ザ・魔雲天


「二枚目のテリーマンを粉々に打ち砕いてやるわ
  この俺、魔雲天が!」

分類:悪魔超人
出身:ネパール(エベレスト山)
身長:285cm
体重:1000kg
超人強度:50万パワー(資料によっては300万パワー)
年齢:21歳*1
必殺技:魔雲天ドロップ

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場した超人の一人で、7人の悪魔超人の中の一人として登場。
アニメ版では北川米彦氏が演じており、他にもカナディアンマン悪魔将軍など本作の超人を何人か担当している。
柔道着を着た山塊そのものといった姿の超人で、岩石で出来た巨大な身体と怪力が武器。
見かけによらず関節技のオーソリティであるが、実戦においてはそうした技巧に走る事を嫌い、
自分の巨体を生かしたスタイルにこだわる傾向があった。同じく巨体のサンシャインをライバル視している。
秩父連山にて断崖絶壁デスマッチでテリーマンと対戦。*2
得意の魔雲天ドロップでテリーマンを押しつぶすも立ち上がったテリーマンの全身全霊を傾けたブレーンバスターに敗れる。
その衝撃でリングが耐えられなくなり、テリーマンを道連れに落下していった( だがテリーマンは生還 )。

黄金のマスク編では悪魔六騎士に首をはねられて処刑され、腕をアシュラマンに奪われた。
夢の超人タッグ編ではアシュラマン・サンシャインのはぐれ悪魔超人コンビが放った「地獄のキャンバス」の亡霊超人の一人として登場。
二代目キン肉マングレートの正体がテリーマンであることに気づこうとしたり、霊界ポケットに入ろうとしたブロッケンJr.を撃退したりと
亡霊超人の中では一番活躍していたが、最終的にはマッスル・ブラザーズのツープラトン「マッスル・ローリング」によって
元のキャンバスに封じ込められてしまった。

続編『キン肉マンII世』のスピンオフ作品「テリー・ザ・キッドの夜明け」では
テリーマンへの復讐心が大魔王サタンの目に止まり、次世代の正義超人を倒すためにと超人墓場から復活。
この作品では彼の息子・暴瑠渓(ボルケーノ)が登場し、テリーマンの息子であるテリー・ザ・キッドと戦った。
なおこの際、魔雲天自身はテリーマンたちの前に再び姿を見せている……のだが、
すかしたオヤジ風に車を運転しており、さらに身にまとっていたのは柔道着ではなくオーバーオールであった。
1トンの体重を支えられる一般乗用車 とは一体……。

+ 新作ネタバレ

魔雲天の話題でよく語りぐさになるのが 超人強度50万パワー である点。*4
何故かというと、魔雲天以外の7人の悪魔超人は全て100万パワーを超える超人パワーを有しているためである。
悪魔超人登場以前の超人たちはウォーズマンと 何故か カナディアンマンの超人強度100万が最大で、
アイドル超人たちは100万~90万の間に収まり、その他の雑魚一般的な正義超人が60~40万ほど、ミート君が50万*5という具合で
正義超人の前に立ちはだかる強敵という立場としては魔雲天の50万パワーは正直言っていささか物足りない。

とはいえ、その巨体から繰り出される魔雲天ドロップは下手な小細工をせず非常に説得力のある破壊力を持った技であるので、
超人パワー抜きにして強大な超人というのがしかと理解できるだるう。
なにしろ魔雲天の体重は1トンである。こんな物体がボディプレスを仕掛けてくるだけで即死は免れないであろう。
超人オリンピックの予選競技でみんな1トンの怪獣を軽々と持ち上げてた?そのへんの古い話は勘弁してくれ
事実、ゲーム『マッスルグランプリ』では超必殺技「渾身のマウンテンドロップ」が
完璧マッスル・スパークや地獄の断頭台をも超えて作品中最大ダメージの技と設定されている。*6
ベンキマンやビッグボディあたりが食らったらマジでひとたまりもない。
その証拠がこれ。
ついでに、防御力も全超人中No.1だったりする。
『闘劇魂』に掲載された『マッスルグランプリ2』のキャラランクでは、スーパーフェニックス、
悪魔将軍に次ぐ3強キャラ(『1』のランク名:完璧(パーフェクト)超人)に君臨していた。 動きの鈍さも全超人中No.1なのはどうしようもないが。

ちなみに初登場時は眼が丸いうえに口がなく、妙に可愛らしい顔をしていた。
『マッスルグランプリ』ではそちらの顔も再現している。
(上の動画の勝利デモを参照。小さくてやや分かりにくいがサムネイルにもなっている)

「死ぬ時は一緒だぜ!」


MUGENにおけるザ・魔雲天

牛鬼氏製作

フォルダ名は「The-Mountain」。
ドットは氏の他の超人同様、フリーゲーム『マッスルファイト』のものを参考にして全て手描きで製作した物。
一部の技がまだ未搭載である。
小ポートレートがなんか実に爽やかで可愛らしい笑顔に見える。

グラウンドインパクトやグラウンドゼロなどの『マッスルグランプリ』の技が搭載されており、
3ゲージ消費の「魔雲天ドロップ」は一発で体力5割以上を持っていく。
AIは搭載されていない。
出番は0:43より

氏のskydriveにて公開されていたが、現在は公開停止。無断配布や再公開の要望もしないでほしいとのこと。
「改変については一切制限しません」「改変許可は必要ないです」とあるので、
そのまま転載は駄目でも、技を追加・AIを導入して別名義で公開という道は残されているのだろうか……?

