Garcia


1994年にユニコから産まれた衝撃の作品。
純韓国産!「ドラゴンマスター(Dragon Master)」の主人公らしい
フルネームは「Klaus Garcia(クラウス・ガルシア)」とかなりカッコイイ名前。
ガルシアと言えば、格ゲーでは金持ちとかイケメンとかもれなくプラス属性がつきそうな名前だが。彼もイケメン
繰り返す。イケメンである。イケメンなんだ。イケメンだ。きっと。アへ顔ダブルピースするけどイケメン。
アへ顔ダブルピースするときに「いやっふー!」と赤い帽子の配管工のような雄たけびをあげるがイケメン。
彼がこの世に産まれるのが、あと15年遅かったら、今頃もっと違う人生が待っていただろう。

まるで妖精のようなヘアスタイルに、袈裟のようなオールグリーンの服を着ている。
主人公キャラらしく竜巻旋風脚も搭載されている……かと思いきや飛ばない。むしろ地滑りして別の意味ですごい気もするが。
昇龍拳も持っている……かと思いきやワープ技だったり、ジャンプの途中でキャンセルできたりとななめ上の性能。
飛び道具もあるが、打ち出す方向は真上と……なんだこれは。たまげた主人公である。

MUGENにおけるGarcia

mass氏によって製作されている。原作の必殺技は全て搭載ずみ。
AIもレベル10段階形式でついている。
オリジナルの超必殺技の乱舞も加えられている。
原作でつながらない通常技をつながるようにフレーム調整されており、補正も加えられた。
元ゲーの火力がそうとうあるらしく、投げは威力30%カットという配慮に。
ちなみに4ボタン式に変更されている。
原作の通常攻撃のケズリ性能はあえて搭載していないようだ。

出場大会

  • 「[大会] [Klaus Garcia]」をタグに含むページは1つもありません。


主人公,赤毛

添付ファイル