メガロマン

1979年に放送された東宝の特撮作品『メガロマン』(『炎の超人メガロマン』とも)に登場するヒーロー。怪獣ではない。
所謂巨大ヒーローだが、身長150m、体重8800tとこの手のヒーローにしてもかなりのラージサイズを誇っている。
体重はウルトラ勢より随分軽いが。 真っ赤なボディとタテガミが特徴だが、間違ってもこいつじゃない。
地球征服を狙う黒星族が操る黒星怪獣と戦った。

地球人とロゼッタ星人の間に生まれた16歳の少年・獅子堂たかしが変身する。
ロゼッタ星人の母親から託されたメガロン・ブレスレットの力によってエナジースーツを装着し、
更にそこから「メガローン!!」の掛け声と共に、メガロン・ブレスレットを胸の前で合わせることでメガロマンとなる。
変身前のたかし同様、サイクロン・キック(旋風脚)、タイガー・クラッシュ(猛虎硬爬山)といった宇宙拳法で闘う。
主な武器はサイ・メガロン・ブレード、そしてそれを変形させた長剣メガロン・ブレーダー。
必殺技は鬣に溜めた炎のエネルギーを敵に浴びせるメガロン・ファイヤーだが、
一度使用してしまうと消耗した体力の回復、及び技の再使用に3分間のタイムラグを要するという弱点も持つ。

余談だが、『メガロマン』の原作(幼年誌で放送に併せて連載)並びに、主題歌の作詞を担当したのは
『美味しんぼ』や『野望の王国』の原作を務めたことで知られる雁屋哲氏である。


(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるメガロマン

バロム・1電人ザボーガーも製作したgoogoo64氏による実写取り込みのメガロマンが存在。2011年6月15日公開。
メガロンファイヤー等の必殺技などが再現されているが、メガロンオーラが攻撃技になってたり
メガロンブレイドが一本の剣になっていたりと、製作者の意向により多少原作から変更されてる部分もある。
空中にいる間は無敵という特性を持つ。


出場大会

  • 「[大会] [メガロマン]」をタグに含むページは1つもありません。