大会で楽に優勝できたという。それで腹に大怪我をする程度で済む飛影も大概だが。

トーナメントを終えた後は、飛影たちを含めたかつての部下たちと魔界のパトロールをしているようだ。
+軀の秘密 ネタバレ



「今ではこの右半身は俺の誇りだ。治す気もない」


はじまりは、奴隷からだった。奴隷商人の痴皇(ちこう)の娘。
正確な血縁関係は不明だが、産まれてすぐ腹を改造されて、弄ばれる人生を送っていた。
少年ジャンプ故、はっきりとした描写は配慮されたようだが、およそ見当のつく酷い目にあっていたようだ。
7 歳の誕生日に自分から体に酸を浴びて、痴皇からどうでもいいという扱いにされる事に成功し捨てられた。
画像では生身に見えるが、酸のせいで右半身が焼けただれており、腕と太ももの部分は機械の義手、義足になっている。
自由を得たと思った軀は「呪うことだけで強くなった」と、当時の自分を回想している。
気がつけば三大勢力の1つにまでのし上がり、雷禅と肩を並べる魔界二大巨頭時代を築いた。
このとき軀に贈られた貢ぎものの中に、飛影の氷泪石があり、それを持つと憎しみが癒されたという。
軀は飛影と出会うまで氷泪石を体内に飲み込んでいた(本人いわく、「救われた」)。
その後、飛影の計らいで誕生日に神経質になる原因が解消へ向かう要因がおこっている。

「飛影…お前になら全てを見せられる…

 今度は俺の意識に触れてくれ

 生きろ飛影。お前はまだ死に方を求めるほど強くない…!!」

「実戦に勝る修行は無い。俺と当たるまでに、せめて互角ぐらいに力をあげろよ」


MUGENにおける軀

ssw777氏によって、SFCソフト『幽遊白書FINAL 魔界最強列伝』を再現したものが存在している。
また、HPが250を切ると「この半身は…」という台詞と共に体が点滅。超必殺技「超霊撃」が使用可能になる。
簡易版のAIも同封されており、そのまま使用することができる。

出場大会



添付ファイル