DESTROYED

D E S T R O Y E D


GUILTY GEAR』シリーズの一撃必殺を決めたときに表示される文字のこと。
現在最もよく見られる演出は『GGX』以降のもの。通称「デストローイ」。
それ以前の作品では「DESTROYED」の文字は同じだがデザインが大きく異なる。
原作では『初代』と『GGX』以降で一撃必殺の仕様が大きく異なる。
また、『Xrd』でも大幅な変更が入っている。

GUILTY GEAR(初代)

『初代』はP+Kで出せる殺界発生技をヒットもしくはガードさせるか、相手の打撃技を直前ガードすることで殺界を発生させる。
殺界発生中に↓↘→+攻撃ボタンを入力すると一撃必殺技が発動し、殺界を受けた側は一撃必殺が発動する前に↓↙←+攻撃ボタンと入力することで回避できる。
回避されても攻撃側にデメリットはなく、いつでも何度でも一撃必殺技を狙うことができる。
一撃必殺技がヒットすると1ラウンドではなく1試合丸々奪い取り、文字通り一撃で勝敗がつく必殺技となっている。
家庭用専用だからこそ許された仕様。

殺界中に防御側が回避コマンドを入れると、回避モーションを取り一撃必殺を回避する。
攻撃側が一撃必殺を入力していなくても、防御側が回避コマンドを入れれば回避モーションを取るが、このモーション中は打撃にしか無敵がない。
そのため攻撃側が入力なし+防御側が回避コマンドを入力した場合、攻撃側の投げが確定する。

参考動画

GUILTY GEAR X、XXシリーズ

『GGX』以降はP+K+S+HSボタン同時押しで「一撃必殺準備」。完了すると構えに入り、「殺界」と呼ばれる赤いオーラが出る。
この状態になるとテンションゲージ(一般的にいうパワーゲージ)が一撃必殺専用ゲージになり、一撃準備したときのテンションゲージ量からじわじわと減っていく。また、このゲージが0になると、今度は体力が削られていく。ただしスリップダメージでKOとはならない。

一撃必殺専用ゲージになるとロマンキャンセルや覚醒必殺技(超必)といったゲージが必要な行動が一切使えなくなる。
準備した状態で特定のコマンド入力(ほとんどのキャラは↓↘→↓↘→+HS)で一撃必殺技が発動する。
『初代』とは違い、一撃必殺技を当てても1ラウンドしか取れなくなっている。
準備した状態でまた全ボタンを同時押しするとまた構えに入り、一撃必殺準備を解除したうえでゲージも元に戻る。ただし、テンションゲージ残量は0%になる。

これらの一撃必殺技は非常にスキが大きかったり、技を出すと成否問わずそのラウンドのテンションゲージが消滅したりと、
とにかくリスクがとても大きいため滅多に使われない。全ての一撃必殺技は通常技キャンセルで出すことができず、さらにのけぞり状態の相手には決まらないので連続技に組み込むこともできない(ただし、よろけ状態なら入るので、長時間のよろけを誘発する技を持つEXザッパなら組み込める)。
相手がピヨっていたら何とか出せるくらいである。(ただし、相手の気絶値が溜まっているからといって一撃準備をするわけにも行かない。
準備中は相手の気絶値の減少が2倍になるため準備後即カウンター始動でコンボでもしない限り相手はほぼ気絶しない)
また、A.B.Aの諸刃モード強制解除(通称「スカ」)でも大きな隙が出来るため、ここも一撃必殺を当てるチャンスである。
ソルのグランドヴァイパーやチップの万鬼滅砕などガードしたら確定する技もいくつかある。
…とまぁ非常に限られた条件でしか当てる事ができず、ロマン技通り越してほぼ死に技であると見るのが常識である。

ただし、GGXは全体的に気絶値の設定が甘く、かつFCDの恩恵もあり1コンボで気絶というのもざらだったため、数人のキャラクターは実用範囲内であった。

+ GGX、XXシリーズの一撃必殺技

参考動画



GUILTY GEAR Xrdシリーズ

『GGXrd』では一撃必殺技のシステムにいくつかの調整が加えられた。
  • コマンドは「一撃必殺準備中に236236+HS」に統一
  • コマンド入力時に発生する始動モーションが当たると特殊演出に移行する形に変更。演出パターン(セリフの差異等)は基本3パターン+特定のキャラの組み合わせによる特殊パターン
  • 「決着条件」を満たした状態で一撃必殺準備を行うと、性能が大幅に強化される
※決着条件は「マッチポイントラウンド(このラウンドを取れば勝敗が決する)」「相手がヘルファイア状態(ライフバーが点滅している)」「自身のテンションゲージが50%以上貯まっている」の3つ全てを満たしていること。
決着条件下で一撃必殺準備を発動した場合、一撃必殺準備時に時間停止を伴う暗転が加わり、さらに一撃必殺技をコンボに組み込めるようになる。
また、一撃必殺準備中のゲージの色も変化している。

一撃必殺技のモーション中は覚醒必殺技と同様にサイクバーストの発動が不可能なので、相手のサイクバーストによる脱出を許さないコンボが構築できるようになった
(例…使用キャラソル、決着条件下かつTG100%:ぶっきらぼうに投げる→(赤RC)→(一撃必殺準備)→ブランディングブリーチ)。
また、本作では根性値補正が非常に強力で、通常時では4~5割減るコンボであってもヘルファイア状態の相手だと殺しきれない、という事態が多々発生する。
そのため一撃必殺技を絡めたコンボは覚えておいて損はなく、完全な死に技ではなくなり若干見せ場が増えたといえよう。

+ GGXrdシリーズの一撃必殺技

参考動画



MUGENにおける「DESTROYED」

MUGEN動画などでよく見かける㍻㌢氏のAI(LV7以上)の場合、KO直後に一撃準備はするものの、
単なるパフォーマンス止まりで実際にデストローイはしてくれない。
まあ北斗と違いリスクが高すぎるので無理かと思われる。
ただし、たまにAI起動前に一撃準備してしまうことがあるため、その場合は一撃を使うことがある模様。

最近のナテルオ氏AIの高レベルではピヨリから一撃を決めるようになっている。メイやエディの6Pカウンターなどは気絶値が3倍なので、開幕飛び込んで、6P対空から即気絶→デストロイで秒殺というのも見られる。

ちなみに実際にアーケードで対戦中確定状況以外に出すのは暴発か舐めプレイとしか思われず、
さらにKO後一撃準備をするのは挑発以上にトラブルを引き起こすのでご利用は計画的に。



+ 番外編