コン



    「いてーな!


      丁寧に扱えって言ってんだろうが!!」


 身長:27cm
 体重:182g
 誕生日:12月30日
 声優:真殿光昭
『週刊少年ジャンプ』連載の漫画『BLEACH』に登場するマスコットキャラクター。
ライオンのぬいぐるみのような外見だが、正真正銘ぬいぐるみである。

なぜぬいぐるみが自由に動けているかというと、ぬいぐるみの中に、丸い飴玉のような物が入ってるからである。
その丸い物の正体は「対・虚用・戦闘用・改造魂魄」。
虚(ホロウ)は悪霊が進化したようなもの。
改造魂魄(モッド・ソウル)とは、死体に入れるとその死体を動かすことができる魂みたいなもの。改造魂魄には自我がある。

かつて尸魂界では、死体に魂魄を入れて兵隊として戦線に立たせる「尖兵計画(スピアヘッド)」という作戦が提案された。
しかしあまりにも道徳的ではないと計画は中止になり、全ての改造魂魄の処分が決定した。
ところが一部の改造魂魄が手違いで浦原商店に流通され、さらにそれを朽木ルキアと黒崎一護が手違いで購入してしまう。
その改造魂魄こそが、コンである。皮肉にも彼の誕生日は「尖兵計画」中止決定の日であった。
なぜ一護たちがこれを手に入れてしまったかというと……改造魂魄と義魂丸*1を見間違えたためである。
ちなみにアニメではコンとは違う改造魂魄もオリジナルキャラクターとして何人か登場している。

「下部強化型(アンダーポッド)」という能力を持ったタイプの改造魂魄であり、脚力が大幅に強化されている。
自己ベストは100m走3秒8、垂直とび13m56cm。町中を家づたいにジャンプでピョンピョン跳ねた。
一護の学校では、一護本人に「ああ~~コツコツとつみ上げてきた俺のイメージが……」と言わせるほどトラブルを起こした。
最終的に勝手に遊びまわるコンを捕獲したが、処分するのは可哀想だということになり、これまで通り使用を続行。
一護が死神の任務をしない間は、改造魂魄をライオンのぬいぐるみに入れることで解決した。
ちなみにぬいぐるみに入った状態では、強化能力が使えない。
名前の由来は改造魂魄(かいぞうこんぱく)からとって「コン」。
「カイ」(こいつとは関係ない)という名前案もあったが、一護の 「カッコイイ感じがしてムカツク」 という理由で却下された。

性格は淫獣。無類の巨乳好き。ルキアを「姉さん」と慕っている。
胸の小さな女の名は覚えられないと断言しているが、一護の仲間の名前は実はちゃんと覚えてたりする(そもそもルキアからして貧ny)。
一護が死神をやっている間は、一護のフリをして一護の家族と生活しているので情が移ったようだ。
かつて自分が破棄されるのを毎日恐れながらずっと生きていたので、命の大切さを知っており虫も殺さない。
さまざまな事情で入っているぬいぐるみが破損したために石田雨竜に修復してもらった際、タテガミをレースにされたり、後頭部に滅却師十字が刺繍された。
タテガミは直させたが後頭部はコンは気づかず、気づいた一護は教えなかったためそのままである。
その他、一護の妹の遊子にぬいぐるみが気に入られており「ボスタフ」と命名される。
ちなみに一護の身体に入ってる際は跳躍力などから空座町七不思議の1つになっている。
幸い、他の七不思議も身内(仲間や尸魂界の死神達)の所業だったために一護が興味を失い、バレなかった。

原作での人気は第一回で4位にランクインとマスコットキャラとして人気キャラエリートコースを走りかけた。
が、原作の出番がどんどん減っていき、合間合間に数コマの出番がある程度でもう5年くらい出番がない。
出番が無ければ知っている読者がいるはずもなく、人気投票をやるたびにランキングも下がっていった。
その代わりアニメオリジナルエピソードでは鬱憤を晴らすかのようにそこそこ出番がある。
DS版のゲームでは、チビキャラでマスコットキャラ。防御力がなんと他キャラの半分以下で技も少ない。
超必殺技はすべてステータスup系。攻撃力upは約1.5倍。スピードupは逃げるときに。防御力upは気休め程度。
霊符で強化していこう。瞬歩が通常技でキャンセルできず、移動中に無敵もないので、コンボルートが少ない。
コンの長所が潰されやすい攻撃範囲の広い技を持つ相手には気をつけよう。
DSゲームの2ndでは波動昇龍竜巻の技が追加され、エリアルコンボの自由度もかなりあがった。

「命なんて他人が勝手に奪っていいモンじゃねぇんだって……
 こうして生まれてきたんだよ! 自由に生きて自由に死ぬ権利ぐらいあるはずじゃねぇか!!
 虫だろーが人間だろーがオレたちだって同じだ。だから俺は殺さねえ……なにも殺さねえんだ!」

MUGENでは

MUGENでのコンはBwdYeti氏が製作している。
BLEACHのDS2nd黒衣ひらめく鎮魂歌のコンがをベースになっている。
瞬歩、ガードキャンセルなど一通りのシステムは再現。
ただし瞬歩やRFに使われる専用ゲージである霊力ゲージは搭載されていない。
その代わりに瞬歩は専用ボタンを搭載することで採用。
RF必殺技は強ボタンで発動するように。いわゆるEX技に近い仕様となっている。
ただしこれらは同時に使える回数が3回までで、時間経過で再び使えるようになる。
瞬歩の回数とRF技の回数は別個のものとしてカウントされているようだ。
超必殺技はそれぞれの必殺技の強化版で、いずれも1ゲージ消費する調整に。

出場大会

  • 「[大会] [コン]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
「ぎこんがん」と読み、肉体から魂を抜くための薬。
一護やルキアはこれを飲むことで肉体から魂が抜けて死神になる。
残された肉体には、義魂丸にインプットされていた人格が代わりに活動して体を護るという役割を持つ。
人格は108人の死神学者がデータで抜粋した「理想の人格」が数種類入ってるらしい。
後に出てきた時は一護が「言いたくないけどコンで良かった」というぐらい個性的・・・というか変な性格ばかりだったが。
ようは死神の任務をこなす為に義魂丸を買ったと思ったら、改造魂魄でしたというオチ。


添付ファイル