斎藤一








「『心眼』で見えぬなら教えてやる。
  この俺が昂るのは唯一つ、悪・即・斬という俺自身の正義の為だけだ!!」




プロフィール

身長:183cm
体重:71kg
生年月日:1844年(天保15年)1月1日(初登場時34歳)
血液型:O
流派:溝口派一刀流

週刊少年ジャンプで連載されていた漫画『るろうに剣心』のキャラクター。
実在した新撰組隊士で、のちに明治政府の警官となった斎藤一をモチーフとしている。
ネット上で「斉藤」表記される事も多いが、るろ剣作中では一貫して「 斎藤 」表記なので注意。
アニメ版の声優は天津飯スタースクリームで知られる鈴置洋孝氏。
鈴置氏の没後に作られた新京都編ではオレンジ成田剣氏が演じている。
ただし鈴置氏の没後、新京都編が制作される以前に発売された『再閃』では『炎上!京都輪廻』で収録したボイスが使い回されている。
実写版は江口洋介氏が演じる。

元は新選組三番隊組長だったが、明治維新後は 「悪・即・斬」 という自らの信念を貫き続けるため、
名を「藤田五郎」と変え、政府の警官として行動している。
彼が密偵として政府に仕えているのは、旧幕府側の人間として「敗者」という立場で新時代の構築に命を賭けたことから、
私欲に溺れ日本とその民衆に災厄をもたらす者を「明治に生きる新撰組」の責務として始末するためであった。

「犬はエサで飼える。人は金で飼える。
  だが、壬生の狼を飼う事は何人にも出来ん!」

溝口派一刀流を基礎に、「平刺突」を自らの絶対の必殺技にまで昇華させた「牙突」を武器に戦う。
前方を真っ直ぐに突く「牙突・壱式」、上方から突き降ろす「牙突・弐式」、対空迎撃用の「牙突・参式」、
切り札として密着状態から上半身の強靭なバネのみで繰り出す対抜刀斎用の奥の手「牙突・零式」がある。
また、PS2用ソフト『炎上!京都輪廻』では「牙突・六刃」というオリジナル技を使用している。
その他、PS用ソフト『今十勇士陰謀編』では砕牙突や白狼刃という技を使用している。
バトル物の必殺技の中でも牙突は特に真似しやすい技なため、
手頃な箒や傘でのアバンストラッシュパロスペシャルばりに実戦した子供も居たとか居ないとか。
手段としてガチな危険行為でもあるので良い子は絶対に真似してはいけないぞ。

勘違いしやすいがるろ剣の斎藤は右利きである。
その証拠に蕎麦を食べてる場面では右手で箸を持っているし、左腰に刀を差している(右手で抜く)。
(ただし、パラレルである『銀幕草紙変』では左利きと語られている)
ちなみに左利きではないかと推測しえる文章はあるが本来の利き腕は不明である。

人斬り抜刀斎とは幕末に何度も戦った宿敵同士ながら、「悪・即・斬」の正義を共有する者として少なからず認め合う関係でもあった。
志々雄真実の動乱に際して流浪人となった抜刀斎=剣心と久々に対面した際は、
実力を測るのが本来の目的だったのだが、(剣心が抜刀斎化したのでついつい本気になって)ガチの死闘を繰り広げた。
剣心の気の迷いぶりに初めは失望していたが、志々雄一派や雪代縁一派との戦いで
不本意ながらも共闘を重ねていくうちに互いを理解しあうようになる。
剣心が弱体化に伴い「数年以内に剣を持てなくなる」と宣告された際、最後の戦いの相手に指名したのも斎藤であり、
剣が使えなくなる前に、この男との決着だけは果たさなくてはならない」と、
無用の争いを好まない剣心も斎藤との決着は別枠と考えていた事が伺える。
しかし斎藤は「人を殺さなくなった人斬りなどと今更決着をつけても、もはや何の感慨も湧きもせん」と、
失われた「人斬り抜刀斎」を諦め、剣心の前から永遠に姿を消す。
『剣心華伝』並びに完全版最終巻に掲載の後日談では、北海道でとある任務に就いていることが描かれていた。

