タブロック



横視点STG『R-TYPE』、及び横視点SRPG『R-TYPE TACTICS』シリーズに登場する人型機動兵器。

宇宙を侵略する狂気の生命体「バイド*1」に操られる兵器であり、『R-TYPE』の時点では一面に登場する雑魚キャラだった。
波動砲に1発耐えられる程度の耐久力を持ち、腕から連射される弾と背部からの追尾ミサイルによる二種類の攻撃手段を持つが、
直後に登場する一面ボス「ドプケラドプス」などの個性的な敵キャラクターに比べると地味で、
一面の終盤に二体だけしか登場しない*2こともあって、同シリーズ内でも有名なキャラクターとは言えなかった。

『R-TYPE TACTICS』シリーズでもバイド軍ユニットとして登場、プレイヤー率いる地球軍の敵として立ちはだかるが、
プレイヤーがバイド軍を操る「バイド編」では逆に自軍ユニットとして運用出来る。

威力と射程、迎撃能力に優れた「中型ミサイル」による強力な遠距離攻撃能力を備え、
やはり波動砲1発程度なら耐えられるほどHPが高い為、敵として相対すると厄介なユニットなのだが、
自軍で運用しようとすると、出撃に3HEXを要し(R-9Aなど戦闘機系ユニットは5機1小隊で1HEX)、
艦載による修理・補給が不可能、そして移動力が低いという運用上の欠点が目立ち、扱い難い。
接近戦武器「バイド粒子弾」の火力が低く、射程2の武器を持たないので近~中距離戦に弱いという弱点もあるが、
敵射程外からの遠距離攻撃を得意とするタブロックにとって大きな問題ではない。

バイド編後半には後継機のタブロック2改良型、及びタブロック3高機動型が開発できる。
前者は「ミサイルランチャー」の搭載によって中型ミサイルの射程外である射程2への対応が可能になり、
後者は弱点であった移動力が強化され、強力な近接攻撃「体当たりH」が追加されるのだが、
出撃に3HEXを要するという最大の弱点は解消されず、体当たりには迎撃されると大ダメージを受けるリスクが伴う。

また、バイド軍には1ターン攻撃を受けなければ「波動砲」(よその作品で言えばMAP兵器)を発射可能で、
なおかつ1HEXで扱いやすい強ユニット「ゲインズ」が存在する為、尚更タブロックを運用するメリットは少なくなってしまう。
あえて使うとしても、タブロックに擬態する能力を持つ1HEXユニット「メルトクラフト」のほうが使いやすいというのが実情である。

ただ、バイド軍のユニットには本当に使い道のないユニットも多く*3、タブロックはまだ優秀な類のユニットだったりする。
ゲインズの波動砲は前方一直線の範囲にしか攻撃出来ず、発射角度を変更する事も出来ない為、
入り組んだ地形や縦方向に進軍するステージでは、バイド軍随一の射程を誇るタブロックが頼りになる事が多い。


MUGENにおけるタブロック

スミス中尉氏が製作したタブロックが製作動画で公開中。

STG版のドットを使用しているが、TACTICS風のアレンジが施されたキャラクター。
空中ジャンプが2回可能で、空中でのダッシュも可能など、機動力の高いキャラとなっている。
目標を追尾する中型ミサイルや、4発同時に発射される4WAYミサイルなど射撃戦に特化した性能を持つ。
通常技の単発威力が低い事と、ハイパーアーマーを搭載している為に多段HIT技を食らうと大ダメージを受ける事が弱点。
3ゲージ技の「バルムンク」*4は、着弾地点周辺に多段ヒットする爆風を発生させる。
2012年6月13日の更新では簡易AIも導入された。
また、ディスプレイネームが『R-TYPE TACITICS II』に登場した副官「アイリ・ヒューゲル少尉」となっており、
イントロや挑発などでは見た目にそぐわないロリ声(CV.さとなかゆず)を発する。
+ ヒューゲル少尉とは

同作者によるバイド軍の暴走巡航艦「ボルド」も公開されている。
+ ボルドとは

出場大会


  • 「[大会] [タブロック]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
+ バイドとは……(以下ネタバレ)

*2
ただし、タブロックを撃破せず放置したままだとドプケラドプスとの戦闘時までしつこく追跡してくる。
前方からのドプケラドプスの攻撃と、背後からのタブロックによる挟撃に晒される事もあるので、
一面後半でタブロックに遭遇したら決して見逃さず、確実に撃破するよう気をつけたい。

*3
具体的には、武器が貧弱で特殊能力もない「キャンサー」や「リボー」。
タブロックと同じ3HEXでありながら攻撃能力で大きく劣る「ガウパー」や「ジータ」。
8HEXを要しながら体当たりしか武器を持たず、移動力も劣悪な「ムーラ」。
前述の「ボルドガング」、「ボルドボルドゲルド」等が該当する

*4
爆撃機R-9Bストライダーやその系列機が装備する 水素爆弾を弾頭とした長距離ミサイル の事。
搭載弾数は一発のみだが、波動砲に順ずる攻撃力と命中率、艦載ミサイル並の長射程を誇り、
通常兵器 である為、補給さえ出来れば たとえ地球上での市街地戦でも 毎ターン発射可能である。

『R-TYPE TACTICS』においては、下手な波動砲よりもバルムンクの方が汎用性が高かった為、
「バルムンクで敵波動砲のチャージを解除し、波動砲による追撃で複数の敵を一気に撃破する」という戦術が有効だった。
その為か、『R-TYPE TACTICSII』の公式サイト(現在は閉鎖)においては、
R-9Bがバルムンクを装備した事で再評価され、グランゼーラ革命軍の主力兵器となった経緯が、小説形式で紹介されていた。

STG最終作である『R-TYPE FINAL』では弱機体扱いされていたR-9B系列機だが、
バルムンクという強力な武器を手に入れたことに加え、STG時代には死に武器だった「バリア波動砲」が、
SRPGとなったTACTICSでは「バリア弾」という優秀なミサイル迎撃手段に変更された事で、評価は大きく向上した。
一部では高機動ミサイル発射装置付き水爆ミサイルとか、R-9Bバルムンクとか、バルムンクが本体とか言われてるけど。

添付ファイル