狛村左陣



    「儂を動かすのはすべて、元柳斎殿への恩義のみ」
 職業:護廷十三隊七番隊隊長
 身長:288cm
 体重:301kg
 誕生日:8月23日
 好物:肉
 嫌いなもの:ニンジン
 特技:動物と会話ができる
 趣味:犬の世話
 羽裏色:璃寛茶(りかんちゃ)
 隊に欲しい人材:忠義のあるもの、胆力あるもの
 休日:犬(名前は五郎)と散歩
 斬魄刀『天譴』
 声優:稲田徹

久保帯人プレゼンツ。週刊少年ジャンプバトル漫画『BLEACH』の登場人物。
「こまむら さじん」と読む。おそらく名前の由来は明治時代の能楽師、桜間左陣(さくらま さじん)からか。
死神護廷十三隊の七番隊の隊長を務めている武人。ファンからの愛称は「犬」「わんこ」等。
外見と 中の人の過去の出演作 から「ボス」と呼ぶ人もいるとかいないとか。
ちなみに「狛」村という名前から犬と勘違いされがちだが、本当はである。いわゆる人狼。
趣味が犬の世話とか自分の世話ですか何の冗談ですかとツッコんではいけない。
狛村も作中で「儂は狼だ。ワンワンではないよ」と優しく諭している。
しかも彼はソウルソサエティの床屋でよく毛並みを整えてもらっている。清潔好きなのだ。
義理と人情を重んじるタイプで、とても忠義に厚い。
とくに護廷十三隊の総隊長を務める山本元柳斎重國に絶対の忠誠を尽くす。
その理由は、狼でありながら人でもある狛村を化け物と嫌うことなく、暖かく接してくれたことが起因しているようだ。
山本の考えに絶対的に誓うスタンス。七番隊のイメージも犬、菖蒲(花言葉が勇気)になっている。
例え自分の本心がこれはおかしいのではと思っても、山本が是といえば是と割り切っている。
九番隊隊長の東仙要とは死神になる前からの付き合いである。
東仙の本性を見抜いた上で、それでも彼が間違った道に進まないように親友であろうとしていた。
13人の死神隊長の中では、隊長任期歴は比較的短いほうである。
無類の犬好きであり、自分で「こいぬのきもち」「こねこのきもち」という本を出版した。
現世の犬用ブラシを手に入れたときは大喜びした。現世の動物バラエティにも興味津々である。
死神七番隊舎の裏でペットの犬の五郎を飼っており、言葉が通じるのでよく懐かれているようだ。
猫も好きであり、Vジャンプの漫画では「猫を飼うゲーム」を提案して副官を困惑させたりしている。
嫌いなものにニンジンとあるが、これは狛村が父親に「これは我らの食べ物ではない」と教えられたから。
+ 狛村の出生の謎
初登場のころは鉄で出来た虚無僧のような笠をかぶり、手には鉄甲をつけてメカっぽかった。
一護たちがソウルソサエティに侵入した際のゴタゴタで更木剣八と対戦した時に笠が破壊。
素顔が白昼の下に晒されることとなった。その後はずっと素顔を出したまま暮らしている。
誰も彼を笑うことはなかった。隊の部下たちも、相変わらず狛村を慕っている。めでたしめでたし。
公式ファンブックにおける戦闘力は攻撃力防御力体力の値が100、知力80、霊圧が50、機動力40となっている。
斬魄刀の始解は「轟(とどろ)け『天譴』(てんん)」。
刀を振る動作に合わせて、巨大な剣が同じモーションで現れて攻撃する能力。
卍解は『黒縄天譴明王』(こくじょう てんん みょうおう)。
狛村の背後に超巨大な鎧武者を召喚する技。巨人は狛村の動きと同じように動き戦う。
代償として明王が食らったダメージは狛村も食らう。
破損したら修復が不可能となる卍解の中で黒縄天譴明王のみ使用者の狛村とリンクしてるため狛村が回復すれば直るという性質を持つ。
黒縄とは、熱い縄や刀で斬られてしまう黒縄地獄のことと思われる。
+ 作中以外での狛村の評価
DS版の格闘ゲームでは、投げキャラである。
そのくせ瞬歩という瞬間移動が使えるので、油断すると投げられまくる。
体が大きいのでリーチはあるが、その分食らい判定が大きいのでキャラ限で永久コンボ持ち。
その上スピードタイプや飛び道具もちのキャラにはやっぱり苦戦気味。
肝心の卍解も当てづらくダメージもそこそこである。
しかし複数人でのバトルなら、投げキャラならではの割り込みで強さを発揮する。
必殺技も使いやすく、わかりやすい高火力のものが多いのでビギナー向けのキャラといえよう。

