フェウス=モール

「私は夢に潜み、夢を蝕む者」


ファーイースト・アミューズメント・リサーチ(F.E.A.R.)制作のTRPGシリーズ『ナイトウィザード』原作のアニメ
『ナイトウィザード The ANIMATION』の第6話に登場する魔王。
同アニメのDVD初回特典掲載のリプレイ「ベル・ゲーム」にも登場している。
CVはMELTY BLOOD翡翠等を演じる松来未祐氏。

スペック

 ふたつ名:夢を蝕む者
 属性:風/虚
 ウィザードクラス:夢使い
 ワークス:魔王
 性別:女
 年齢:外見15歳(誕生日不明)

プロフィール

大公・ベール=ゼファーの派閥に属する魔王。爵位不明。特技は変身能力と夢への潜入。

ベルの命令で、アニメのヒロイン・志宝エリスの夢の中に潜入。彼女が思い描く理想の「おじさま」(CV土師孝也)の姿に化け、
彼女を夢の中に永遠に閉じ込めようと目論む。
最終的にはエリスのサポートを受けた主人公・柊蓮司の手によって倒されるものの、実は生き延びており、
エリスの夢の中に留まったまま再起を図ろうとしたが……偶然見つけた扉の中に迂闊に入ってしまったがために
恐ろしい何かを発見してしまい、口封じとして謎の少年キリヒトに消されてしまう。

早い話が、その話だけに登場する単発敵キャラ、言ってしまえばザコ魔王でしかないのだが(しかも本来の姿で登場してすぐ負ける)
その散り際における松来氏の熱演ぶりが凄まじく、特に断末魔の悲鳴はもはやフェウスの代名詞となるほど気合が入っていた事から、一躍コアな人気を獲得した。

DVD初回特典掲載のリプレイ「ベル・ゲーム」にも、他のアニメ魔王や他媒体の魔王などと共に登場。
上記の人気のせいもあってか、復活魔王の中でも出番は特に多め。
黒幕が企てた周りくどい計画のために復活させられ、そのままでは計画のため殺されると
ウィザードたちに保護を求めるが、護衛のPC達が眠ってしまった隙になんと 灰皿で撲殺 されてしまう。
しかも再起を図り誰かの精神の中をさまよっている時に また 扉を発見してしまい…。
…なんというか学習能力ゼロである。

元ネタはギリシャの眠りの神モルフェウス。オルフェウスとは名前が似ているが違うので注意。
夢神ヒュプノスの息子であり、人の姿を真似ることにかけては一番の達人であるという。
ちなみに麻薬のモルヒネの由来でもある。
比較的マイナーな神ではあるが、ナイトウィザードと同じF.E.A.R.社のTRPG「ダブルクロス」にこの神を元ネタにしたクラス
(名前もそのまま「モルフェウス・シンドローム」)があるため、ファンにとっては馴染み深い神である。


MUGENにおけるフェウス=モール

はにゅう丸氏が制作したものが存在する。現在はskydriveにて公開中。
ある意味クロウ=セイル以上にマイナーな魔王がまさかのMUGEN入りである。
遠距離メインの性能で雷を落とす技やおじさまに変身しての攻撃を主に使う。
幻のを設置することもでき、飛び道具のバリアや相手の行動制限等様々な効果を持つ壁を使い分ける。
またマイナー魔王ながらアニメのモーションもしっかり再現されていたりと誰得と言わせない出来栄えである。
アニメでの最期を表現した「真実の扉」は相手を扉の向こうに連れ込み恐ろしい何かを見つけてしまうという技である。
更新版ではこの技でKOするとランダムで扉から双方出てこないまま扉が消えて決着という演出がされる。
ちなみに無事扉から出てきてもその後勝利ポーズでもう一度扉の中に入ることも。お前は学習能力ないのか!?
最新版では演出面が強化された他、デフォルトで10段階にレベル調整可能なAIが搭載された。
遠距離で雷を落としまくる砲台戦法を取るAIのようだ。

「見たね……見て、しまったね……」

「い……いやああああああああああああああああああああああっ!!?」



出場大会