ザンボラー


ウルトラマン』第32話「果てしなき逆襲」に登場した怪獣。別名「灼熱怪獣」。
身長40m、体重2万t。ちなみにスーツはガヴァドンBタイプの改造。

ケムラー等と同様の四足獣系統の怪獣であり、高温によって赤く光り輝く背鰭が特徴。
灼熱怪獣の別名通り、赤い閃光と共に発射する熱光線が武器で、視認する暇さえ与えず敵を焼き尽くす。
細長い尻尾も強力な武器で、鞭のように振り回して攻撃しウルトラマンを苦しめた。
また体温は10万度という超高熱を誇る。
+ 10万度って?

劇中では自然破壊により住処が破壊された事で姿を現し、鎌倉近郊で暴れまわる。
科学特捜隊の冷凍弾さえ効果が無く、前述の武器で山火事を起こしたり、
自衛隊の戦車を炎上させるなどしたが、遂にウルトラマンと激突。
熱光線でウルトラマンを弾き飛ばし、以降は肉弾戦を中心にウルトラマンと戦った。
肉弾戦では、細く非常に長い尻尾を鞭のように振り回す攻撃が強力で、
一度はウルトラマンを転ばせ、その後も顔に尻尾を直撃させて苦しめた。
他にも後足で立ち上がって前足で踏みつける圧し掛かりを多用していたが、こちらはウルトラマンには当たらなかった。
ウルトラマンに頭部を掴まれたまま力比べとなり、かなりの粘りを見せたが、
叩き付けにより消耗したところに投げを喰らい、止めのスペシウム光線に敗れ去った。

『ウルトラマンパワード』第7話では、87mという初代以上の巨体を誇るパワード・ザンボラーが登場。
こちらは500度以上の体温で周囲を自然発火させる、周囲の大気を屈折させてレーザー兵器さえも無力化、
更にウルトラマンパワードの必殺光線さえも全く通用しないという、まさに天災そのものを体現したかのような圧倒的存在だったが
最終的にはパワードの祈りによって怒りを静め、その姿を消した。
が、この祈りがどう見てもただの拝み倒しにしか見えなかったため、
その結果、パワードは「怪獣に帰ってもらうよう拝み倒して見逃してもらった」とか
殆どネタ扱いだがウルトラ戦士としてある意味最高に不名誉な称号を獲得してしまっている。
このことはファンの間でも語り草となっているとかないとか

漫画『ウルトラマンSTORY 0』では巨大な火山と化した怪獣として登場。
こちらは熱線ではなく溶岩を操って暴れ、未熟なウルトラマンタロウを多いに苦しめた。
しかし、傷つく中で真の戦士として目覚めたタロウによって木っ端微塵にされた。



MUGENにおけるザンボラー

とらふぐ氏による手書きドットのザンボラーがMUGEN関係ファイルうpろだにて公開された。
99%完成版の触れ込みで2012年8月28日に公開された。
現在はカーベィ氏のサイトで代理公開されており、最新版は2014年10月19日に更新されたものである。
鳴き声はオリジナルではなくベロクロンの物だったが最新版はオリジナルのものになっている。

四足歩行なのでかなり背が低く、打点の高い攻撃は当てにくいだろう。
ベロクロンに比べると防御力は普通の数値な分、攻撃技が使いやすく、
攻撃技は近接の通常技、遠距離広範囲のゲージ技ともに原作のイメージを活かした優秀な性能のものが揃っている。

特に尻尾攻撃は原作通りリーチが非常に長く、
普通のステージなら画面端まで届くなど飛び道具代わりの遠距離技として機能するほど。
また特定のタイミングで再度ボタンを押すと逆回転の尻尾攻撃に派生するが、こちらのリーチは短くなっている。
上下方向の攻撃判定は小さく、地面スレスレなのでジャンプすれば回避は可能。うまくジャンプで避けたい。
使用時に前進するのしかかりや角攻撃も発生が速めである。
ムーンサルトキックのように空中で回転する空中尻尾攻撃も発生、攻撃範囲ともに悪くない。

持ち味の高熱攻撃はほぼ全てがゲージを消費する仕様となっており、
様々なタイプの熱線放射技や、攻撃判定を持った熱気を纏うが発動後ゲージを徐々に消費する技を実装。
超必殺技としては、「灼熱地獄」や「果てしなき逆襲」がある。
「灼熱地獄」は2ゲージ消費で発動前に隙があるもののほぼ全画面攻撃で、もし直撃すれば600近いダメージを与えられる。
しかし、ガードされると殆どダメージを与えられないので、発動前の隙も含めて使いどころが重要になる。
「果てしなき逆襲」は3ゲージ消費で、受けたダメージと使用回数に応じて自分の攻撃力が上がる技である。

2013年1月15日の更新で簡易AIも搭載された。
エフェクトが派手で、タッグで後衛に回ると強力な性能の技が揃っているので、今後の活躍に期待したい。


出場大会

  • 「[大会] [ザンボラー]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー

ネクサスまてぃっく(EX5話に登場)