また初登場時で相楽左之助を完膚なきまでに敗北させ、数日後に(今度は素手で)再び叩き伏せ未熟さを諭している。
以降、相応の実力を得た左之助を阿呆と呼びつつも認めていた。

実在の人物がモチーフである上に、史実上でも後述する通り新撰組屈指の剣客。
加えて、漫画上でも剣心と互角の実力者であるとされているためか、作者も易々と負けさせる訳にはいかなかったようで、
作中全体でもトップクラスの強さを誇るキャラクターであり、一部の例外を除いて斎藤と戦う相手は、
志々雄真実配下の十本刀の中でも一・二を争う手練と言われた「盲剣の宇水」や秘伝の「人体精製」で人間離れした長い手足を持つ八ツ目無明異など、
どんなに強くても戦闘中に急激にヘタレ化するという現象が度々発生している。
(これは単に実力差だけではなく、その洞察力で相手の最も知られたくない面を推測してとことん抉るためである)
作者から 「敗因は斎藤一」 とはっきり書かれてしまったキャラまで居るほど。
単行本では「斎藤一のせいで戦う相手が弱く見えてしまう」ことを書き手として真剣に悩んでいたことを明かしている。
まぁ、キネマ版でも外印をフルボッコしてたので作者は開き直ったようだが
左之助も 「あいつが剣心以外に負ける気がしねェ」 と断言していた。
ぶっちゃけ強すぎて戦闘に参加させにくいという、バトル物の漫画においては無常の悲しみを背負わされたキャラでもある。
でも戦闘回数がそこそこにはある分、ジョーカー扱いのために剣心との修行以外は1回しか戦闘がなかった
比古よりはよっぽどマシではある。

自分の正義を貫く事に関してはとことんストイックな性格で、他人と慣れ合う性格でもない。
+ どこまでストイックなのか 斎藤台詞集

なんというか、弥彦に「前髪触覚で殺人鬼みたいなヤツ」と言われて警官が即座に斎藤とわかってくれる辺り…
それに加え、前述の「相手の心を抉る」行為は作中で剣心に真っ先に炸裂したため、彼らからは実力は認められつつやたら嫌われている。
「まあいい、新撰組はいつの世も嫌われる存在だ」 嫌われてるのあんた個人だから!
一方で、無表情のままヒロイン格3人をイタチと脳内変換したり、
トリ頭とホーキ頭が喧嘩しているのを店先で掃除に使われている箒とと脳内変換したり

コミカルというか、シュールな一面も持っている。
あと、こう見えて斎藤曰く「できた」嫁さん(イメージ画は仏像)がおり、剣心と操は大いに驚いた。 剣心は人の事言えた義理ではないと思うが。
ついでに言うなら史実ではこの時子供もいる

+ キネマ版では

+ 史実での斎藤一

「お前等とはくぐった修羅場の数が違うんだよ」

なお、『月華の剣士』の鷲塚慶一郎は本作の斎藤のオマージュキャラクターとして知られている。
あと『サムライスピリッツ』でも幻十郎 「牙神突」 なるガー不突き技が実装されたり、
覇王丸に至っては斬サムの羅刹にもうそのまんま「牙突」という名の特殊技が追加されていた。まあいつもの病気である。
尤も逆に『るろうに剣心』でも度々サムスピからのオマージュがあり、志々雄の火傷前の姿がまんま幻十郎だったり、
必殺技が火月の技のオマージュだったりする。
また作者自身もサムスピファンである事から、サムスピや月華へオマージュされた事を喜んでたくらいである。
斬紅郎無双剣が発売された時に『閑丸のデザイン元はもしかして・・・?そう(剣心)だと嬉しいなぁ』と思い喜んでたのは割と有名な話。
最終的には零サム以降、一部キャラのイラスト原案を和月氏が担当したりしている。持ちつ持たれつ此処に極まれり…

+ KYM界隈での彼


MUGENにおける斎藤一

+ Aoshi24氏製
+ Aoshi24氏製 新選組版
+ 江戸川インポ氏製 ガトチュ
+ STG氏製 ガトチュマン


出場大会

【ガトチュマン】

「斎藤…お前はこれから…近代化する明治で…どこまで刀に生き…
  「悪・即・斬」…を貫ける…か…な………… 」

「無論 死ぬまで」