サザンドラ

ブラック
6まいの はねで そらを とびつづけ うごくものを てきと おもいこみ おそう きょうぼうな ポケモン。

ホワイト
りょううでの あたまは のうみそを もたない。 3つの あたまで すべてを たべつくし はかいしてしまう。

分類:きょうぼうポケモン
タイプ:あく/ドラゴン
高さ:1.8m
重さ:160.0kg
特性:ふゆう(じめんタイプの攻撃技を受けない)

任天堂の育成RPG「ポケットモンスター」に登場するポケモン。
第5世代(ブラックホワイト 以下BW)からの登場。

モノズの最終進化系ポケモン。双頭竜だったジヘッドから頭部の数がさらに増えて3つ首の竜となり、背中からは6枚の翼が生じた。
頭部形状はモノズ・ジヘッドと大きく異なりトカゲのような「ドラゴンらしい」形状となるとともに、目が発生して進化前は無かった視覚を得た。
前脚にあたる部分から左右の頭部が生えているが、これらに脳は存在しない。公式では「頭は1つだが両腕にも口がある」としている。
非常に凶暴な性質を持ち、視角に入った動くものに反応し、全て外敵か獲物と判断して襲撃し、3つの頭で食らい尽くしてしまう恐ろしいポケモン。

腹部に梯子模様のようなラインをもつが、これは「カイリューに相当するポケモンは戦車型にする」という初期案によるキャタピラの名残である。
デザインは日本神話に登場する8つ首の大蛇・ヤマタノオロチをイメージとしており、細長い6枚の翼も4本目以上の首に見えるようデザインされたものである。
(『ニンテンドードリーム』205号(2011年5月号)における誌上インタビューより。)
英語名は『Hydreigon』。これは、ギリシア神話に登場するヒュドラー(Hydra)が由来になっている。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


原作ゲームにおける性能・役割

種族値
HP 92
攻撃 105
防御 90
特攻 125
特防 90
素早さ 98

シリーズ恒例の「600族」と呼ばれる、種族値が合計600もある強力なポケモンであり、シリーズ初のあく・ドラゴンの複合タイプを持つ。
だが、進化レベルは 64 と過去最高な上に もっとも、第5世代のポケモンは進化に必要なレベルが軒並み高いが 、進化前のモノズは野生では終盤のチャンピオンロードにしか登場せず、
さらにサザンドラになる前のジヘッドの特性が「はりきり」(攻撃力が高い代償に命中率が低い)なため、クリア前の育成は困難を極める。
しかもジヘッドは特攻よりも攻撃のほうが高く、上記の「はりきり」もあって典型的な物理型なのに対し、サザンドラは特攻のほうが高い特殊型。
攻撃もそこそこ高いのだが、進化前の特徴に惑わされず特攻を伸ばす努力値の稼ぎ方をしないと十分に能力を活かしきれない。
根気の要る育成に加えて、育成の仕方そのものにも工夫が要求される、非常に扱いの難しいポケモンである。

他の600族と比べると、弱点の種類こそ多いがドラゴンタイプの優秀な耐性に加えて4倍の弱点が無かったため、耐久性に優れている。
それに加えて、高い特攻と「かえんほうしゃ」「きあいだま」「だいちのちから」などの豊富なサブ技により攻撃面も優秀であり、攻守のバランスのとれたアタッカーとして使うことができる。
さらに、BW2では教え技により「はねやすめ」「おいかぜ」などの補助技にもある程度恵まれるようになった。
メインウェポンとしては特攻2段階ダウンというデメリットもあるが、タイプ一致で凄まじいダメージを叩き出せる「りゅうせいぐん」。
BW2で格段に習得させやすくなったタイプ一致の「あくのはどう」を軸として、への対策として前述のかえんほうしゃ・きあいだま・だいちのちからをサブとして付けるのがベター。
また、りゅうせいぐん程の威力は無いが、ノーリスクで安定している「りゅうのはどう」も良い。また、攻撃力もそこそこ高いので、「かみくだく」や「げきりん」と言った物理攻撃を覚えさせればハピナスでも止まらない。
また悪タイプなので、特殊技版カウンターである「ミラーコート」を無効化する(エスパー技なのでタイプ相性により無効にされてしまう)ため、格下のワンチャンを丸々1つ潰してしまえる。
だが、歴代のドラゴンと比べると素早さが低く先制技も持たないため、こだわりスカーフ(一つの技しか出せなくなるが素早さが1.5倍になる道具)での補強がないと先手で弱点を突かれ、意外とあっさり落とされる可能性も高い。
特に同じ第5世代で登場した炎虫タイプのウルガモス(高水準の特攻と特防、超高性能の積み技持ち、そして サザンドラよりも素早い )は天敵といっても過言でなく、
ほぼピンポイントだがメタとして4倍弱点をつける岩タイプ技が候補にあがるくらいである。
また、バランス型の宿命か、能力の偏った相手には場合によってはトコトン不利になることもあるため、努力値の振り分けや技の構成をよく考ないと真価を発揮出来ない上級者向けのポケモンである。
更に第6世代(X・Y)に登場したフェアリータイプからは、攻撃されると4倍ダメージ、こちらのタイプ一致技はドラゴン無効で悪が半減と非常に相性が悪い。
フェアリータイプの弱点を突ける鋼タイプの「ラスターカノン」も技の選択肢に入ったといえよう。

