吉光



ナムコの3D格闘ゲーム『鉄拳』シリーズに登場するキャラクター。
同シリーズでは初代から皆勤賞を果たしている、鉄拳界きってのイロモノキャラである。
また『ソウルキャリバー』シリーズには初代党首の吉光がプレイアブルキャラクターとしてレギュラー参戦している。
PS2版ソウルキャリバーIIでは三島平八がゲスト参戦していたため、時を越えて鉄拳レギュラーキャラによる対決が実現した。

CVは『4』~『5DR』と『ストリートファイター X 鉄拳』では関智一氏、『6』以降は土田大氏。
基本的に四字熟語のみで話し、いずれもボイスにエフェクトがかかっている。
ソウルキャリバーにおいては『I』~『III』では檜山修之氏(同シリーズでジークフリートやリンクも担当)、『IV』『V』では若本規夫氏。
檜山氏の頃も鉄拳シリーズと同じく四字熟語でしゃべっていたが何故か若本氏に交代してからやたら饒舌にしゃべるようになった。
『V』では二代目に代替わりしているが、CVに変更はない。

キャラクター概要

格闘スタイル:卍忍術進化型(初代では「卍流柔術」、『2』では「卍忍術」)
国籍:無し(元日本)
年齢:63歳(鉄拳)、65歳(鉄拳2)、84歳(鉄拳3)、86歳(鉄拳4・5) ※年齢については一部の攻略本に記載
性別:男(とされている)
趣味:ネットサーフィン、ゲーセンへ通うこと(マナーの悪い者は嫌いらしい)

義族集団「卍党」の党首として、貧しい者のために日々闘っている。
異名は「からくり宇宙忍者」(カスタマイズアイテムに両腕ハサミが有った作品も)。
常に素顔を隠し、妖刀吉光を武器に戦う。

+「鉄拳」シリーズにおける動向

鉄拳(初代)

三島財閥が不正に貯蓄した富を貧しい人々へ分け与えるために党首自ら囮となり大会へ参加。
奪取に成功し、スラム街の貧しい人々に盗んだ札束をばら撒いた
(家庭用版でのエンディングで描写され、中には大会で敗退したマーシャル・ロウの姿もあった)。
大会後にロシアの天才科学者「Dr.ボスコノビッチ」が開発した永久機関を狙い研究所を襲撃するも失敗。左腕を失うが、
意外なことにボスコノビッチ本人が永久機関で動く義手を作ってくれる。
これにより吉光はDr.ボスコノビッチと和解し、その後も度々世話になっている。

鉄拳2

三島一八に誘拐されたDr.ボスコノビッチ救出のため大会へ参加。

鉄拳3

Dr.ボスコノビッチが謎の病原体に侵され、助けるために必要だと知った「闘神」の血が入手できると突き止め、大会に参加。
エンディングでは実験用マウスが闘神の血を飲む様子をボスコノビッチと一緒に観察していたが、
異変に気付いた吉光がボスコノビッチを抱え、暴走したマウスから全力で逃走した。
この作品から般若面が頭部全体を覆い、肌が完全に視認できなくなっている。
更には 妖刀吉光がライトセーバーになるカラー も追加された。

鉄拳タッグトーナメント

お祭りゲーなのでストーリーは無し。
短期間の開発であるためか本作では『3』準拠のデザインで出演している。
エンディングでは雪が降りしきる森林の中、元・卍党員の州光と決闘。
互いに寄って斬り掛かる中、吉光は無数の分身を生み出しつつすれ違いざまに一閃。
その後、州光は倒れ、吉光は勝利ポーズを取った。
(州光のエンディングも同じシチュエーションの逆パターンとなっており、この場合では吉光は分身を出していない)

鉄拳4

優勝して三島財閥の全てを手に入ればもっと苦しむ人々を助けられる、と考え大会に参加。
大会中にDr.ボスコノビッチの指示により瀕死のレプリカント「ブライアン」を助け出したが、
そのブライアンに卍党党員が皆殺しにされてしまう。
この作品の吉光はカブトムシを思わせるデザインになっており、 「虫光」 とも称されている。

