井上織姫





「私は――『拒絶』する!!」

 職業:学生(空座第一高校) 
 身長:157cm
 体重:49kg
 誕生日:9月3日
 血液型:BO型
 家族構成:1人暮らし※兄の昊(そら)は交通事故で死亡
 部活動:手芸部
 好きなもの:チーズ、バター、甘いもの、お笑い
 住所:空座町桜橋3-12-3-40
 テーマミュージック:T'en va pas"/ELSA(「L'essentiel ELSA 1986~1993」収録
 声優:松岡由貴

『週刊少年ジャンプ』連載の死神オサレバトル漫画『BLEACH』に登場するキャラクターでメインヒロイン
今や死神だらけになったこの漫画だが
彼女は石田雨竜茶渡泰虎と共に初期からBLEACHシリーズで出番がある。
実はジャンプにBLEACHの原案となる読みきり連載のときにも出演している。
見たまんまの巨乳キャラだがスリーサイズは不明。頭脳明晰で、親友の有沢たつきの空手道場の生徒で初段クラス。
お笑いが好きでかなり詳しい。家のぬいぐるみの名前は「エンラク」。やや機械音痴。
瀞霊廷に入った際に、更木剣八草鹿やちる斑目一角らと知り合ったのでおそらく一護の次に死神と交友関係のある人間。
松本乱菊とも仲が良く、破面編で現世にきた彼女を泊めたり、おっぱいバケツなど悪いことを教えられたりしている。いいぞ、もっとやれ。
ちなみに乱菊の上司である日番谷冬獅郎も最終的に彼女の家に泊まっている。羨ましいぞ、シロちゃん。

初登場は主人公の一護のクラスメイトとして登場。最初はまったりと平和ボケした天然キャラだった。
幼少に両親から虐待されたことや、中学時代に地毛の色のせいでいじめに会っていたことが後々に明らかになるが、そんな素振りは出さない。
3歳のころ兄に連れられる形で家出をし、兄が死亡するまでは兄の手で育てられていた(現在は親戚の援助を受けている)。
最初にスポットが当たったのは、交通事故で先立たれていた兄が悪霊となり織姫を襲ったとき。
このとき死神代行として活動していた黒崎一護が保護に入ったために、彼女は危機を回避した。
(読みきり連載版では兄に殺されて死亡。一護によって魂葬され、尸魂界での再会を約束するというビターな結末だった)

次にスポットが当たったのは、同じ手芸部で面識のあった石田雨竜が巻き起こした騒動のせいで、再び悪霊たちの襲撃を受けたとき。
有沢たつきを守りたいという気持ちと、過度な霊障に触れ続けていた結果、チャドと同時期に超能力が覚醒。
以降は浦原喜助の手引きを受けて、一護や石田たちと一緒に戦線に赴くようになる。能力は『盾舜六花(しゅんしゅんりっか)』。
兄の形見のヘアピンが変身して6人の妖精になる。妖精たちが生み出す結界は「拒絶」を司る。
敵の攻撃を拒絶(防御)、怪我を拒絶(治療)、相手を拒絶(攻撃)と応用がきく。
この能力にはまだ謎が多く、死神たちのいる尸魂界においても珍しい能力とされており、具体的なルーツがわかっていない。
虚と死神の力を併せ持つ人物が「自分の能力と似ている」と評しているため、茶渡同様の完現術ではないかという説が有力。
しかしこの能力を藍染惣右介の目につけられ、崩玉という物質を研究する上で必要という理由で拉致られてしまうこともあった。
織姫は藍染に従うふりをして、崩玉を自分の能力で逆に抹消しようと画策したが、チャンスが来ないまま藍染がどういうわけか自力で覚醒させてしまった
破面編では朽木ルキアとスパーリングできるレベルには達し、素手でも不意打ちならば下級の死神をKOする程度はあるが、石田の分析では人が傷つくのを何より嫌う性格ゆえに戦闘向きではなく、
作中では直接戦闘するよりかは、後方支援として傷の治療や、負傷者を防御壁で守る仕事が多い。
彼女が人質としてさらわれてしまった破面篇がものすごく 引き伸ばし 長かったせいで最近は戦闘シーンがほぼ皆無。
破面編が発刊されているコミックスの半分は占めるので、シリーズ総じて省みれば、ぶっちゃけ石田やチャドよりも戦う描写が無い。
千年血戦編でようやく戦闘援護要員として出番が増え始めてはいるのだが……。

