マリア・クリステル


「命だけは、助けてあげる」
 出身地: 沖縄
 年齢:23歳
 職業:シスター
 血液型:A型
 星座:乙女座
 趣味:お祈り、 世界征服
 好物:マカロニサラダ
 苦手な物:コンピューター
 身長:166cm
 体重:47kg
 3サイズ:B/88cm W/58cm H/86cm
 CV:井上喜久子
イマジニアから発売された格闘ゲーム『制服伝説プリティ・ファイター』の二作目、『X』初登場したラスボスである。
井上喜久子女史の格ゲーラスボス出演は実はイハドゥルカやイノよりこっちが先なのである。
ちなみに続編の「FIST」では最初からプレイアブルキャラになっている。降格…?
1人称は「私(わたくし)」。ニュースキャスターみたいな名前(MARIA CHRISTEL)だが、出身はなんと沖縄。
戒名をもらったのか謎。でも金髪だし……でも日本語しゃべってるし……。
彼女の発言や必殺技を考えれば、これでも一応シスターであることは間違いない。
ちなみに実在の宣教師フランシスコ・ザビエルが日本に初上陸したのは 鹿児島 である。
兵器な幼女と間違えた人はこちらへ

日常生活では教会でパイプオルガンを演奏したりと教養に満ち溢れているが「趣味は世界征服」と
どこぞの青い人にボコられてフライング土下座しているおじいちゃん博士みたいなことをのたまう。
「パイプオルガンを演奏しながら楽々世界征服できる方法」という本でも自費出版していそうだ。
そんな彼女の作戦は「自分が教祖となり、新興宗教“新心教”を広め、洗脳で教徒を増やし日本を征服する」こと。
具体的には、梵字が浮かび上がる十字架の閃光を見せ、洗脳した相手に十字架をかけて完了。
・・・・すごい作戦だ。 というかヤバすぎる。時代が時代なら修正されていたかもしれない設定。
このストーリーがゲーム上でほとんど触れられていなかったのが幸いしたか。
ストーリーではマリアは横浜にいるので彼女を倒すためにマリンは横浜を目指す、というところで結ばれているが、バトルステージは沖縄。

ちなみに、ムービー中に「幻の国を復活させることが出来るわ」と言ってる。
これはひょっとして、前作のプリティ・ファイターで語られていた(ゲーム上ではスルーされている)事と関係があるのだろうか。

同じイマジニアのRPG『G.O.D』で琉球に本部を置く新興宗教“ファティマ教”の教祖「ファティマリア」というキャラが登場するが、関連は不明。
信者を光で洗脳していること、金髪の美少女の周囲に梵字が浮かび上がっている姿も共通点を感じさせる。
SFC版 PS版

原作での性能

「アーメン」十字架を天に向かって高く掲げて祈ることで体力回復する。
「クロスブーメラン」十字架を投げる飛び道具。だがブーメランのように戻ってこない。
「ヘアーネックブリーカー」髪の毛を自由自在に伸ばして振り回すOH!カッブーキ!
……つまりネックブリーカーしてない。当初は髪の毛で相手の首をしめる投げ技だったのだろうか。
ムービーでは髪の毛で敵を縛りあげるシーンがあるのだが、これでは髪の毛の振り回し過ぎでマリアがネックブリーカーしてしまう。
やっぱりGGじゃん、とツッコミたいが、発売時期の重なりを考慮すると多分ジョジョラブ・デラックスあたりが元ネタ?
「シスターラリアット」裏拳のようなモーションで体力の 半分以上 を奪う破壊力。

MUGENでは

mass氏によって製作された。
他のプリティ・ファイターのキャラ達と同様、諸所に調整が施されており
シスターラリアットは弱と中が連続ヒットするようになり、火力も控えめに調整された。
アーメンはボタン連打で出るのでmovetypeは「A」に。原作のボタン変更による回復量変化は搭載せず、出しやすさを優先。
オリジナル必殺技として、対空に特化した「フライングスターラリアット」が追加。

オリジナルの超必殺技はゲームのストーリーモードで真琳に放ったビーム攻撃を採用した。名前は「アーメンビーム」。
ヘアーネックブリーカーのパワーアップ版「ヘアートルネード」。「シスターヘッドバンキング」という名前になりそうだった。
また、シスターキックという超必もある。
AIも標準搭載されている。おススメ設定は10。

出場大会