鉄拳5

恩を仇で返したブライアンに対して党員の仇を取る為大会に参加、以降ブライアンとは仇敵になる。
大会の途中、これまで邪悪な精神を持つ者を斬ることで暴走を抑えていた妖刀吉光が、禍々しさを増していることに気付く。
家庭用版のストーリーモードでは、本作から初登場した(どちらかと言えば)正統派忍者のレイヴンに「お前は忍者ではない」と断言されて憤慨するが、
試合後のデモムービーではレイヴンに九字を教えてもらうも失敗続きで怒られるというお茶目な一面を見せた。

鉄拳6

妖刀の力を封じる封魔刀を手にすることで一時的に暴走を抑えた吉光は、妖刀の力を正常に戻すために大会に参加。
エンディングではラスボスのアザゼルから取り出した玉が妖刀に憑り付いてしまう。
その後、吉光は目を赤く発光させながら遺跡を一刀両断した。
乗っ取られる展開のエンディングから次回ナンバリングタイトルでどうなるか不安の声も挙がったが、
正史では風間仁がアザゼルを倒したことになったため、何事もなかったかのように続投した。

鉄拳タッグトーナメント2

お祭りゲー第2弾。
本作では竹谷隆之氏が吉光のキャラクターデザインを担当しており、
従来の般若面や妖怪、骸骨とは違ってを思わせるような禍々しい容貌になっている。
エンディングでは『5』と同様ブライアンと対決している一方、
州光やレイヴンのエンディングでも敵役として登場している。

鉄拳7

シリーズで初めてタイムリリースキャラクターとして登場。
本作でのデザインはなんと イカかタコを思わせるような軟体動物 風になっており、ユーザーを驚かせた。
キャッチコピーの「からくり 宇宙 忍者」も相まって、本当に侵略してくるんじゃないだろうか
頭に生やした二本の触手がゲーム中とにかく不気味によくうねる。
また、「吉光のバトルスーツはボスコノビッチ研究所で毎回新調されている」という設定が
鉄拳の生みの親である原田勝弘氏によって明らかにされた。

参戦作毎に容姿が(1P2Pカラーでも)異なる、得物持ち、会話は四字熟語、格ゲー界隈でも屈指のガー不技、自決技の多さ…と
鉄拳の濃い部分をより凝縮したキャラとなっている。
――が、上述の動向を見ればわかるように、彼は紛れもなく 善人 である。
その点、初代主人公からして悪党で基本的に己の欲望に忠実なキャラの多い鉄拳シリーズの中では少数派といえよう。

あぐらをかけば体力回復して空中浮遊したまま移動可能、背中を向ければ体力回復。さらに切腹で相手(と自分)に向けて刃を向け、
毒霧を吹いてみたりたまに分身したりアイアンクローで体力吸収してみたり、むしろ 自分の体力を相手に注入 したり、
刀(抜刀技は基本的にガー不)を竹馬にしたり一点バランスとったりタケコプターしたり、他のキャラの最速発生が8Fの中で自分だけ4Fの技持ってたり…と
初見殺しかつリーチに優れた高性能な技を多数所持している。『6』以降は二刀流となり納刀・抜刀状態を使い分けられるようになった。

『ストリートファイター X 鉄拳』ではレイヴンとニンジャタッグを組んで参戦。外見は『3』時代のものになっている。
また、敵対関係にある元・卍党員の州光も初期は吉光のコンパチだったが、
家庭用『TAG2』に参戦した際はより忍者(というよりはくノ一だが)らしい外見と技になっている。


MUGENにおける吉光

Da_Maverik氏による3Dモデルをベースにした吉光が存在する。外見は『TAG2』準拠。
5ボタン仕様だったり発生コマンドに若干違いはあるものの、卍あぐらや地雷刃、背向け派生技など吉光要素はひと通り揃っている。
10連コンボはゲージ消費の乱舞技になっている。もちろん皆さん期待の切腹技も搭載されている。
AIは未搭載。

プレイヤー操作

これとは別にchuchoryu氏によって『3』1P準拠の吉光が製作されている。
DarkonMK氏の『6』2P準拠の吉光も存在していたが、こちらは現在入手不可である。
+youtube動画(DarkonMK氏)




添付ファイル