市丸ギン




    「市丸ギン

               よろしゅうな」

 職業:護廷十三隊三番隊隊長
 身長:185cm
 体重:69kg
 羽裏色:白殺し
 誕生日:9月10日
 趣味:人間観察
 特技:針の糸通し
 好きなもの:干し柿
 嫌いなもの:干し芋
 休日の過ごし方:散歩
 斬魄刀:『神槍』
 声優:遊佐浩二

久保帯人先生執筆の漫画『BLEACH』に登場するキャラクター。「いちまる ぎん」。
細目でいつもニコニコしながら飄々とした男。京都弁をしゃべるが、アニメの中の人も京都出身だったりする。
干しイモが嫌いな理由は子供の頃、大好きな干し柿をくすねて食べたら干しイモだった衝撃がトラウマになっている。
いつもはふらふらと散歩しながら、誰かに悪戯をしている。趣味の人間観察はいたずらのターゲットを探すためのようだ。
その悪戯は、処刑前の朽木ルキアをぬか喜びさせるタチの悪いケースもあるが、彼が何を考えて行動しているかは不明である。
彼と親しい人間も「何を考えているかわからない」と口をそろえる。行き先を告げずに行方不明になる放浪癖があるという。
出身は尸魂界のスラム街である流魂街の出身だったが、護廷十三隊に配属されるための試験学校「真央霊術院」を1年で卒業した。
卒業後すぐに重役ポストを用意されるほどの天才。後に死神になる日番谷冬獅郎は市丸以来の天才と言われている。
入隊後も部隊のNo.3以上の実力を持っており、阿散井恋次雛森桃、吉良イヅルは彼の部下である。
それが藍染惣右介のいた五番隊である。市丸は五番隊副隊長、三番隊隊長へとするすると出世した。

斬魄刀は『神槍(しんそう)』。射殺(いころ)せ、の解号をするとものすごく延びる刀。
その射程距離は短刀、いわゆる「脇差」の百本分。これは大体100メートル以上であろう。
槍のように相手を貫くその姿に、、「百本差し」という異名がつけられている。
卍解は『神殺鎗(かみしにのやり)』。射程距離と伸び縮みするスピードが更にUP。
切れ味も抜群で、高層ビルの集まりを一太刀で横一文字にまとめて斬り捨てるほどの射程距離。
これがかの一部で有名になった「13kmや」である。
この時、市丸は「ほんなら卍解はどんくらい延びるかわかる?」「しゃァないよう分かるようにキミらの長さで教えたげるわ」と
前置きしながら数字を自分から言ったのに「ピンとけぇへんやろ数で聞いても」とすぐにセルフ突っ込みしていた。
13kmというと、東京駅から漫画「こち亀」でお馴染みの亀有駅くらい。アメリカのニューヨークからユニオンシティよりも長い距離。
これを刀の重さ関係無しに振り回せるのだから恐ろしい。しかも市丸によれば延びる速さは音速の「今の五百倍や」である。
音速の500倍は約、時速61.2万km。だいたい新幹線の2750倍、飛行機の680倍、ロケットの15倍くらいの速さ。ピンとけぇへんやろ
+ こんなピンとこない刀に勝つなんて どうすりゃいいんだよ、という人へ
BLEACH本編で登場した死神隊長のなかでは朽木白哉についでの登場。更木剣八と共に現れた。
ちなみにこの3人は主人公である黒崎一護と、死神隊長として直接1対1で戦ったことがある数少ない例。
作中では、かつて同僚であった藍染と仲違いをするような険悪な仲になりつつあったが……。
+ 市丸の本性 ネタバレ注意

原作の設定においてすべてのパラメータが均等に優れるオールラウンダー。
ゲームでも王道キャラ。技の関係上押しが強いがチビキャラがややキツイ。
超必殺技がコンボルート組み込みなどかなり使える。
リーチが長いので、どの距離からでもコンボをつなぐことができるのが最大の強みであろう。
神槍の攻撃は飛び道具を消す効果もある。「鎗影貫」は割り込みに、「鎗紗雨」は威力以外はほぼ欠点無しの便利さ。

MUGENでは

MUGENではKankuro007 氏作のものがある。
「射殺せ神鎗」は1ボタンで発動するゲージ技に変更されている。
↓を押しながらだと、対空ゲージ技「あァ こらあかん」になる。ただし原作にあった対空版は搭載されていない。
連続突き 「たいがいにしい」はボタン連打技に。ただし通常技を当てている時限定発動。原作にあった超必キャンセルはできない。
敵の後ろに瞬間移動する「どんくさいなあ」も1ボタンで発動するようになっている。
「あかんなぁ」と超必殺技「鎗影貫」「鎗紗雨」は未搭載だが、オリジナル3ゲージ技で波動2回+神槍ボタンで強化版が出る。

出場大会

  • 「[大会] [市丸ギン]」をタグに含むページは1つもありません。