シャーロット・オーリン





「私に不可能はないわ。 」

「悪魔城ドラキュラ」シリーズ『ギャラリーオブラビリンス』の登場キャラ。CV:かかずゆみ
主人公のジョナサン・モリスの幼馴染みで、彼のパートナーとして参戦する16歳の魔法使い。
意外な事にベルモンドやヴェルナンデスと言ったお馴染みの血筋とは関わりがなかったりする。
ジョナサンからは子供扱いされているが、ジョナサンは18歳で、そんなに年齢は違わない。
彼女自身は「しっかりしてよね。近くにこんな美人がいるっていうのに」と自負している。

魔法使いとしてはかなりのエリート。
中央教会に所属しているだけあって、かなり知識が豊富で戦闘中のアドバイスも的確。
魔物の弱点に精通しており、魔法力学を生かして高度魔法を使いこなす。
この手の人物によくある設定で、実戦経験の乏しさゆえ予想外の事態に弱いが、絵画の世界に入るためには必須のメンバー。
やはり16歳で悪魔城潜入の任務に派遣されているのは伊達ではないのだ。 12歳?いやあれ兵器だし

ゲーム中の性能は、とにかく魔法習得することで最後まで伸びしろがあるキャラ。
魔法を覚えるほど攻撃力があがるが、詠唱して発動するまでの時間も延びる。
このほかにも、防御力、移動性能、状態回復、体力回復、時止め、飛び道具無効などなど。属性も多彩。
シャーロットの武器は辞書(物理)である。よく読んでいる百科辞典で敵をメッタ打ちする。
ゲーム後半では様々なモンスター等を召喚できる辞典を手に入れる。

XBOXやPS3で配信の悪魔城ドラキュラHDにおいてもジョナサンと共に初期選択キャラとして参戦。
今作では武器は「封印の書」で固定であり、モンスターから魔法を吸収し魔法のレベルを上げる事で、攻撃力・攻撃範囲を成長させる。
のだが、敵が特定条件でしか覚えたいの魔法を使ってこなかったり、
同じ敵からは1回しか魔法を吸収できない上に吸収すればかならず覚えるわけではないため、ボスから覚えるような魔法だと時間がかかる。
また、このゲームでの唯一の回復魔法(ほかはすべてアイテム)「ヒール」を覚えることが出来るが、先述の手間がかかる上に
それを使う敵のHPを削らないと使ってくれないため、他の魔法を覚えて攻撃力が上がった状態でそれをすると非常に難航するが
あると無いとではシャーロットの使い勝手が全然違うので覚える価値は十分にある。ヒールの時間よ!

マルチでは上押しっぱなしのアピールに他の男性キャラからの「よくやった」が絶えない。
\どーお?/
や゛る゛な゛ぁ゛/ \ヤルジャン!/ \やるな!/ \さすがだな/ \よくやった(ボソッ
このポーズ、HDだと画面の関係上ロクに見えないがギャラリーのを流用しているためしっかり「揺れる」

ちなみにこのシリーズでは定番の特殊アクションである ドゥエ 踏み付けができない(その代わりくらい判定の小さいスライディングがある)。
さすがにこの短いスカートで急降下キックはまずいのだろう。それどころかスライディングやジャンプの着地時、しゃがむだけでもスカートを押さえている。
というか敵もスカートめくりをしようとする。シャーロットも 敵の スカートをめくる魔法がある。
ズボン履いて 仲間入りする のと、サービスシーンを我慢・・・・・・いやいや
グラスホッパー」という実績トロフィーアイテムの取得を犠牲にするのとどちらが良いかという話。

そんなシャーロットも 「ギャラリーオブラブホテル」 のせいで、結局変態と化す運命だった。
詳細はジョナサン・モリスの項を参照。

MUGENでのシャーロット・オーリン

Shadow099氏によって製作されたものが存在している。
AIも搭載されている。ボイスは海外版。
chasan氏により日本語化パッチがOneDriveで公開されている。

出場大会