耶雲

「冥界の王――耶雲だ さあ味わわせてやろう、人間の邪悪な心の力をな!」


1994年4月9日に公開された『劇場版 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆』に登場する敵キャラクター。
声優は 鈴置洋孝氏。キャラクターデザインは原作者の冨樫義博氏が出がけた。
人間界、霊界、魔界の他に、かつて存在していた世界である「冥界」を支配していた王だった。
他の世界も支配しようと戦争を持ちかけるが、敗北してしまい、コエンマの父にあたる閻魔大王に闇宇宙へと封印されていた。
……闇宇宙というものがいったいどこの世界なのかは謎だが霊界の「はるか遠く」らしい。

戦争のあおりを受け冥界は消滅。耶雲の力の源である冥界玉も霊界に管理され、耶雲もしばらくは大人しくしていた。
じっと耐えて機会をうかがっていた耶雲に、霊界が闇宇宙に放出していた人間の邪悪なパワーを吸収し続け、
ついには封印を破るパワーを手に入れ、霊界の三途の川を氾濫させ水没させるまでに復活した。
霊界には手に負えない人間の邪悪なパワーは、耶雲にとって「馬が合った」らしい。
耶雲本人も「お前たちが(人間界に)来てくださいと頼んだんじゃないか」と言っているように、
とりあえず手に負えないモノは闇宇宙に捨てちゃえという霊界のミスのような気がしなくもない。まあ全ての原因は人の邪悪な心なのだが。

耶雲は、水没した霊界を元通りにするために、人間と霊界をつなぐ霊気門から霊力を送ろうとしていた幽助たちと、人間界で対決する。
ファーストコンタクトは、幽助や幻海師範をものともしない圧倒的冥界パワーでねじふせた耶雲の勝利だった。

この映画放送時の時系列から考えると、幽助たちはおそらく仙水忍たちと戦う前ではないかと考えられる。
つまり幽助は魔族に覚醒する前に段階なのだが、耶雲に蹴り飛ばされた幽助と衝突した自動車が大破したので充分強い。
これは、冥界の住人特有の「霊気を自分たちの冥界パワーに変換することが可能」という力を利用した、
霊気門の霊気を100%冥界パワーにして自身の力を高めていたのも要因かと思われる。

耶雲たちが人間界に降り立った理由
ひとつは、人間界を新たな冥界の代わりとするため
もうひとつは、霊界に封印されていたはずの、耶雲の力の根源とされている冥界玉を探すことであった
冥界玉が耶雲の本体というわけではないので注意。
耶雲によれば「冥界玉があれば人間界を冥界に変えられる」「冥界玉は冥界のパワーの源」「閻魔大王すら扱えず封印するしかなかった」
というシロモノ。
+幽助と耶雲の決着
高層ビルで行われた直接対決は、冥界玉のエネルギーを手に入れた耶雲の圧勝かと思われたが
幽助の仲間の機転で冥界玉を奪い返すことに成功した。
そして冥界玉を手に入れた幽助たちは、命がけで冥界玉のエネルギーを自分たちの霊力に切り替えて利用。
霊気と冥界エネルギーの変換を逆手にとり、冥界玉プラス幽助たちの全エネルギーを使った霊丸として、耶雲にお見舞いした。
「貴様らに冥界玉を扱えるはずがない」と油断していた耶雲も、さすがに焦りエネルギー弾連続発射で対抗するもかなわず
最終的には、冥界玉と一緒に耶雲は木端微塵に消滅したと思われる。
仮にまた人間の邪悪な心のエネルギーと復活したとしても、また倒すと幽助たちは決意した。
+耶雲の強さについて
桑原が次元刀を使いこなせていないので、時系列で考えると暗黒武術会より後~仙水忍の魔界トンネルより前である。
幽助が冥界玉を手に入れる前の耶雲に歯が立たなかったことを考えると、おそらく戸愚呂弟よりは強く、仙水とはいい勝負かもしれない。
耶雲が冥界玉のエネルギーを完全に取り込んだとした場合の力は未知数だが
仙水が全力を出しても勝てなかった魔族覚醒の幽助より強い妖怪が魔界にはゴロゴロいるので
どの道、耶雲の実力がトップの冥界が魔界に負けたのは必然だったのかも……
ただ、耶雲の初登場時は作中で最強格だったはずである。インフレとは恐ろしいものである。

MUGENにおける耶雲

ssw777氏が製作。
SFCソフト『幽遊白書FINAL 魔界最強列伝』を再現した「耶雲」が存在している。
原作ではストーリーモードでノーコンティニュークリアすると戦える隠しキャラ。
使用する場合はタイトル画面でY7回、X6回、Aを5回と押して 耶雲の声がしたら成功。
隠しキャラのわりには壊れというより万能キャラ。やや動きがゆったりとした事を除けば攻撃力、通常技すべて使える。
タメ技の「暗翔冥蹴撃」はめくりに使おう。「冥界壊波」はコンボか対空に。

また、HPが250を切ると大笑いしながら覚醒モードに入り、超必殺技「超霊撃」が使用可能になる。
一部のボイスに他のゲームの仙水のボイスが使用されている。
簡易版のAIも同封されており、そのまま使用することも可能。

出場大会



添付ファイル