ところで織姫といえば、本作とは関係の無いところで、冗談抜きで世界的に有名な一面がある。
それがこのネギを振り回す女性。通称「ロイツマ・ガール」別名「Leekspin(リーキスピン)」。
「やっつぁっつぁ~」で始まる曲を一度は耳にした人もいるだろう。
正確にはフィンランドのカルテット「ロイツマ」というグループが「Ievan Polkka(イエヴァン・ポルッカ)」という自国の民謡をカバー。
それにBLEACHのアニメの織姫が買い物帰りにネギを振り回すシーンを混ぜて作られたflashである。
リーキ、というのはネギの親戚のような野菜。日本では珍しいがヨーロッパではポピュラー。
誰が最初に作ったのか不明。どういう経緯で誕生したのかも不明。何を思ってこの2つを組み合わせたのかも不明。
一説ではロシアでブームになったのがきっかけではと言われており、海外のwikipediaにも記事が詳しく載っている。
そして、このネギと「Ievan Polkka」の組み合わせは日本でも更なる広がりを見せ一大ブームへ繋がるルーツと化したのは、もはや語るまでもないだろう。
ちなみにこのネギは彼女の晩ごはんの材料である。買い物袋のなかには同じく晩ごはんの材料であるバター、バナナ羊羹も入っている。
当然ながら一護に心中で「何を作るつもりなのか」と突っ込まれた。

+ 盾瞬六花


BLEACH DSにおける井上織姫

『BLEACH』の格ゲーは色々あるが、ここでは2Dの格闘ゲームである『BLEACH DS』シリーズ2作目の『黒衣ひらめく鎮魂歌』について説明する。

必殺技の大半が飛び道具を占め、それを使用した牽制が主体となるキャラクター。
しかし通常攻撃のダメージ量が低めに設定されており、さらに特殊移動が連続技に組み込めないため、火力は絶望的に低い
また、椿鬼系の必殺技を使用している間は、通常攻撃のリーチが短くなる上に元から低い攻撃力がさらに低くなってしまう。

織姫の最大の特徴は何と言ってもガード。何と 上・下段の区別が無く、打撃での崩しが通用しない (上・下段でモーションは違うが、性能の差はない)。
さらに特殊移動が「ガード状態での移動」となっているため、安全に相手との間合いを詰める事が出来るのも強み。
相手は織姫のガードを崩そうと投げを多用してくることが予想されるため、瞬時の投げ抜けは半ば必須の技術といえる。
しかし防御力が並のキャラの0.7倍とかなり低く、ガードを上手く駆使しないと体力がすぐに尽きてしまう。
さらに相手と体力差がついてしまうと、自身の攻撃力の低さもあって逆転が非常に難しい。

タイマンではほぼネタキャラに近い存在だが、タッグならば活躍の場はそこそこある。
一度の事故で早々に散ることも少なからずはあるが、やはり飛び道具を使った地上の制圧力は優秀。
相方の救助に、そのままコンボの始動にと成すべき事は豊富にある。

必殺技「拒絶の言霊」と超必殺技「三天結盾」の2技はガードで使う盾を攻撃に使う技なのだが、出している間は 織姫自身ががガード出来なくなる
リスクは高いが前者は乱戦でのぶっぱ、後者は持続の長さを生かした端コンボにと、使う価値は十分にある。

MUGENでは

DS版をもとにしたAshisukurou氏が製作したものがある。
原作であった瞬歩や、オリジナル技のダッシュ移動などシステムは一部改変されている。
通常攻撃ボタン大中小、必殺技に関係する2ボタン、ストライカーボタンの合計6ボタン式。
ラウンド開始前にストライカーを一護、ルキア、チャド、石田から選択できる。
ストライカーはストライカーボタンを押すことで援護にくるが、超必が発動中に押せば強化版ストライカーになる。
+ 技の解説

出場大会