ちなみにBW1が発売された当初の評判としてはかなりの辛口だった。
というのも同じ浮遊特殊ドラゴンのラティオスと比較されたせいである(ラティオスはサザンドラより特攻素早さともに高くそれぞれ130、110)。
しかし現在は上記の通りの攻撃性能と繰り出し性能、はがねタイプに対する役割遂行能力を武器に十分差別化されている。
ポケモンを良く知らない人には、はがねタイプの処理でそんな変わるのかと言われるかもしれないが、 ドラゴンわざを半減できるのははがねタイプだけである。
現状の対戦環境でははがねタイプが1体も居ないほうがめずらしく、それほどまでにドラゴンが幅を利かせている証拠である。
サブウェポンとなるべき「あくのはどう」も、BW1ではタマゴ技限定で修得が非常に難しいのもマイナス要素だった。

ゲーム中ではラスボスであるプラズマ団七賢人の一人ゲーチスの切り札として登場し、プレイヤーに大きなインパクトを与えた。
能力値が高い上に、技も「りゅうのはどう」、「きあいだま」、「だいもんじ」、「なみのり」と隙が無く、多くのプレイヤーを恐れさせた。*1
ちなみにレベル54と要進化レベルより10も低い。何このワタル。
サザンドラ一匹に手持ちを壊滅させられたプレイヤーも多く、シオンタウンとは別ベクトルでトラウマになった人もいるとか。
そのため、サザンドラといえばゲーチスという認識がプレイヤーの間では一般となっている。
あまりの強さゆえに、ゲーチスのサザンドラは「性格おくびょう」「個体値最大」に加え、特攻と素早さに努力値が252振られているという憶測のデマが流れ、それがまともに信じられていた時期も。
この影響で特攻素早さに限界まで努力値を振る行為は「ゲーチス振り」で通じるように。

+ ポケモンBW2ネタバレ

+ ポケモン+ノブナガの野望

+ ポケモン 不思議のダンジョンでのサザンドラ

+ 『X・Y』では…


MUGENにおけるサザンドラ

邪猫氏のものが存在していた。完成度は50%。
ボタン一つで技を出せるシンプルな操作性のキャラ。
唯一のゲージ技である「流星群」は上空に上がり一定時間の間
隕石を次々と落とす技だが相手に狙って当てるのは難しい。
AIも搭載済み。

氏のmediafireが解約された為現在は入手不可。動画も削除されている。

出場大会

  • 「[大会] [サザンドラ]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー



*1
これまでのラスボス(チャンピオン)のエースは次ターン行動不能になる「はかいこうせん」か「ギガインパクト」所持がデフォだったと言うのもある。
こちらが生き残っていれば次ターンは回復アイテムで立て直すチャンス、ドラクエでいう「マダンテ→祈る」のパターンと同様である。
現在これらの系統は「交換やアイテム使用すらできない」「威力が10低いオーバーヒート系統なら技後に他の行動や交換が可能でローリスク」と欠陥が目立ち
プレイヤーからはもっぱら「ロマン砲」と呼ばれるに至る。ガチ対人では戦力外に近く採用は極めて稀、時代の流れである。
そんな中での数少ない実用可能な技として使えるポケモンがケッキング。
こうげきの種族値が160とレジギガスに匹敵する上に、特性「なまけ」(行動した次のターンは行動不能、ただし交換は可能)のおかげ(せい?)で
元々2ターンに一回しか動けないため反動を気にせずに戦うことが出来るが、
それでも交換ができない効果は残るので良くてダークホース、最悪選出時の心理戦役としての活用になってしまうのが実情。

*2
ちなみにジムリーダーのハヤトがLv.9ピジョンを繰り出してしまうポケモン金銀では、野生でLv.7のピジョンを入手可能。
もはや恒例の突っ込みどころではあるのだが一部のチート疑惑については「野生の個体が実在する」でフォロー可能となっている。
もちろんBWにおけるLv.50台サザンドラの出所は不明である。
なお、PWTでは ワタルもサザンドラを使っている (事がある)。それ以外ではシャガも使用。
また、X・Yでは野生でLv59のサザンドラが登場するようになった。