PS2版(ブレイドバトラーズ)でも登場。
こっちはわかりやすいパワーキャラ。ゲームの性質上、投げ技は全キャラ共通であまり強くない。
移動速度は遅く、サイズが全キャラ中最大級。その代わり、体力が高く衝撃波を飛ばす技など飛び道具もそこそこ兼ね備えておりバランスはまずまず。
パワーアップすると卍解が発動。専用フィールドに移行し、本体の攻撃に連動して明王が攻撃するようになる。
どちらかと言えば本体の攻撃をメインに当てつつ、明王の攻撃を牽制にしていった方が当てやすい…というか明王の攻撃が大ぶりすぎてこちらをメインに狙うのが難しい。
ちなみに体力が半分を切ると笠が外れる。体力が半分を切らないとパワーアップは使えないので、笠ありパワーアップ始動ムービーは一部の特殊な条件でないと見られない。


「轟け『天譴』!」


MUGENでは

DS版の再現キャラクターとして、LightMatt氏によるものが存在している。Verは0.2。現在もDLは可能。
ボイスは日本語だが、コンフィグでいじれば海外版ボイスに変更可能。
原作のゲームの仕様と違い必殺技は、弱中強全てではなくいずれかのボタンで発動するようになっている。
大きな拳をぶつける「天譴」は中のみで発動。東仙要が約2秒間相手の動きを固めるストライカーは↓→小で出現。
上空の真上から足でプレスする「隙襲撃」は小のみで発動。空中でも出すことができる。
原作では多人数戦において、押すボタンによってサーチする相手が変わる性能だったのでカットされたようだ。
ダッシュしてヒットした相手を投げる「剛登断」は大ボタンでのみ発動。
この技はコマンドも ←↓→から↓→もしくは↓←コマンドで出せるように簡略化。
大破壊投げのような「金剛撃」は小ボタンでのみ発動。コマンドは →↓→から←↓に改変。↓→では出ない。
超必殺技は3つあるが、すべて↓→↓→コマンドに変更。
コンボに組み込める「轟撃・天譴」は大ボタン固定。金剛撃と剛登断の合体コマ投げ「真・金剛撃」は小ボタン固定。
再現が難しい「黒縄天譴明王」は搭載されていないが、空中のみで発動するオリジナル技「アースシェイカー」が加えられている。
「アースシェイカー」は「隙襲撃」の強化版で2ゲージ。着地すると衝撃で土砂の衝撃波を前後に出す技。
立ちガ空中ガ可能。着地するまで無防備なので「見てから昇龍余裕でした」だがAI殺し。
この技も相手をサーチして飛ぶので、着地点のズレでめくりヒットになりやすい。
敵との距離を詰めるために使うのもいいが、「隙襲撃」も「アースシェイカー」も空対空で相手から攻撃を食らい中でも発動できるのは強み。
衝撃波の高さは意外とあるので空ガせずジャンプで避けるのは難しい。
コマンドの性質上「隙襲撃」に化けやすいが、暴発してしまった場合は着地と同時に1ゲージの「真・金剛撃」で投げよう。
相手がガードしていた場合は投げ成功。ガードせず対空して潰されたとしてもカス当たりしやすいので大きな被害はない。

出場大会

  • 「[大会] [狛村左陣]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー