KAMAITACHI

  
1994年にナツメが開発・タイトーが発売したアクションゲーム『ザ・ニンジャウォーリアーズ アゲイン』のプレイヤーキャラの一人。
リメイク元である『ニンジャウォーリアーズ』には登場しない、『アゲイン』のオリジナルキャラクター。
革命軍のリーダー、マルクが ポップスター征服のため 独裁者バングラーを倒すために作り上げた殺人アンドロイド。
タイトル通りの忍者らしい姿をしている他の二体(NINJAKUNOICHI)と比べると機械が剥き出しの部分が多く、
いかにも殺人兵器といった風貌が特徴。
三体のアンドロイドは思考回路が不完全のため制御が出来ず、出動前に自爆回路をプログラムされている。
任務に成功しようが失敗しようが、彼らの末路は変わらない。

「カマイタチ」という名の通り、両腕に搭載した剣を振り回し近づく者を切り刻む。
バランス型のKUNOICHI、パワー型のNINJAに対してスピード重視のトリッキーな性能となっている。
手足を使った打撃・斬撃技は非常に優秀なのだが、投げ技の性能は他二人と比べると幾分落ちる。
どういう訳か直接相手を掴むことができず、一発攻撃を当ててからの連続技でしか投げ技を使うことが出来ない。
この一段余計なプロセスを踏まなければならない関係上、投げ動作の無敵を利用してピンチを切り抜けるのが難しい。
また、一発で倒せる雑魚敵は投げられないため、投げた敵キャラしか当たらない背景オブジェクトを破壊しづらく、稼ぎプレイにも不向き。
さらに、ラスボス戦でも別の要因により苦戦を強いられることになる。
ラスボスは背景オブジェクトと同じように通常攻撃が一切当たらず、投げた雑魚キャラをぶつけること以外ではダメージを与えることが出来ないのだが、
KAMAITACHIの投げ技では軌道の関係上非常に当てづらい。
ラスボスの攻撃が来ない安全地帯も複数あるのだが、内一つは そこに居ると投げた敵がほぼ当たらない という嫌がらせのような位置。
かと言って他の安全地帯なら良いかと言うと今度は狭すぎて身動きがとれず、その狭い場所に出てきた敵とも密着しているため攻撃が当たりにくい。
他のキャラの場合は密着すれば即座に掴めるのでいいのだが、KAMAITACHIの場合はその前に一発殴らなければならないので、それもまたやりづらい。
……といった具合に、様々な要素がKAMAITACHIにとって不利に働いているのだった。

他の特徴としては、 普通に歩くよりしゃがみ歩きの方が速い

MUGENにおけるKAMAITACHI


暗黒内藤氏の製作した物が存在する。KUNOICHININJAの後に続き公開された。
操作は弱攻撃、強攻撃、投げ、シールドの4ボタン式で格ゲー風にアレンジされており、ジャンプやガードもレバー入力で出すようになっている。
原作は敵を殴らないと投げれなかったが普通に使用出来る。代わりに、KUNOICHIとNINJAに比べ投げ技の威力が全体的に低目となっている。
しゃがみ歩きとガード歩きは搭載されていないが、代わりにゲージ消費の緊急回避が搭載されている。
原作技の多くは必殺技となっており、全体攻撃のボンバーも2ゲージ消費技として使用可能。
AIは未搭載。作成、公開は自由との事。
外部AIはちゃんこ氏のものがあり、氏のスカイドライブにて公開されている。

また、海外でもD, The Red Cloak氏が製作した物が存在している。
こちらは独自のアレンジがされているようだが、リードミーが同梱されていない。

出場大会

プレイヤー操作

単発!良キャラ発掘絵巻(Part153・対戦相手)