電人ザボーガー



「 電 人 ザ ボ ー ガ ー ッ ! ゴ オ ォ ッ ! ! 」

1974年に放送されたピー・プロダクションの特撮作品『電人ザボーガー』に登場するヒーロー。全高2m、重量500kg。
大門勇博士によって製作された犯罪捜査用ロボットで、普段はオートバイ形態「マシーン・ザボーガー」だが
博士の息子である主人公・大門豊の体内に埋め込まれた電極回路と連動し、人型形態に変形する。
悪之宮博士率いるΣ団、そして魔神三ツ首率いる恐竜軍団といった悪の勢力を豊と共に迎え撃った。

タイトルこそ『電人ザボーガー』だが、あくまでもザボーガーは主人公である大門豊の相棒であり、
作中で山口暁氏の演じた強烈なアクション、ピープロらしさを前面に押し出した作風等により大ヒットした。

「 飛 竜 三 段 蹴 り ッ ! ! 」


自身同様に大門博士が発明した「ダイモニウム」を動力源としており、劇中の解説によれば
「死んだ生物をサイボーグ化して蘇生させる機能を持つ」「無機物に生命を与える」等々、相当トンデモない代物である。
主な武装は拳を射出する鎖付ロケットパンチ「チェーンパンチ」、頭の耳部に備えられた「ブーメランカッター」、
そして口部に装備している必殺武器「速射破壊銃」。その他、偵察用のリモコンヘリやリモコンカーを内蔵している。
戦闘能力は非常に高く、番組前半期の敵怪人にはほぼ無敗だったが、後半以降の強敵には苦戦を余儀なくされることも多く、
(基本設計が完璧過ぎて)改良を加える余地がないと評される反面、裏を返せばザボーガー単体で強化改造を施すことが
事実上不可能という弱点も併せ持っていた。

恐竜軍団の出現以降は、松江健が操るバズーカ砲搭載オートバイ「マシーン・バッハ」と合体することで
更なる強化形態「ストロング・ザボーガー」へとパワーアップする。
最終局面では動力源のダイモニウムが枯渇する危機を迎え、怒りの電流によって復活を果たすも
敵の首領・三ツ首竜との決戦において、必殺技の連射によるオーバーヒートで自爆してしまった。

2011年にリメイク版として公開された映画『電人ザボーガー』にも勿論登場。
こちらではストロングザボーガーは、Σ団に奪取されて悪用されていたザボーガーを再改造したものとなっている。

リメイク版は青年期の大門がザボーガーと共に戦う「第1部 たたかえ!電人サボーガー!」
25年後の年老いて力を失った大門が再び立ち上がる「第2部 耐えろ大門!人生の海を!」の二部構成。
ピープロらしさと原作愛に溢れた傑作として、日本オタク大賞2011では大賞を受賞した傑作である。
+ Youtube動画

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおける電人ザボーガー

バロム・1ダイヤモンド・アイも製作したgoogoo64氏によるザボーガーが存在。
氏の他特撮キャラ同様に実写取り込みで製作されており、戦闘時には常に大門豊が付き添っている。
ストロングバズーカファイヤーにチェーンパンチ、速射破壊銃など、原作における各種形態・武装の類は一通り再現されている。
またマシーン・ザボーガー形態にも変形可能で、ここから更にコマンド入力でストロングザボーガーに変形可能。


出場大会

  • 「[大会] [電人ザボーガー]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル