バシャーモ

「シャー!」

データ

分類:もうかポケモン
タイプ:ほのお・かくとう
図鑑No.257

任天堂の育成RPG「ポケットモンスター」に3作目の「ルビー・サファイア」から登場するポケモン。
ホウエン地方の最初の3体の中の1体であるアチャモの進化系であるワカシャモがレベル36で進化するとバシャーモになる。
海外名はBlaziken。名前の由来は「Blaze(炎)」と「Chicken(鶏)」から
30階建ての高層ビルを軽々と飛び越えるほどの脚力を持ち、
敵に遭遇すると手首から灼熱の炎を噴出し、自分より敵が手強いほど手首の炎が激しく燃え上がる。
また、数年ごとに古くなった羽は燃え、新しい羽に生え変わる。

レベルアップで習得できる「ブレイズキック」は代名詞とも言える技。
御三家ポケモンには習得時点で頼りになる専用技が用意される事があり、これもその一つ。
当初はこの系統のみ使用可能だったが、後にゴウカザル、ルカリオ、サワムラーといった面々も覚えるようになった。

「鳥ポケモンでほのおタイプ…これはファイヤーやホウオウの如く、天を舞う!」と予想していたプレイヤーにとって、ひこうタイプでなくかくとうタイプがつくというのは驚きの進化だった。*1
ひよこ→軍鶏と書くと納得できるものではあるが。
このため、シナリオでは最初のジム戦までに進化させておくと戦いやすくなる。


原作でのバシャーモ

ステータス
HP:70
攻撃:120
防御:70
特攻:110
特防:70
素早:80
特性:もうか(自分の体力が1/3以下の場合、炎タイプの技の威力が1.5倍になる)
夢特性:かそく(毎ターン終了時に素早さが1段階上がる)

博士から最初にもらえるポケモンの最終形態(通称御三家)であり、その例に漏れず平均的なポケモンより高い能力値を持つ。
能力としては、攻撃力と特攻が高く、耐久面・素早さは並み。

ほのおタイプの傾向として、他のタイプよりも攻撃・特攻の両方が高いポケモンが多く、似たり寄ったりの種族値を持つ競争相手が多い。
そしてその中でアタッカーで食えないとなると、攻撃・特攻に多く割り振られた能力値を活かせない(=種族値配分に無駄が多い)という形でアダとなり、その分低くなりがちな他の能力値での差別化も難しくなりがち。
更にこおりタイプの技も習得可能なみずタイプ等と異なりサブウェポンの選択肢も少なめで、四足歩行のポケモンはこれが更に顕著になる。
そのため余程の一芸を持っていない限り、単純に火力も技のレパートリーも素早さも持ち合わせた強い炎ポケモンの劣化扱いをどうあがいても逃れられずネタ扱い…というケースが多い。
公式で特別扱いの炎ポケモン達に対して容赦無く「唯一○○」という不名誉な称号が与えられたのには、そんな事情がある。
バシャーモも、そんな厳しい競争の中を生き抜いてきたポケモンなのだ。

+ 『ルビー・サファイア』:初の炎格闘としてデビュー

+ 『ダイヤモンド・パール』:宿敵ゴウカザルの台頭

+ 『ブラック・ホワイト』:かそくバシャーモの跳躍

+ 『X・Y』:メガシンカの会得

+ 『ポッ拳』におけるバシャーモ


タイプ:ワイルドにおけるバシャーモ

格闘スタイル…己の肉体+マーシャルアーツ
性別…♂
ポケアシスト…アチャモ(弟分)・ワカシャモ(アメタマ(妹分))・カメックス(相棒)
一言…シャーッ!!燃え上がる勇気、バシャーモ!
   世界中の兵(つわもの)がオレを呼んでいる!
   いったいどんな格闘家(ヤツラ)に出会えるのか
   考えただけでもイッツバーニングッ!!

そんな彼だが、ポケ書の同人格闘ゲーム「タイプ:ワイルド」でもプレイヤーキャラとして登場。
性能としては波動昇龍キャラで、進化前のアチャモとワカシャモ、カメックスをストライカーとして召喚することができる。
また、ワカシャモもプレイヤーキャラとして参戦しており、それに伴ってストライカーがアメタマに変更されている。

「実力だけが勝敗を分かつのでない!
気持ちだ!情熱だ!熱血だ!バーニングッ!」



MUGENにおけるバシャーモ

MUGENでは2体のバシャーモが確認されている。
いずれも海外製で、ディスプレイネームは海外名の「Blaziken」となっている。
+ Claymizer氏製作 手描き
+ Dshiznetz氏製作 タイプ:ワイルド仕様


なお、ニコニコにおいてはある映像におけるの出で立ちを指してこう呼ばれることがある。
「オレンジはねぇ、人を熱くするんですよ」

出場大会

出演ストーリー



*1
…実は開発時のバシャーモの姿は現行のとは違っており、こんな↓感じのポケモンだった。
+ ...