Darkman


カプコンのアクションゲーム『ロックマン5・ブルースの罠』に登場するロボットMARVEL VS. CAPCOMのワイリーステージ左で砂袋を運んでる下半身がキャタピラのロボットはその第一形態)
…の方ではなく
1994年に韓国のユニコが生み出した禁断の格ゲー『ドラゴンマスター(Dragon Master)のキャラクターである。
『ドラゴンマスター』のなかでも、他キャラとは一線を画すキ・ワ・ド・イ格好。
日本格ゲー界には、日本古来のふんどしの使い手が何人か存在するが、
海外でも古株のふんどし親父マンが作られていたとは驚きを隠せない。しかもマッチョで名前がダークマン。DEEP♂DARK♂FANTASY
詳しい設定は不明だが、勝利ポーズが己のマッシブさを誇示するかのようなボディランゲージなので
おそらくは、ふんどし戦士特有の美意識を持っているのであろう。まさに
「クアァ」としか喋らない彼の佇まいは「男のおしゃべりはみっともない!男なら拳で、いや肉体で語らんかい!」の裏返しだろう。

必殺技飛び道具があるのが気になるが、たぶん彼は自分の拳圧を飛ばしているのだろう。
基本的に彼は己の肉体を使った攻撃しかしないので、そこは好感が持てる。何がダークなのかはさっぱりわからないけどね!

MUGENにおけるDarkman

MUGEN界で名だたるマイナーキャラを見出してきた発掘請負人のmass氏が製作された。
ダークマンはドラゴンマスターのキャラの中でも飛び道具の発生がかなり遅いようだ。
ローリングアタックは下段判定のようだが、一部の技にはこれは未採用とのこと。
AIも搭載されており10段階性能。ちなみに氏のキャラreadmeには「くあぁぁぁあぁぁ」と男の咆哮が主張している。

出場大会

プレイヤー操作



添付ファイル