溝蠍氏製作

フォルダ名は「The_Mountain」。
マッスルタッグマッチ風の可愛らしいドット絵になっている。現状ではライバルのテリーマンもそうなので、かえって違和感が無い。
カラーパレットによって顔が変化するという面白い特徴を持つ。初登場時のまん丸お目々も搭載。

ですからー氏のキン肉マンを元にしており、システムもほぼ同様。11段階のAIも搭載されている。
キック技はなく、xで弱パンチ、yで強パンチ、zで投げ技の3ボタン制になっている。
もともとリーチは短い超人だが、SD体型になってさらに手が短くなっており、中間距離での差し合いは苦手。
突進技「岩雪崩」と「岩石霊界ポケット返し」で突っ込んでいくか、前方に大きな攻撃判定を発生させる「山塊隆起」がメインの立ち回りになる。
一度捕まえれば投げの威力は凄まじく、特に超必殺投げ「渾身のマウンテンドロップ」は一気に8割前後を持って行く。
3ゲージ技クラスのダメージ量を誇るが、なんと1ゲージしか使わない。
もう一つの超必殺技「マウンテンドロップ」はロープの上から飛びかかる技で、
巨大な攻撃判定・ガード不能・7~8割は一発で吹っ飛ばす威力・1ゲージしか使わないという凄まじい性能を持つ。
立ち回りが苦しいために1ゲージぶん溜めるのも結構苦労するが、ゲージがあれば大逆転を狙える一発屋である。
ですからー氏のキン肉マンやテリーマンと同様、超必殺技の時は絵がかっこよくなるため、強烈な印象を残すだろう。


出場大会


「悪魔超人はタダでは死なん!」


*1
ほとんどの作品では21歳となっているが、
「ジャンプコミックスセレクション」での紹介ページには53歳と表記されている。
その年の差32歳。こいつは果たして若者なのかオヤジなのか……

*2
なお、このテリーマンvs魔雲天の決着となった回はジャンプ読者人気アンケートで
『キン肉マン』という作品が初めて1位を獲得した記念すべき回であり、
作者が選ぶ4つのベストバウトにも入っているなど、ゆでたまご氏にとって思い入れが強い試合のようだ。

*3
この時一瞬見えた魔雲天の人間時の姿は、超人の時とは似ても似つかない精悍な顔つきであり、
武道からは皮肉混じりに 「人間になった方がイイ男ではないか!」 と評された。
ネパール出身にも関わらず何故か欧米人風であったが。
また、本戦前に正義超人たちの何人かが餌食となったのだが、そいつらも超人の時とはまるで似ていない赤の他人状態に……。
あとなぜか全員全裸に。タイルマンやベンキマンはともかくカレクックまで。

*4
週刊少年ジャンプ特別編集の雑誌『キン肉マン熱闘スペシャル』では300万パワーと表記されており、
こちらの方がイメージには合うのだが、他の資料集では大抵50万パワーが採用されている。

*5
子供なのに強すぎないか?とも思われるかもしれないが、
超人パワーは一度備わったら(火事場のクソ力やメイルシュトロームパワー等の要素が無い場合)一生増減はしないため
今後ミート君が成長して超人レスラーとしての最盛期を迎える年齢になったとしても、やっぱり50万パワーである。
ミート君の数字は将来性の上限値といったところだろうか。
魔雲天とミート君ではおそらく数字の示す意味合いが異なるのだろうが、
それでも「魔雲天はミート君と同じ超人強度」というのはやはり強烈な悪印象になってしまったのは否めない。

*6
この技に次ぐ大ダメージ技にビッグボディの「メイプルリーフクラッチ」、即死技にベンキマンの「七年殺し」が存在する。
…のだがこの二人、共に防御力が最低クラスで決めようと思ってもその前に倒されるのが実情。
ビッグボディはどこぞの聖帝みたいに「守りに入ると弱い」状態だからまだいいものの、
ベンキマンは飛び道具持ちだったり唯一の即死技持ちだったりと長所がないわけではないが基本性能が低く、
『闘劇魂』に掲載されたキャラランクでは『1』『2』共にぶっちぎりの最弱キャラ(『1』のランク名:「だってオラ人間だから…」)だった。
肝心の七年殺しも隙が大きすぎてまず当たらない
(技の発生自体はそこまで遅くないのだが、相手の背後からヒットさせないと微ダメージを与えるだけで即死しない)
おまけに、普通の必殺技なので「順逆自在の術」を使われて当てたと思ったら、自分が死んでいたなんてことも…



添付ファイル